↑私の古い車でも相場より24万円高く売れました。↑

車のガラスコーティングの効果は?メリットデメリットについて

車を購入するときに、色々付属品をある程度購入の目処がたって改めてボディのコーティングをどうするか迷う方は多いのではないでしょうか。

ディーラーで新車購入をする方は最初からガラスコーティングの見積もりが入ってたりしますよね。

実際にガラスコーティングした時とそうでない時の違い、メリットとデメリットを見ていきましょう。

1.車のガラスコーディングの効果は?種類は何がある?

車のガラスコーティングってそもそもどんなものでしょうか。

コーティングにはいくつかの種類があって、それぞれ効果に差があります。

たくさんのコーティングの中で最上のものがガラスコーティングとなっています。

ガラスコーティングは名前の通り、ガラス繊維が入っているためにガラスコーティングと呼ばれています。

コーティング自体の強度や、持続期間も圧倒的に長いことが大きな特徴でしょう。

 

次にワックスタイプのコーティングです。

カー用品店でも比較的安価に手に入りれることができます。

自宅などで簡単に施工することができますが、洗車の度に、あるいはこまめに塗ってあげる必要があります。

 

最後にポリマーコーティングやフッ素系のコーティングと言われるものです。

ちょうどガラスコーティングとワックスの間くらいの存在と考えてもらっても良いでしょう。

ワックスタイプよりも長持ちはしますが、ガラスコーティングほどは持たず、ツヤもちょうど間くらいになると思います。

 

科学技術も年々向上してきているので、持続期間だったり、より簡単にコーティング剤を塗布して定着できるようになってきてはいます。

しかし、ガラスコーティングは長期間定着させることが目的なので、コーティング剤が手に入っても施工をするのに専用の機材や知識が経験がいります。

せっかく高価で良いコーティング剤を使うのであれば、施工もしっかりとして一番効果を発揮できるような状態で望みたいです。

2.車のガラスコーディングのメリットは?

コーティングにはいくつかの種類があることがわかりました。

では、その中でも最も効果が高いガラスコーティングについてメリットを見ていきましょう。

 

そもそも車のボディーの塗装は何層も重ねて塗装されています。

最初はただの銀色の鉄からあんなに発色の良い色に加工されているのです。

何回も色を重ねて最終的にクリアで塗装されたものが標準のできたばっかりの車の塗装の状態になっています。

一部白色のソリッドカラーの商用車は塗装の回数が少ないため塗装が弱いなどと言われていますが、基本的にはすでにコーティングが施されているような状態なのです。

10年以上の前の車はよく屋根の塗装が剥げている車を目にすることはあります。

しかし現在の車は塗料の技術が向上して、直射日光を浴び続けてもハゲにくくなっています。

 

ではなぜガラスコーティングをするのでしょうか。

様々な理由がありますが大きく分けて

  • 洗車などのメンテナンスが楽になる
  • ガラスコーティングの光沢が美しく見させる
  • コーティングが一層あることで本体の塗装にキズがつきにくい

ということがあります。

 

実際ガラスコーティングをすると、洗車をする際にはカーシャンプーなどの洗剤を使用しないでくださいと言われます。

ではどうやって洗車をするのか。

おおよそのガラスコーティングにはメンテナンスキットと呼ばれる、そのガラスコーティング専用の洗車道具がついてきます。

なので、洗車は水洗い洗車にとどめ、そのメンテナンスキットに付属したクリームなどを塗布するとよりコーティング自体が長く持続するようになっています。

しかしそれも毎回する必要もないので、洗車の手間は圧倒的に少ないと言えるでしょう。

 

また、ガラスコーティングはしている車とそうでない車が同車種で横に並べるとすぐにわかります。

その光沢の違いは特に日光を直接浴びたときに顕著にわかります。

その見た目と一緒に肌触りも違って、車の外装の肌触りが良いことがメリットになるわけではありませんが、優越感に浸ることができるくらいツルツルです。

 

最後に、ガラスコーティングをすることで一層多くなることでボディーが守られます。

これは事故などがあった際にボディーが硬くなるなんてことは全くありませんが、ちょっとしたコンパウンドで消えるようなキズはなかったことにしてくれます。

また、耐用期間が過ぎてコーティングがなくなる頃一度磨いてやってコーティングを再度してあげると新車と変わらない塗装の状態になるでしょう。

3.車のガラスコーディングのデメリットは?

