あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

コーディングされた車のお手入れやメンテナンス方法について

車のコーティングをするまではよかったですが、お手入れやメンテナンスのことは考えていなかった、なんてことはないでしょうか。

あんまり考えずにコーティングをして見る方は多いです。

またはコーティングをするだけで洗車はする必要がないなんて間違った知識を持たれている方もいます。

正しい手入れをしないとせっかくの車に傷がついたり汚れが付きやすくなったりします。

今回は正しいコーティングのお手入れ方法を一緒に見ていきましょう。

1.コーティングされた車の洗車のやり方とは?

車のコーティングをした場合とそうでない場合で洗車のやり方が違うのはご存知でしょうか。

誤った洗い方をすることでせっかく施したコーティングの耐久性がなくなってしまうなんてこともあり得るのです。

ただ、コーティングとはいっても種類がたくさんありますので、どのコーティングであっても共通した認識のものをご紹介していきたいと思います。

 

まず、コーティング剤を購入した際には、あるいは業者でお願いした際には必ずアフターメンテナンスのことが説明されています。

それをしっかり守らないとコーティングが逆効果になることもあるのでしっかり読みましょう。

 

車を洗車する際の基本中の基本として水洗い洗車をすることは必ず必要です。

車の表面には砂やホコリなどの微粒子がたくさん付着しています。

これを取るために例えばカーシャンプーからいきなりやってしまうと、その微粒子の上からボディーをゴシゴシ洗うことになります。

つまり洗車をすることで逆にキズがついてしまうことがあるのです。

その微粒子を最初に水で洗い流してあげることでそういった危険を少なくします。

完全に取り去ることは絶対にできないですが、できる限りのことをしてあげるということです。

 

そのあとカーシャンプーをしてあげるのですが、必ず中性洗剤を使うようにしてください。

多くのコーティングの場合、中性ではない洗剤を使うことでコーティング剤が取れてしまうこともあるからです。

一回の洗車でごっそり取れるかどうかはわかりませんが、耐久性を保つためにしっかり注意したいところです。

あるいは、そのコーティング剤指定のメンテナンスキットがあったりして、水洗い洗車の後にそれを使うように指示されているものもあります。

次にしっかり泡を水で洗い流します。

 

最後にその洗い流した水を拭きあげます。

コーティングをしているからといって、するする落ちていく水滴は全ては落ちきれません。

残った水滴が汚れの原因となったり、あるいはそのまま太陽光を浴びるとウォータースポットの原因になります。

 

ここでお分かりになられる通り、コーティングをしたからといって洗車をしなくて良くなるというわけではありません。

ただコーティングをすることで洗う際の手間は少なくて済むケースが多いのです。

コーティング剤が汚れを水洗いの段階で取れやすくしてくれているからです。

しっかりコーティングの耐久性を保つためにも正しい洗い方での洗車を行ってください。

2.車のコーティングを自分でやるときの注意点とは?費用はいくら?

車のコーティングを自分でやってみようと思われる方は多いのではないでしょうか。

コーティングを業者にお願いすると結構な費用がかかってきます。

例えばガラスコーティングなんかは業者にお願いすると安くて3万円、面積が多い車の場合には10万円近くになることもあります。

使っているコーティング剤や乗っている車によって大きさが異なるのでコーティングの施工料金も多少のバラツキはあります。

そのコーティングの費用をセルフですることで抑えることができたらもう1つパーツを買えたりするので結構大きいですよね。

 

ではそのコーティングをセルフでする際の注意点はあるのでしょうか。

まず一番最初に確認したいのは予算とどれだけ時間が確保できるかですね。

しっかりコーティングはしたいですが1万円はかけられないなってなると、残る選択肢が絞られてきます。

また、逆に数千円の予算であればワックスコーティングが予算に合いますが、その分コーティングの頻度を多くする必要があり、都度時間がかかってしまうでしょう。

 

予算を考える上での目安は以下のような具合です。

ガラスコーティング > ポリマーコーティング > ワックスコーティング

左の順から費用が高いものを表しています。

 

ただ、年々コーティングの技術も向上しており、ガラスコーティングであっても非常に安価で施工がしやすいものも出ています。

また逆にワックスコーティングであっても少し高いですが効果が大きいものも出てきています。

 

最近の人気でもあるピカピカレインという名前のガラスコーティング剤があるのですが、これは約1万円くらいでインターネットで購入することができます。

しかし施工も非常に簡単にできて、耐久性も3年は持つということを謳っているので、年間3千円強であると考えるとそんなに高い買い物ではないのではないでしょうか。

もちろんこれに推奨のメンテナンスキットの費用もプラスされるので単純にそれだけでは済みませんが、一昔前に比べると明らかに費用が安くなってきています。

3.車のコーティングを剥がす方法は?

では、まだ車のコーティング剤がついている状態で一度コーティング剤を剥がす場合にはどうすれば良いでしょうか。

車のコーティング剤、一度ついてしまうと全体が綺麗に取れる、ということが透明なためわかりづらいです。

したがってどんなコーティング剤を使っていてもしっかり取れたかどうかを確認できないので全体のコーティングを剥離する必要があります。

 

おそらくあなたはこのコーティング剤を一度剥がすことによって綺麗な状態にし、改めてコーティングの施工を考えられているのだと思います。

そういう時に何か特別なものをぶっかけると綺麗さっぱりコーティングだけが取れるなんてことはなくって、何かしらのダメージを車の塗装に残してしまう可能性があります。

したがって、この車のコーティング剤を剥がすにはコンパウンドで地道に削っていくしかありません。

業者であればポリッシャーと言われるドリルのようなものの先端が車を高速で撫でるようなマシーンを使います。

 

もしご自身でされるという場合にはそのようなマシーンはないので、綺麗なタオルで地道にこすって行きます。

真面目にやって軽自動車のサイズであっても半日~1日かかってしまうこともあるのではないでしょうか。

素人目にはコーティング剤が取れたかどうかがわかりにくいので、時間がかかると思って作業を始められる方が良いでしょう。

4.車のコーティングの頻度はどれくらい?

車のコーティングは色々今まで見てきましたがどのくらいの頻度で再施工するべきでしょうか。

コーティングの種類にもよりますので、それぞれの種類に分けて見て行きましょう。

まずガラスコーティングは持続期間が長く、3~5年くらいは持続すると言われています。

ですので、そんなに頻繁に交換する必要はなく、車検をベースに考えても良いでしょう。

ポリマーコーティングは3カ月~1年くらいと、ガラスコーティング剤によって幅はありますがおよそこの辺りです。

またワックスコーティングは数日~3ヶ月という具合です。

5.車のコーティングを業者に頼むときの注意点は?費用はいくら?

車のコーティングをできる限り自分でできるようにセルフの目線で見てきましたが、改めて業者に頼んだ場合の費用はどうなっているでしょうか。

やはりコーティング剤の価格に比例してきますので、基本は先ほどの順番の通りの費用感になります。

ガラスコーティングは3~10万円、ポリマーコーティングは1~3万円、ワックスコーティングの業者というのは少ないですが1万円未満という見方で良いでしょう。

 

業者によっても技術の差があるので、信頼できる業者もしくはディーラーに依頼するのがお勧めです。

安いところに依頼して失敗したなんてことにならないように注意してください。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す