あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

中古車の事故車の購入は危険?見分け方やデメリットなど

  • 中古車が事故車かどうか見分ける方法とは?
  • 事故車を中古で購入するデメリットとは?
  • 中古車を購入するとき事故車かどうか見分ける方法とは?
  • 事故車だと騙された場合、返金してもらうことはできる?
  • 事故車の中には人身事故や死亡事故を起こした車が混じっていることもあるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車の事故車について詳しく説明していきます。

1.事故車の中古車を購入するのはお得?どんなデメリットがあるのか?

中古車を探しているとき、事故歴ありの車を見つけることもあるかと思います。

事故車であれば、きちんと修理してあってきれいな状態でも相場よりも値段が安くなっています。

中には事故車を購入するのはお得なんじゃないか?と思う人もいるかと思います。

しかし、事故車を購入するのはあまりお勧めしません。

・そもそも事故車とは?修復歴車とは違うの?

事故車というと、過去に事故を起こしたことがある車のことを指すと思うかもしれません。

しかし、多くの場合修復歴車と同様の意味で使われていることが多いです。

修復歴車とは車の骨格部分を損傷して修理をしたことがある車のことを指します。

車の骨格部分は以下に当てはまります。

仮に交通事故を起こしていても、車の骨格部分を修理していなければ、修復歴車とは呼ばないのです。

また修復歴については、中古車販売店に表示義務がありますが、過去に交通事故を起こしたかどうかは表示義務はありません。

そのための普通に販売されている中古車の中にも事故車が紛れている可能性があります。

 

ただ事故車だからと言って、すべての車に問題があるわけではありません。

軽い接触事故であっても事故ですが、修理をすればその車は全く問題ないと思います。

過去に交通事故を起こしたことがある車の中には、そういったお買い得な車が眠っている可能性もあります。

・事故車だと走行に支障が出る可能性もある

お買い得な事故車もあると言えばあるのですが、基本的に事故車は避けたほうが安全です。

事故車の中には、きちんと修理をしてあっても、車の直進性能やブレーキ、剛性などに問題がある場合もあります。

事故の程度や修理状況から車の状態を知ることができるプロのような眼を持っていれば、お買い得で安全な中古車を購入することができるかもしれません。

しかし、そういった見分ける自信がないのであれば、事故車は避けたほうが無難です。

そもそも車の値段が安いということは、それだけ問題を抱えている可能性が高いということです。

なので、事故車ではない中古車を購入することをお勧めします。

安くて質の高い中古車を手に入れたいならこちらのサービスがおすすめです。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べるならこちらから

2.中古で事故車を購入しないために見分ける方法とは?

・修復歴なしと書いてあっても事故歴があるかどうかを確認する

上で説明したように、修復歴と事故歴は意味合いが微妙に異なります。

そのため修復歴なしの車であっても、事故歴がある可能性があるのです。

念のために事故歴があるかどうかを中古車販売店の担当者に聞いたほうがいいです。

どこから事故ありとするかは、中古車販売店の判断で分かれます。

同じような事故を起こしていても、事故ありとして紹介してくれる場合もあれば、事故なしの車として紹介してくる場合もあります。

なので、自分が買おうと思っている車以外でも、事故歴があるかどうかを聞くことで、その中古車販売店が事故に対してどのような受け答えをする販売店なのかを知ることができます。

できるだけ信頼できる中古車販売店であれば、きちんと受け答えをしてくれるので、そういった販売店から購入するようにしましょう。

・試乗運転させてもらう

事故車で問題がある車の特徴として「まっすぐ走らない」というのがあります。

ハンドルから手を離したときに、普通であればまっすぐ車は走ります。

問題のある車だと左右どちらかにずれていくことがあるのです。

まっすぐ走らない車は運転しにくいですし、何かの拍子に事故にあいやすくなります。

なので、試乗をさせてもらい、まっすぐ走るかどうかを確認することをお勧めします。

ただ中古車の場合は、原則として試乗させてもらえないことが多いです。

「車検に通していない」「自賠責保険に入っていない」などの理由から、公道を走ることができないため、試乗できないことが多いです。

その場合にはチェックすることができないので注意してください。

・最低でも半年以上の保証が付いている

中古車であっても、問題のない車であれば半年以上の保証が付いていることが多いです。

さすがに古い車や過走行車の場合は、長期保証が難しいですが、まだまだ乗れる車に対して、1~3か月以下の保証しかついていない場合は、怪しいです。

保証が短いということは、それだけ中古車販売店はその車に対して自信がないのです。

保証なしもしくは保証期間が短い車の場合は何らかの不具合を抱えている可能性があります。

なので、保証期間が長い中古車を選ぶようにしましょう。

3.人身事故や死亡事故を起こした中古車を見分ける方法とは?

事故車の中でも人身事故や死亡事故を起こしたような車を購入するのは嫌という人は多いと思います。

車に問題はないと分かっていても、何となく縁起が悪いので、中古車であったとしても買いたくないですよね。

人身事故や死亡事故を起こした車を見分ける方法はあるのでしょうか?

残念ながら、人身事故や死亡事故を起こした車を100%見分ける方法はありません。

 

もし大きな事故によって起こった死亡事故であれば、修復歴車を避ければ大丈夫です。

しかし、人身事故の場合、車の損傷がわずかな場合もあります。

そうなると、普通の中古車として売られる可能性すらあります。

またそもそもの話として、車の元の所有者が車買取業者に車を買い取ってもらうときに、死亡事故を起こしたことを隠して売却することもあります。

修理をしたことは、車の状態を見れば分かりますが、死亡事故が起きたかどうかは、車の状態を見ただけでは分かりませんからね。

このように人身事故や死亡事故を起こした中古車を見分けることは非常に難しいです。

 

なので、中古車を購入するのであれば、ある程度は割り切るしかありません。

ただ人身事故や死亡事故を起こした車というのは、数が少ないので、過剰に心配する必要なありません。

できる限り信頼のできる中古車販売店で購入することをお勧めします。

安くて質の高い中古車を手に入れたいならこちらのサービスがおすすめです。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べるならこちらから

4.中古車を購入後、事故車だと騙された場合、返金してもらうことはできる?

中古車を購入した後に、事故車だと判明した場合、返金してもらうことはできるのでしょうか?

残念ながら、事故車の場合は、返金は難しいです。

 

というのも、事故車であることについては、中古車販売店に告知義務はありません。

そのため購入後に事故があったことが判明したとしても、中古車販売店は騙していたというわけではないので、返金をしてもらうことは難しいでしょう。

それは「修復歴なし」と表示されていて、事故があった場合も同様です。

 

しかし、修復歴ありの車なのに、修復歴なしと表示されていた場合には、返金してもらえる可能性があります。

販売店側が修復歴を隠していた証拠を集めて、話し合いをすれば、返金してもらえる可能性は十分にあります。

しかし、販売店側が認めない場合には、裁判を起こさなければならず、莫大な時間や手間がかかります。

できれば裁判を起こす前に、決着をつけるようにしましょう。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す