あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

中古車はエコカー減税の対象?取得税や重量税はいくら減額できる?

中古車を購入するとき少しでも安く買ったり、維持費を安く抑えたいですよね。

  • 中古車に車を買い替える場合でもエコカー減税の対象になるのか?
  • 新古車に買い替える場合はエコカー減税の対象?
  • 中古車のエコカー減税の期間はどれくらい?

などエコカー減税について気になることがあると思います。

そこでこの記事では中古車のエコカー減税について詳しく解説していきます。

1.中古車でもエコカー減税の対象になるの?新古車はどうなの?

エコカー減税とは、国土交通省の定める基準をクリアした車に対して、税金の優遇が行われる制度です。

具体的には排出ガス基準と燃費基準値のクリアが必要で、これらが必須条件となっています。

中古車において気になるのはこのエコカー減税が適用されるか否かです。

結論から先にいえば、中古車もエコカー減税の対象で優遇を受けることができます。

なので、車を買い替えるときには新車だけでなく中古車のエコカー減税の条件に付いて詳しく知っておいた方がいいです。

 

ただしそれには条件があるので、これから車の購入を検討する場合は、確認してから購入を決める必要があります。

中古車における必須の条件は主に二つで、「環境基準」と「適用期間」を挙げることが可能です。

新古車も中古車扱いでこの条件に該当しますから、エコカー減税とは何か、そして適用対象かチェックすることをおすすめします。

2.中古車のエコカー減税が受けられる条件や期間はいつまで?

環境基準はエコカー減税における要で、平成32年度の燃費基準プラス20%の達成車、平成27年度の燃費基準達成車によって減税の適用が左右されます。

電気自動車や燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車などは元々環境性能が高いので、まず減税の対象となります。

 

一方の天然ガス自動車には、平成21年排ガス規制NOx10%以上低減、または平成30年規制適合の条件が加わります。

クリーンディーゼル車であれば、平成21年排ガス規制適合か平成30年規制適合のクリアが不可欠です。

ガソリン車は平成17年排ガス規制75%低減か、平成30年規制50%低減を達成していれば、中古車でも環境基準を満たします。

 

適用期間の方は自動車取得税と自動車重量税に関わります。

自動車取得税は平成29年4月1日から平成31年3月31日までに購入した中古車が対象です。

自動車重量税は平成29年5月1日から平成31年4月30日までに継続検査か登録した中古車が対象です。

 

中古車でも条件を満たすことでエコカー減税を受けることができます。

素人では探せない非公開車両を含めて安くて質の高い中古車を探してみませんか?

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べてもらうならこちらから

3.中古車のエコカー減税が受けられるのは車検は何回目まで?注意点は?

エコカー減税の適用は新車購入時に加えて、初回の継続検査の車検時にもあります。

仮に初回の車検切れが発生してしまった中古車も、切れた日から15日以内に車検証の交付を受ければ、問題なくエコカー減税が適用されます。

結論すると、中古車がエコカー減税を受けられるのは1回目までということです。

 

注意点は年々適用条件が難しくなっており、設計の古い中古車は基本的に減税のハードルが高いという部分です。

中古車を購入する際は環境基準の適合と、車検証の残り期間に目を向けて比較検討する必要があります。

車検切れはエコカー減税において致命的な問題となるので、車検証の交付の必要性や猶予期間に注意しましょう。

これらをクリアすればエコカー減税が受けられたり、中古車が実質的にお得に買える結果が実現します。

4.自動車取得税の減税額の求め方は?エコカー減税でいくら安くなるの?

自動車取得税のエコカー減税額を求めるには、自動車取得税にエコカー減税で得られる減税率をかければ求めることができます。

エコカー減税の減税率は20%~100%(非課税)まであります。

例えば、自動車取得税が3万円の場合

  • 20%減税の場合:6000円の減額
  • 40%減税の場合:12000円の減額
  • 60%減税の場合:18000円の減額
  • 80%減税の場合:24000円の減額
  • 100%減税の場合:30000円の減額

 

自動車取得税はこの計算式を適用することで求められます。

課税標準基準額× 残価率取得価額(1,000円未満切捨て)
取得価額× 税率(3%or2%) = 自動車取得税額

 

課税標準額の目安は新車の値段のおよそ90%です。

その課税標準額次に残価率を掛けたものが取得価額です。

取得価額に税率を掛けると自動車取得税が現れます。

税率は普通車で3%軽自動車なら2%となっています。

しかし、中古車の取得価額が50万円以下なら、自動車取得税は非課税で免除です。

普通自動車の残価率

経過年数 残価率
1年 0.681
1.5年 0.561
2年 0.464
2.5年 0.382
3年 0.316
3.5年 0.261
4年 0.215
4.5年 0.177
5年 0.146
5.5年 0.121
6年 0.100

軽自動車の残価率

経過年数 残価率
1年 0.562
1.5年 0.422
2年 0.316
2.5年 0.237
3年 0.177
3.5年 0.133
4年 0.100

5.自動車重量税の減税額の求め方は?エコカー減税でいくら安くなるの?

自動車重量税の減税額の求め方は、自動車重量税を導き出しそれから適用することになりますが、計算式が難しいのがネックです。

そこで計算結果に正確に導き出す為にも、重量税の計算が行えるツールの利用がおすすめです。

 

具体例としていくら安くなるか、自動車重量税の減税率は25%~100%(非課税)まであります。

仮に自動車重量税が3万円の場合

  • 25%減税の場合:7500円の減額
  • 50%減税の場合:15000円の減額
  • 75%減税の場合:22500円の減額
  • 100%減税の場合:30000円の減額

 

自動車取得税の減税分と合わせて、結構な額がお得になります。

制度の適用を受けないのは勿体ないので、適用条件を満たすのであれば、中古車だからと臆せず積極的に活用することが大切です。

適用の対象車は、それだけ環境に対する負荷が小さいので、堂々と減税を受けることができます。

 

素人では探せない非公開車両を含めて安くて質の高い中古車を探してみませんか?

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べてもらうならこちらから

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す