あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車検切れの車に乗った時の罰則は?受けないとどうなるの?

  • 車検切れの車で公道を走ると罰則はある?
  • 車検が切れていた場合には車検を受けるためにレッカーを使わなければいけない?
  • 車検を受けないとどんな罰則があるのか?
  • 車検入れの車は仮ナンバーを発行すれば公道を走ることができる?
  • 車検切れの車で事故を起こした場合、自賠責保険は使えるのか?
  • 車検切れの車には自動車税はかかるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車検切れについて詳しく説明していきます。

1.車検を受けずに車検切れになったら罰則はある?

車検を受けずに車検切れになった場合、車検切れだけでは罰則はありません。

しかし、車検切れの状態で公道を走った場合には、罰則があります。

車検切れで公道を走った場合、道路運送車両法違反で「無車検運行」となります。

点数は6点、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられることになっています。

・車検切れの車で事故を起こした場合、自賠責保険は使える?

車検を受けるときに自賠責保険も同時に加入することが一般的です。

そのため車検が切れた場合、自賠責保険も切れている可能性が高いです。

自賠責保険が切れている場合、交通事故を起こしてしまった場合、当然ですが補償がなくなります。

 

ただ厳密な話をすると「車検切れ=自賠責保険切れ」とは限りません。

車検は日単位で決められているのに対して、自賠責保険は月単位で有効期限が決められています。

例えば、車検の有効期限が6月5日の場合、6月中は自賠責保険が有効であることが多いです。

そのため車検切れしてすぐに自賠責保険が切れるというわけではありません。

 

ちなみに自賠責保険が切れている状態で公道を走った場合には自動車損害賠償保障法違反で「無保険運行」となります。

無保険運行をした場合、点数は6点、1年の懲役または50万円の罰金が科せられることになります。

事故の損害だけでなく、罰則も追加されるので非常に厳しいものになります。

車検が切れている車で公道を走らないようにしましょう。

2.車検切れの車に自動車税・自動車重量税はかかるのか?

自動車にかかる税金は自動車税と自動車重量税の2つがあります。

車検切れの車の場合、自動車重量税はかかりませんが、自動車税はかかります。

車検切れの車は公道を走ることがないので、車検の時に支払う必要がある自動車重量税については納税をする必要がなくなります。

しかし、車を所有し続けている限り、自動車税は払わなければいけません。

 

自動車税の支払いを止めたければ、一時抹消登録をする必要があります。

一時抹消登録をすれば、自動車税の納税義務がなくなります。

車検切れの車は所有しているだけで税金が取られることになるので、もし乗らないのであれば一時抹消登録をするか売却してしまうことをお勧めします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

3.車検切れの車を車検に出す方法とは?

車検切れの車を車検に出すとき、特に変わった車検を行う必要はありません。

車検のある車と同じように車検屋さんに依頼をして、車検をやってもらえば大丈夫です。

しかし、問題となる点が1点あります。

それは車検切れの車は公道を走らせることができないという点です。

上でも説明したように車検切れの車を公道を走らせると罰則がありますし、万が一事故を起こすと自賠責保険すらない状態で補償を支払うのが大変です。

なので、車検切れの車を車検屋さんにもっていく場合には以下の2つの方法をとることをお勧めします。

・車検屋さんにレッカーで車を運んでもらう

余計な手続きなしでできるのが、車検屋さんにレッカーで車を運んでもらうという方法です。

公道を走れないのであれば、レッカーで車を運んでもらうしかありません。

ただレッカーで車を移動させるには、1~3万円ほどのレッカー代が取られる可能性があります。

車検屋さんにレッカー移動を頼む場合には、どれくらいの料金がかかるのかを事前に聞いておくことをお勧めします。

・仮ナンバーを取得して車検屋さんに車を運転していく

レッカー代を支払いたくないという場合には、仮ナンバーを取得して自分で運転していくという方法があります。

仮ナンバーを取得すれば取得していから5日程度は公道を走ることができるようになります。

期間が短いので車検屋さんに車を持っていく直前に仮ナンバーを取得する必要があります。

仮ナンバーを取得するには、市町村役場で手続きを行うことができます。

 

仮ナンバーの取得には以下の書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑(認印可)
  • 手数料(750円程度)

自賠責保険が切れている場合には、仮ナンバーを取得する前に加入する必要があります。

短期間の自賠責保険加入もできますが、車検をするときにどうせ加入するので25か月分の車検に入ってしまうのも一つの手段です。

自賠責保険の加入は車検の予約をした車検屋さんに問い合わせてください。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す