あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車のフロントガラスの掃除やメンテナンス方法とは?

車のフロントガラスの扱いは意外と難しいですよね。

気にならない人はウォッシャー液だけで過ごされることもありますが、気にすれば気にするほど奥が深いものです。

A型気質の人は特にそうだと思いますが、今回はその気になるフロントガラスのメンテナンス方法を見ていきましょう。

1.車のフロントガラスの外側の拭き方とは?拭き跡が残らない方法は?

車のフロントガラスをたまにでも綺麗にした人であれば、雑巾一枚で簡単に綺麗にすることができないことはお分かりのはずですよね。

雑巾一枚ですらどんな雑巾が良くて、どういう風に拭けば良いのかわからな句なってしまうのではないでしょうか。

 

車のフロントガラスはずっと外に晒されている状態なのですが、車を駐車する場所によっても状態が大きく変わります。

例えば、屋根付きの駐車場が家にある方の車と、だだっ広いモータープールの駐車場を借りている方の車です。

前者は雨にかかる頻度が少なく、日光を浴びている時間も短いので傷みが少ないのは事実です。

雨が午前中に降って、午後はカンカン照りの日光に晒されるようであればウォータースポットと言われる、手では簡単に取れない水滴の跡のようなものが残ります。

 

フロントガラスはこれ以外にもたくさんの汚れとの付き合いがありますので、主なものを見ていきましょう。

まず、フロントガラス外側の汚れの拭き方ですが、水洗いから始めます。

これでだいたいのホコリや砂などは流れていってくれます。

逆にこの作業をせずに最初から拭きあげてしまうと、ホコリや砂を擦り付けつことになるので、フロントガラスに傷がいってしまいます。

見えないくらいの汚れではありますが、しっかり水に流してしまうようにしましょう。

 

次にカーシャンプーをつけて洗っていきます。

あまり力を入れてゴシゴシとするのではなく、撫でるように洗ってください。

やはりここでも力を入れると傷がいってしまう原因になってしまいます。

 

そしてそれを水で洗い流します。

きっちり泡が残らないようにしましょう。

 

最後にフロントガラスを拭きあげるわけですが、吸水用のセーム革のものを使うと便利です。

よく水泳の場面でも見ることがありますが、吸水性が高くて、絞るとすぐに使えるものが良いです。

また、このセーム革だと布ではないので毛などが付く心配がなく、使い勝手も非常に良いです。

ワイパーも汚れが蓄積しているので、しっかり汚れをとってあげましょう。

2.車のフロントガラスの内側の拭き方とは?拭き跡が残らない方法は?

車のフロントガラスの内側は外側と違って水で洗い流したり、シャンプーをすることができません。

汚れの原因も外と違うので拭き方もやはり変わってきます。

そもそも内側をベタベタ触って手垢がつくのはわかりますが、そうではない場合に汚れるのはなぜでしょうか。

 

まずホコリというのはドアを開け閉めするだけでも車内を舞ってしまいますし、エアコンをつけても空気中を漂っているので避けられません。

また、タバコを吸われる方、あるいは吸う人を乗せる方は天井だけでなく、フロントガラスを含め窓に気づかないうちに付着しています。

あとは油膜です。

フロントガラスの外側も内側もやはり油膜というものはついてしまうのですが、これが結構厄介です。

有人のガソリンスタンドで給油中に車内用の濡れタオルを貸してもらえるところがありますが、それだけだとどうしても綺麗に汚れは落ちきれていないですよね。

 

そこで油膜もきっちり取り除くためにはエタノールが一番良い方法なのではないかなと思います。

その際に必ずマイクロファイバーのクロスを使ってください。

どうしても普通の雑巾やタオルだと細かい毛がついてしまい、気になる方はかなり気になってしまいます。

できれば買った当日そのまま使うよりも一度洗濯機で洗ったものだとより確実に毛がつきにくい状態になります。

3.車のフロントガラスに油膜ができる原因は?油膜をとる方法は?

車のフロントガラスが油っぽくなる原因で油膜がついていると言われています。

そもそも油膜がつく原因は何なのでしょうか。

 

油膜の原因はいろいろあって、1つは道路から出てくる油膜をフロントガラスが浴びていると言われています。

他の車が巻き上げたものの中に油膜になる物質が含まれており、知らず知らずのうちに油膜がついていっているのです。

他にも排気ガスの中に含まれている油分や、雨なども原因になっています。

車が走る限り油膜を浴びることは避けられません。

 

雨が降ってワイパーを動かす前からワイパーの境目がわかるようなフロントガラスは見たことがないでしょうか。

あれが油膜がきつくついているところとそうでないところがはっきりわかるようになっています。

 

ではその油膜取りはどのようにして行うのが良いのでしょうか。

カー用品店で油膜取りを買うのが効果的です。

一度油膜がついてしまうと頑固なので、油膜とりの中に微小の粒子が混入している油膜取り剤です。

洗車をした上で綺麗な状態にしておいたフロントガラスを油膜取りを含ませたクロスで力強く拭きあげていきます。

意外と油膜を取るために力がいります。

油膜取り剤の記載の通りに洗い流しが必要な場合は洗い流し、そうでなければそのまま終了です。

 

また、油膜を取った状態は裸の状態と同じです。

もし撥水のガラスコーティングをいつもしている方はこのタイミングでされてください。

油膜がある状態でガラスコーティングをするとどうしてもコーティングが早く取れてしまいますが、油膜取りをした状態であればしっかりコーティングがガラスに定着してくれます。

コーティングをしていることでその上からの汚れもコーティングの上から被さるので、油膜や水垢もつきにくくなるでしょう。

4.車のフロントガラスのゴムの交換タイミングは?交換する方法は?

車のフロントガラスの周りにはゴムパッキンがついています。

このゴムパッキンがあるおかげでフロントガラスは風などで飛ばずに済んでいます。

もちろんその中にはしっかりフロントガラスとボディーを繋ぎ止めている繋ぎ剤としての役割もありますし、直接的にはそこに水などが入らないようにする役目もあります。

そのゴムパッキンが守ってくれなくなると水漏れなどの原因になり、さらにその水の浸食によって徐々にはずれやすくなるのでしっかり気にしてあげる必要があります。

輪ゴムをしばらく放置していると固くなってくるように、ゴム製品は鉄などよりも劣化がしやすいです。

 

そこでゴムパッキンの交換をするにはどうすれば良いでしょうか。

車の組み立て工場や板金工場でもない限りフロントガラスの取り付けを見る機会なんてないと思いますが、ゴムパッキンを交換するには一度フロントガラスをはずす必要があります。

当然素人の方には難しい作業なので、ディーラーや町工場にお願いをするのわけですが費用も数万円ほどはします。

大きな飛び石や水漏れがあれば別ですが、10年くらいは普通に運転をしている方だと持つかなと思います。

それ以上になった場合は少しずつガタも出てきますのでお車の乗り換えを考えるか、多少費用はかかりますがメンテナンスをしっかりしてあげる必要が出てきます。

5.車のフロントガラスのおすすめのクリーナーや洗剤は?

車のフロントガラスのクリーナーや洗剤でおすすめのものをご紹介します。

個人的には綺麗に水洗いでフロントガラスを洗車したときにフクピカを使っていました。

十分に綺麗になりますし、サッと車内も外側も拭けるので非常に便利です。

 

あとはウォータースポットはフクピカでは取れないので、CAR MATENOウォータースポットクリーナーも使っておりました。

どうしてもウォータースポットは避けられないのですが、たまに綺麗にしてあげたくなります。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す