では車のガラスコーティングのメリットはいくつかありましたが、デメリットはあるのでしょうか。

ガラスコーティングの最大のデメリット、それはコストです。

 

ディーラーで新車時にガラスコーティングを見積もりに入れると軽自動車でも4~5万円くらいはします。

大きな車になればなるほどコーティング費用も高くなるので、耐用期間で割ってコストパフォーマンスが良いかどうかは考えないといけないかもしれませんね。

 

もう1つはガラスコーティングが定着するまでに多少時間がかかることです。

少しずつコーティングをしてから定着するまでの時間が短くなっているとはいえ、しっかり密閉された空間で24時間以上は置いておきたいです。

その定着するまでにガラスコーティング剤が取れるようなことをするとせっかくの高価なものがすぐに取れてしまうことになりかねません。

 

最後に、万が一の事故の時に交換する部品が保険適用にならない場合は改めて実費で負担することになります。

逆にしっかりした施工業者であれば施工証明書が発行されて、耐用期間内のその施工した部品を交換する場合には保険会社も再施工を認めてくれます。

4.車のガラスコーディングは何年持つの?耐久性を伸ばす方法は?

せっかく高価なガラスコーティングをして、その車のコーティングが何年くらい耐久性があるのかは気になりますよね。

実際のガラスコーティングの耐久性が持続するのは、1年~5年くらいです。

 

幅が広いのは施工する業者が使っているガラスコーティング剤の種類によるからです。

各社自動車メーカーが指定しているものであれば3年~5年のものが多いでしょう。

 

ただし、ずっと雨ざらし、日に晒される場所に駐車している車と、屋内駐車場の車ではコーティングの耐久性の持続期間に差がでます。

また、付属のメンテナンスキットでしっかりメンテナンスをしてあげていると持続期間はそれだけ長くなるでしょう。

しかしただひたすらに何もしなければやはり耐久性もあまり長く持続してくれないので、ガラスコーティングに幻想を抱き過ぎないようにしなければいけません。

 

また、およその耐久性の持続期間が過ぎた頃に再施工をする方も多くいらっしゃいます。

ちょうど2回目の車検が5年が過ぎた頃で、ディーラーに整備のために預けてそのままコーティングもお願いします、という方は一定数いらっしゃいました。

ここまでされる方は本当に綺麗にツヤも保ったままさらに次の次の車検、つまり4年後くらいまで新車の時と変わらない塗装の状態で乗られるのだろうなと想像がつきます。

5.車のガラスコーティング剤のおすすめは?

最後に、車のガラスコーティング剤をご自身でされたいという方におすすめのものをご紹介いたします。

ガラスコーティング剤で市販されているものの中で一番人気があるのはピカピカレインプレミアムというものです。

耐用期間は3年でメンテナンスも非常に楽で、アマゾンや楽天でも非常に評価が高いので一度試してみてはいかがでしょうか。


10万円以上車を高く売れた人続出!

ユーカーパック

・車の売却相場が分かる
・電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
・個人情報が流れないから安心
・査定は1度だけでOK(出張査定か提携のガソリンスタンドで)
・全国最大2,000社のオークション形式

だから、楽に高く売れる!

私はこの一括査定サイトを使っただけで24万円も高く車を売ることができました。

>>とりあえず無料で車がいくらで売れるか調べてみる

安くて質の高いコスパ最強の中古車を買いませんか?

ズバット車販売

素人では探すことができない未公開車両を含めて安くて質の高い優良な中古車を見つけてもらえます。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べてもらう

2万円以上自動車保険料が安くなった人続出!

保険スクエアbang! 自動車保険

私はこの一括見積サイトを使っただけで補償内容が全く同じでも、2万3000円も安くなりました。

>>とりあえず無料で自動車保険料がいくら安くなるか調べてみる

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す