あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

中古車購入時は走行距離と年式(年数)どっちを見たほうがいい?

  • 中古車を購入するときは走行距離と年式のどちらを重視するべきなのか?
  • 中古車の年式によってどう違ってくるのか?
  • 走行距離が多い中古車のデメリットとは?
  • コスパのいい中古車を選ぶなら、年式と走行距離がどれくらいいいのか?
  • 年式が新しく走行距離が少ないの中古車はお得なのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車の購入時に走行距離と年式のどちらを見るべきかについて詳しく説明していきます。

1.年式によって中古車の何が変わるの?

車の性能というのは、年々進歩しており、新しい車ほど高性能になっています。

カーナビやカーステレオ、燃費、走行性能、安全装置など様々な面で、恩恵を受けることになります。

逆に年式が古い車ほど、車の性能が悪くなっています。

車の性能を重視する場合には、高年式の新しい車を購入したほうがいいです。

また高年式であれば、車の劣化や故障の心配も少なくなります。

2.走行距離によって中古車の何が変わるの?

車は消耗品なので、走行距離が長ければ長いほど、その中古車の部品やパーツは痛んでいることになります。

そのため走行距離が多い中古車を購入すると、その後、故障する確率が高くなります。

ただ前の車のオーナーがキチンと車のメンテナスをしている場合には、車のコンディションはそれほど悪くはありません。

なので、走行距離だけでなく、その車のコンディションをチェックできるようになると、お買い得な中古車を見つけることができます。

 

また走行距離が少ない方が車の消耗は少ないです。

しかし、長期間運転されていない車というのも、車の内部に錆ができるなど傷む原因になるので、走行距離だけで判断するのは危険です。

例えば、年式が10年なのに走行距離が1万キロもないというのは、あまりに少なすぎます。

1年間に1万キロというのが一般的な年間走行距離となっています。

あまり乗られていない車の場合は、その車のコンディションも一緒にチェックするようにしましょう。

3.コスパがいい年式と走行距離はそれぞれどれくらい?

年式が古く、走行距離が多い車ほど中古車の値段は安くなります。

ただボロボロの車というのは、故障しやすく、修理代やメンテナンス代が高くなります。

また長期間乗ることができないので、頻繁に車を買い換えることになるかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、年式はそこそこで、走行距離が少ない中古車です。

具体的な数字を言うと、年式7年前後、走行距離5万キロ程度の中古車がおすすめです。

年式が7年と少し古くなることで、中古車の値段が安くなります。

ただ走行距離が5万キロであれば、まだまだ現役で使うことができますし、故障する可能性もかなり低いです。

快適なカーライフを送りたい場合には、これを一つの目安として中古車を購入するといいですよ。

安くて質の高い中古車を手に入れたいならこちらのサービスがおすすめです。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べるならこちらから

4.高年式+低走行の中古車は狙い目?購入する場合の注意点は?

年式が新しく、走行距離が少ない中古車というのは、品質がとてもいいです。

中には新車同然のコンディションの車もあります。

高年式+低走行距離の中古車は、当然ですが値段が高くなります。

新車を買いたいけど少しでも安く買いたいという場合には、高年式+低走行距離の中古車がおすすめです。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す