あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車検を受けるときに必要なものとは?何を持ちこみすればいいの?

  • 車検を受けるときに必要なものとは?
  • 車検を受けるときに何を持っていけばいいのか?
  • 車検を受けるときに必要な書類とは?
  • 車検を受けるときに印鑑を持ち込む必要はあるのか?

など気になることがあると思います。

そこ得この記事では車検に必要なものについて詳しく説明していきます。

1.車検を受けるときに必要なものとは?

車検を受けるときに必要なものは、ディーラーや整備工場、カー用品店などに車検をお願いする場合と、自分で車検を通すユーザー車検で変わってきます。

お店に車検をお願いする場合に必要な書類

  • 車検証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険賞)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用)

ユーザー車検で必要な書類

  • 車検証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(新旧2枚)(自賠責保険賞)
  • 自動車税納税証明書(継続検査用)
  • 自動車検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 継続検査申請書
  • 定期点検整備記録簿

2.車検を受けるときに必要な書類を用意するときの注意点とは?

・車検の必要書類1:車検証

車検証は公道を走るときには所持していなければいけない書類となっています。

そのため多くの場合、車のダッシュボードの中に保管されていることが多いです。

もし紛失した場合には、管轄の陸運局にて再発行の手続きを行いましょう。

・車検の必要書類2:自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

自賠責保険証も車検証と同様に公道を走るときに所持しておかなければならないものです。

また自賠責保険は車検の時に更新を行って、その時に新しい自賠責保険証を受けとると思います。

自賠責保険賞は車のダッシュボードの中に保管されていることが多いです。

万が一、自賠責保険証を紛失してしまった場合には、加入している保険会社に連絡をして再発行を行ってください。

・車検の必要書類3:自動車税納税証明書

車検を受けるときには、自動車税をきちんと納税しておく必要があります。

その証明書として、自動車税納税証明書が必要になります。

ただ2015年度より納税証明書が電子化されて、車検の時に提示する必要がなくなりました。

電子化しているといっても、一部地域では未対応だったり、データの時間がかかることもあります。

クレジットカード払いの場合、4週間ほど時間がかかることもあります。

こういった場合には、納税証明書を別途用意する必要があります。

また自動車税納税証明書を紛失した場合と同様に、陸運局にて再発行の手続きを行ってください。

・車検の必要書類4:自動車検査票

自動車検査票には車検の検査項目の合否が記入されることになります。

検査項目ですべてクリアすることで、車検がかな了したことになります。

自動車検査表はユーザー車検を受ける陸運局に置いてあります。

・車検の必要書類5:自動車重量税納付書

車検を受けるタイミングで自動車重量税を支払う必要があります。

自動車重量税納付書に印紙を貼って支払うことになります。

自動車重量税納付書はユーザー車検を受ける陸運局に置いてあります。

車の種類によって納付する金額が異なるので、事前にいくら必要になるのかチェックしておくことをお勧めします。

・車検の必要書類6:継続検査申請書

継続検査申請書とは、車検の時に車検証を発行するときに必要になります。

継続検査申請書はユーザー車検を受ける陸運局に置いてあり、記入方法についても参考例があるので、それを参考にして記入しましょう。

・車検の必要書類7:定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿は24か月点検や12月点検などの点検内容が記録されています。

きちんとチェックを行うことで、車の故障による事故を未然に防ぐことができます。

ユーザー車検の場合は、自分で点検を行うことになりますが、専門的な技術が必要なメンテナンスの部分もあります。

なので、安全に車を運転するためにも自分で点検するのではなく、業者に任せる方が安心です。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す