あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車検で不合格になり再検査が必要になったらどうすればいい?

  • 車検で不合格になるときはどんな場合?
  • 車検の再検査はどうすればいいの?
  • 車検の再検査の費用はいくらかかる?
  • 車検に落ちた場合、再検査はいつまでに受ければいいの?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車検の再検査について詳しく説明していきます。

1.車検が不合格になる理由とは?

業者に車検を依頼した場合であれば、業者の方で車検に通るようにいろいろやってくれるので、不合格になることはほとんどありません。

しかし、ユーザー車検に出したときに、不合格になることがあります。

ユーザー車検は安いですが、自分で車検の審査を通過させる必要があります。

車検に通らないと、公道で走ることができなくなるので、不合格には気を付ける必要があります。

 

車検が不合格になる理由としては

  • 書類の不備
  • 違反金や税金の未払い
  • 整備不良
  • 操作ミス

などがあります。

書類の不備や違反金・税金の未払いであれば、その書類を揃えたり、料金の支払いをすればOKです。

整備不良の場合は、自分で問題のある個所を直すか、修理工場に車を持って行って修理する必要があります。

 

ユーザー車検で初心がにありがちなのは操作ミスによる車検の不合格です。

車自体に問題がなくても運転手の操作ミスによって、車検の不合格になるケースがあります。

検査官にどこが問題があったのかをよく聞いたうえで再検査にチャレンジしましょう。

2.車検に不合格になった場合再検査はどうすればいいのか?

車検に不合格になった場合、初回を含め3回まで再検査の費用は無料で行うことができます。

その日に車検を済ませてしまいたいという場合には、同じ日に再検査にチャレンジすることもできます。

操作ミスで車検に不合格になってしまった場合は、同日に再検査に挑むといいでしょう。

・当日に再検査できない場合

当日に再検査ができない場合には、限定自動車車検証を窓口で発行してもらう必要があります。

本来車検に通らない車は公道を走ることができません。

しかし、限定自動車車検証があれば、公道を走っても問題ないようになっています。

限定自動車車検証の有効期限は15日以内となっています。

 

有効期限内であれば、不合格になった部分だけの検査のみでOKとなります。

有効期限が切れてしまうと、もう一度最初から車検の検査をすることになりますし、再度検査手数料を支払う必要があります。

なので、限定自動車車検証の有効期限が切れる前に、再検査を受けるようにしましょう。

【この記事を読んでいる人のおすすめの記事】

「車検前に車の買い替えを検討しないと損とする?」

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す