あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の免許の取得の流れは?取得期間や費用など

車を乗るには免許の取得が必須で、その取得の流れはどのようになっているでしょうか。

取得期間やその取得にかかる費用など、最新情報を探っていきましょう。

1.車の免許の取得の流れとは?

車の免許を取ろうと決めたらまず免許の取得の流れを確認しましょう。

そもそも車の免許はどこで取得できるのでしょうか。

 

自動車運転教習所・自動車学校というところで運転に関する勉強や実車に乗って訓練をする場所があります。

この教習所を決めるのが最初のステップと言えるでしょう。

働きながら取る方もいれば、学生が長期休みを利用して取る場合もあります。

また長期の休みを利用する方は合宿で寝泊まりをその場所でして短期集中で取得する方もいるのでそちらも検討しても良いでしょう。

 

ただ、合宿は注意が必要だと言われています。

都会に住んでいる、または住むことになる方が合宿をする際に地方の大きな道路で実車テストを合格していざ免許を持って運転する際には狭い交通事情が大きく違う場所での運転になり事故を起こしやすいです。

実際に卒業生の事故を起こしてしまう率でも明らかになっているので、免許を取得した後にどこの場所で主に運転をするかを考えてから決めていきましょう。

 

また、入学をすることになれば大きく分けて学科と実車の科目に分かれます。

学科・実車の工程の半分が過ぎた頃に修了検定というものに合格する必要があります。

この修了検定に合格すると仮免許というものが発行され、「仮免許」の表示をしている車で本免許を取得するために実際に道路に出て運転する権利を与える免許です。

つまり、修了検定以前の実車の訓練では自動車教習所内のコースを練習していくのですが、仮免許を取得後には実際の他の車も走っている公道を走ることになります。

 

修了検定を合格して仮免許を取得した後も学科と実車の訓練を繰り返し、最終的に教習所から卒業検定を受けて合格する必要があります。

晴れて卒業検定が受かったら最後の最後に運転免許試験場にて学科の試験に合格することで本免許が発行され、免許が取得することができるのです。

 

また、一発試験と言われる、自動車教習所に通わずに、誰にも何も教わらずに飛び込みで試験を受けることもできます。

この試験を受ける方の多くは免許を持って運転をしていましたが、なんらかの理由で免許が失効してしまった、取り消しになってしまった方が大半です。

しかし、受けることができないわけではないので、既に公道ではない競技場などでカートなどの経験が豊富な方は検討をされても良いかもしれません。

 

試験の内容は、学科は通常の教習所で習うことを独学で勉強されれば通るような、気をてらったような問題は出ない試験です。

しかし、実車の試験は非常に厳しく、細かいところまでチェックされます。

一発試験を一発で合格することは不可能とまで言われています。

実際に私は一発試験で免許を取得しましたが、複数回受けてやっと受かることができました。

複数回受けていくと何が違うのかと言うと、毎回コースが変わるのですが、そのコースを先読みしやすくなり、落ち着いて運転ができるようになるので合格しやすいのかなと思います。

2.車の免許を取るのにどれくらいの期間がかかる?

車の免許を取得するまでにはだいたいどのくらいの期間を見込んでいれば良いのでしょうか。

免許の取得に関しては、働きながら教習所に通う方も多く、学科・実車ともに多くのところで予約制となっています。

したがって、その通われる方がある程度時間に余裕がある方であれば1ヶ月程度で取得できますが、そうでない方は3ヶ月ほどで平均的に免許の取得をされているようです。

 

特に大学生の長期休みである7月後半から9月いっぱい、また春休みである2月から3月いっぱいにかけては学生で溢れます。

必然的に7月後半から9月は学科・実車ともに限られているので予約が取りづらい状況になります。

次々に予約をしていって早い段階で合格を目指していければ自由な時間も確保しやすいでしょう。

 

しかし、予約自体は比較的スムーズにいったとしても、要所要所で試験があります。

これもまた学科はしっかり勉強して、また実車は普段の練習通りに運転ができるように努めていかなければなりません。

試験でつまづいてしまうと、残念ながらずっと前に進むことができません。

全ての試験で一発合格を目指すために、普段勉強されない方もしっかり勉強して合格を目指しましょう。

3.車の免許の費用はいくら?分割払いやローンを組むことはできる?

車の免許を取るために教習所に通うということまではご説明しました。

しかし、学校ということもあって、費用も結構大きな金額が必要になります。

目安として、マニュアルトランスミッションの免許の取得で30万円弱ほどです。

オートマチック車限定の場合は多少授業の数が少ない関係で数万円安くなっています。

もし仕事だったり取り急ぎ車の免許が必要ということであれば、ローンを検討される方もいるでしょう。

 

まずは絶対最初に親や親族ローンを打診して見ましょう。

なぜなら、ローンは金利がついてしまうので、借りた額以上に返す必要があります。

同じく親や親族ローンを打診する際には本来のローンより安価に設定してもらうなどしてできる限り出費を少なくしたいですよね。

 

あてがない場合は運転免許ローンというものがありますので、そちらを利用して見ましょう。

教習所も学生はお客さんになるので、比較的丁寧に対応してくれるところが多いでしょう。

学生であれば、免許を取ってもまた車を買うためにお金が必要になってくるので、そのお金と教習所に通う費用に目処がついた段階で免許の取得に動いても良いかもしれません。

特に学生の時に免許がなくて困ったということはなかったです。

4.車の免許をとれる年齢は何歳から何歳まで?

車の運転免許は18歳になった後から免許を取得することができます。

ただ厳密なところ、18歳になった後に仮免許の試験を受けられます。

また誕生日の2か月前から教習所に通うことができます。

早い人であれば高校三年生になったばかりに免許の取得ができる人というわけです。

例えば通常高校三年生になる年に、4月2日が誕生日の人であれば2月2日から教習所に通うことができます。

したがって、2月2日から免許が取得できる4月2日までの間に仮免許の過程までを修了させていれば早ければ4月の中頃には高校三年生になってすぐに免許が取得できるということです。

 

では、逆に車の運転に際しての免許の年齢の上限はあるのでしょうか。

最近は高速道路の逆走も多くなってきていますが、免許の年齢の上限は今の所設けられていません。

ですので、一度免許を取得した人は本人が希望をする場合は永久に車に乗ることができます。

 

しかし、一部免許を返納するという方は年々増加しています。

免許証は身分を証明するためにも使うことが多いと思います。

免許を返納をしてしまった際にはその身分を証明するためにその代わりのものが発行されます。

高齢者のための運転者講習もありますが、それでも逆走だったり事故をする件数は後を絶ちません。

インフラを整備するなどの対策が急務となっており、今後の社会としての課題になっていくでしょう。

5.マニュアルとオートマの免許どっちを取得したほうがいいの?

車の免許を取得する際に、最初の選択コースでオートマなのかマニュアルか、どっちにするのかは悩みますよね。

特に男性は昔からマニュアルを選ぶ方が多いとは思います。

しかし、私の経験上、車関係の仕事に就かない限りはマニュアルの車に乗るなんてことは今後ないのではないでしょうか。

最近は農家のトラックですらオートマになりつつあります。

なので、強いこだわりがなければオートマの免許でも十分だと思います。

 

マニュアルだとエネルギー効率も良いとは言えず、ある種娯楽のためにスポーツカーで残している感はあります。

実際モータースポーツではマニュアルよりセミオートマを使われていることからもお分かりいただけるのではないでしょうか。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す