あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の免許合宿の特徴は?最短期間や費用や選び方など

車の免許を取得をするのに、学生の方は免許合宿を検討される方もいるのではないでしょうか。

免許合宿は集中して科目を受けることができるので短期で免許取得までできるメリットがあります。

ただ、合宿というからには泊まり込みなので地方に行かされるわけですが、空き時間は遊んだりできるのかせっかくなので気になりますよね。

ではその費用や、空き時間の遊び方などどんな具合なのかを見ていきましょう。

1.車の免許合宿のメリットは何?

そもそも免許を取得するのにどんな選択肢があるのかはご存知でしょうか。

まず自宅または学校や職場の最寄りの自動車学校、自動車運転教習所と呼ばれるところに通って免許取得を目指します。

この通うタイプの教習所では毎回の学科や実車の科目を予約をすることで進めていくことになります。

学校や仕事帰りなどの時間に余裕がある日に受講時間を有効活用して進めていくことになります。

またこういった教習所でも学生の長期休みで集中して通われる方もいるので、早く取得しようと思えば1ヶ月ほどで取得できるでしょうし、遅い方でも3ヶ月ほどで取得しています。

 

またその他には飛び込み試験と言われる一発試験というものも存在します。

名前の通り誰からも教わらずに1発で学科、実車ともに合格を目指していくものです。

実際には難易度はかなり高く、一度免許を取得してなんらかの事情で取り消しになった方が主に受ける方が多い試験です。

そんな方でも本当に1発で試験に合格することはほぼ皆無ですので、今まで車の運転の経験がないようであれば避けた方が良さそうです。

 

そして、最後に免許合宿による免許の取得です。

主に地方の免許教習所が受講者誘致のために始めたもので、当然科目や実車も都会の教習所と同じように受ける必要があります。

しかし、免許合宿にはメリットがたくさんあり、ある程度時間に余裕があれば検討をしてみて欲しいところもあります。

まず期間が通うタイプの教習所より短く済むところです。

3週間ほとで卒業するところが多く、また最短で2週間で免許の取得ができるところもあります。

 

これは受講生側に科目の予定を決める権利をなくし、学生も教習所側も効率的に受講が進むようにしてスピードをあげているのです。

いわゆる日中は缶詰の状態にして短期集中で効率的に進めていくということですね。

 

また、その一定期間のうちに同じ顔ぶれになることから出会いがあるとも言われています。

学生が多いですが免許の取得だけでなく一生連れ添える仲間が見つかる可能性があれば、免許合宿の価値はより一層高くなりますね。

実際にご結婚される方もいるというのも聞きますので、人生のターニングポイントになる方もいるということですね。

 

また、合宿の特性上、地方であることが多く、旅行気分を味わうことができます。

沖縄や北海道など、長期で普段滞在することがない場所での合宿もあり、いわゆるリゾート気分を味わいながら免許の取得を目指すことができます。

ダイビングの免許と一緒になって取得できるようなところもあるので、多彩になってきているということですね。

また費用が都会の教習所に比べて安いところも多いのもメリットですよね。

費用は改めて後ほど見ていきましょう。

2.車の免許合宿のデメリットは何?

では良いことづくめに見える免許合宿ですが、デメリットはあるのでしょうか。

最大のデメリットはやはり免許合宿に参加するための日程を確保することですね。

最短で14日はやはりかかってしまうので、社会人の方で14日間を確保することは大変ですよね。

学生の方でもやはり春休み、夏休みがメインになってしまうので、その時期に人も集中してしまうでしょう。

 

また、免許合宿は地方にあるので道路状況が普段と違うこともあげられます。

これはどういうことかと言うと、地方の道路は土地の特性で広く作られているところが多かったり、また車の交通量も圧倒的に少なくなっています。

その状態で実車訓練をし、免許を取得した後にいざ都会の道路で運転をしようとすると道路が狭いことや交通量の多さに戸惑ってしまうでしょう。

 

残念なことにうまく試験に合格することができず、卒業が伸びてしまった場合には追加料金を請求されることもあります。

万が一失敗した場合にも安心パックのようなプランもあるところもあるので、チェックしてみましょう。

3.合宿で車の免許をとれる最短の期間はどれくらい?

車の免許を合宿で取得する場合の期間は簡単に上記でも触れましたが、オートマ限定、マニュアルの場合はどのくらいなのでしょうか。

オートマ普通車の最短日数は14日間、13泊14日が最短です。

マニュアル普通車の最短日数16日間、15泊16日が最短となっています。

 

そもそもこれは誰が決めたものかと言うと法令で定められているのです。

1段階は技能教習15時限(オートマ普通車の場合は12時限)、学科教習10時限となっています。

この後仮免許の試験があり、それを合格すると2段階は技能教習19時限、学科教習16時限となっています。

 

最短で取得する場合は限界でこの内容になっているので、合宿であっても通いであってもこれ以上早くは取得することができません。

ある程度の科目ごとに1日に受けれる数が決まっているので、そこまで忙しくなることはないですね。

なので予習復習の時間をとったとしても夜は大分自由時間が設けられており、友人と参加していたり、現地で仲間ができたら楽しく過ごせるでしょう。

4.車の免許合宿の費用はいくら?分割払いやローンは組むことはできるの?

車の免許合宿の費用は、おおよそ20万円前後です。

プランや時期によっても料金が変わるのですが、安いところだと16万円ほどで受けることもできます。

少し高いところだと30万円近くかかることもあるので、16万~30万円ほどかかると思っておけば大丈夫です。

 

免許を合宿で取得するための費用を一括で支払うことができれば良いのですが、分割払いのローンは可能なのでしょうか。

免許を取得するための免許ローンというものが存在します。

金利は実質年率で10%前後に設定されていることが現段階では多いですが、実際に借りられる際に一度確認してみましょう。

 

もし借りることができるのであれば家族内ローンをすることがベストですが、それ以外にも銀行などに相談をして見るのも良いかもしれません。

学生でなく社会人であれば銀行もより低金利でのローンを通してくれるかもしれませんね。

まずは早い段階でどこの免許合宿にするかを確認し、費用がどのくらい必要かを確認してから分割払いのローンを検討してみてください。

5.車の免許合宿の選び方は?どんなオプションがあるの?

単純に免許が取得できればいいという場合であれば、値段が安いところに決めるのが一番いいです。

 

でもせっかく合宿に行くんだったらどうせなら土日などの休みの日に遊べる場所にするのがおすすめです。

こんなこと社会人になったらそんなにできないことなので、どんなオプションがあるのか選び方を確認していきましょう。

 

まず人気なのはダイビングだったりフルーツ狩りだったりのレジャー系と一緒になった免許合宿です。

例えば沖縄での免許合宿ではダイビングのライセンスを取得できるようなプランもありますし、山形県の免許合宿ではさくらんぼ狩りができるといった教習所もあります。

 

また、設備が充実した教習所も人気の1つです。

例えば、教習所に温泉設備が整った新潟の免許合宿は1日の勉強や実車の運転疲れを癒してくれそうですよね。

あとはやはり地方ということもあるので、自然や名所がたくさんあるところが魅力の免許合宿もあります。

鳥取砂丘でラクダに乗る体験ができる免許合宿や、出雲大社にお参りができるなど、これらを特典と思うかで変わってきますよね。

 

教習所も学生を呼び込むために、特に地方は特産をフルに使って呼び込みをしています。

せっかくの2週間~3週間の合宿のために休みを削るのですから、ぜひ有意義に楽しく免許を取得できたらいいですね。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す