あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車買い替え時に車庫証明書は必要?取得の手順とは?

車を買い替えるときには様々な必要書類があります。

その中でも気になる書類の一つが車庫証明書です。

  • 車を買い替えるときには車庫証明書が必要か?不要か?
  • 車庫証明書の取得の手順は?どこで取得すればいいのか?
  • 賃貸マンションやアパートの駐車場の場合の取得方法は?

などいろいろと気になることがあるかと思います。

そこでこの記事では車買い替え時の車庫証明書について詳しく説明していきます。

1.車買い替え時に車庫証明書は必要?それとも不要?

車を買い替えるときには車庫証明は必要な書類です。

車庫証明は車を購入するときや誰かからもらうときに必要となります。

仮に同じ場所に車を駐車する場合でも必要となるので注意してください。

・地域によっては軽自動車の車庫証明書は不要

軽自動車の場合は車庫証明が必要な地域と不要な地域があります。

車庫証明の届け出が必要な地域は、県庁所在地、人口10万任以上の市などが対象となっています。

いわゆる田舎の場合には車庫証明が不要になるという感じです。

具体的な地域は市町村合併などで多少変わったりもするので、各都道府県の警察ホームページを確認することをお勧めします。

2.車庫証明の取得の手順とは?どこで取得できるの?

車を買い替える場合にはすでに一度車庫証明を取得したことがあると思いますが、中には買い替えで初めて取得するという人もいると思います。

まずは自分で取得する場合の簡単な取得の手順を紹介します。

  1. 必要書類を警察署でもらうまたはホームページでダウンロードする
  2. 必要書類に記入する
  3. 記入した書類を持って警察署の窓口で申請する
  4. 車庫証明が交付される
  5. 「納入通知書兼領収書」「認印」「交付手数料」を持って警察署に受け取りに行く
  6. 「車庫証明書」「保管場所標章番号通知書」「ステッカー」が交付される

費用は2500~3000円程度かかります。(地域によって若干異なる)

・販売店で車庫証明書の取得の代行を依頼できる

車庫証明書を取得するには申請と受け取りで最低でも2回警察署に行く必要があります。

平日の昼間に2回も警察署に行くのは大変ですよね。

なので実際には自分で車庫証明書を取得する人はあまり多くありません。

実際ディーラーや大手の中古車販売店では代行サービスを用意していることがほとんどです。

代行手数料は1万円~2万円と少し高いです。

車を購入するときの交渉で手続きの代行手数料を無料にしてもらえないか交渉してみるのもありだと思います。

必ずうまくいくわけではありませんが、サービスしてくれる場合もありますよ。

 

また今の車を高く売れば車の買い替えにかかる必要を抑えることができます。

こちらの一括査定サイトを使うことで相場より30万円以上高く売ることに成功した人もいます。

ぜひ車を買い替える前に一度使ってみてください。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

3.車庫証明書の取得に必要な書類は?

保管場所が自分の所有地の場合

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)
  • 使用の本拠の位置が確認できるもの

保管場所が貸し駐車場の場合

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 保管場所使用承諾証明書
  • 使用の本拠の位置が確認できるもの

使用の本拠の位置が確認できるものとは、実際にその場所に住んでいることを示すことができるものです。

例えば、電気ガス水道などの公共料金の領収書、運転免許書、消印のある郵便物など

 

これらの書類は警察署の窓口で受ける取るか、ホームページから申請書をダウンロードすることができます。

警察署で受け取ることができる申請書の場合は「自動車保管場所証明申請書」と「保管場所標章交付申請書」が2枚一組の複写式となっています。

各枚数が減るのでそちらの方が少し楽になりますが、わざわざ取りに行くのも大変だと思います。

書類をダウンロードする場合には警視庁が公開しているこちらの書式を使ってください。

自動車保管場所証明申請書 書式 記入例
保管場所標章交付申請書 書式 記入例
保管場所の所在図・配置図 書式 記入例
保管場所使用権原疎明書面(自認書) 書式 記入例
保管場所使用承諾証明書 書式 記入例

4.今の車と新しい車の駐車場が同じだけど車庫証明書は取得できる?

実は駐車場が広くなく1台しか置けるスペースがないと1台分の車庫証明しか発行することはできません。

警察が場所の確認をしに来るので、駐車するスペースがないと問題があるとみなされ車庫証明が発行されないんです。

 

ただ車を買い替えるときに、昔の車を車買取業者に引き渡し新しい車が納車されてから申請するのでは少し遅いですよね。

そんな場合には、あらかじめ警察に事情を説明しておく必要があります。

申請時に「車を買い替える」「今の車の引き取り日」この2つを入れて事情を説明すれば、問題なく車庫証明を発行してもらえます。

「今はまだ昔の車はあるけれど車を買い替えます。今の車は○月〇日に引き取られる予定です。」

このような形で事情を説明すればOKです。

5.賃貸マンションやアパートの駐車場の場合の車庫証明書の取得の手順は?

賃貸マンションやアパートの駐車場で車庫証明を取得する場合、勝手に車庫証明書を取得することができません。

その場合には「保管場所使用承諾書」を書いてもらう必要があります。

大家さんか管理会社に連絡して保管場所使用承諾書を書いてもらいましょう。

不動産会社によってはこの書類を書いてもらうのに2000~5000円程度の手数料がかかることがあります。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す