あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

ローンが残っている車を買い替える方法は?残債でも大丈夫?

車を購入するとき多くの人は自動車ローンを組みます。

車を買い替えるときにローンが残っており支払い途中だという場合もありますよね。

  • ローンが残っている車でも買い替えることができるのか?
  • ローンの支払い途中の車の買い替えにはどんな手続きが必要なのか?
  • 車を売却してもローンが残る場合にはどうすればいいのか?

などいろいろと気になることがあると思います。

そこでこの記事ではローンが残っている車の買い替えについて詳しく説明していきます。

1.ローンが残って返済途中でも車を買い替えることはできるの?

「ローンが残っている状態なのに今の車を売却して新しい車に買い替えることは難しい」

と思う人が多いですが、実はローンが残っていても車は買い替えることはできます。

いい車が見つかった場合、今の車に飽きてしまった場合などでも新しい車に乗ることができますよ。

2.ローン残債の場合の車を買い替える手続き方法とは?

ローンを組むとき多くの場合は車の所有者はディーラーやローン会社になっていることが多いです。

そのため勝手に今の車を売ることができません。

車を買い替えるために今の車を手放すのであれば「所有権解除」の手続きを行って車検証の名義をディーラーやローン会社からあなたの名前に変更する必要があります。

 

ディーラーやローン会社に連絡をして「所有権解除をしたい」とお願いするとこのような書類を送ってくれます。

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書(ローン会社)

こちらで用意する必要のある書類

  • 車検証
  • 印鑑証明書(本人)

これらを持って陸運支局で手続きを行ってください。

・所有権解除の手続きを行うにはローンの完済が求められる

この所有権解除をすることで今の車を売却することができます。

しかし、この所有権解除の手続きを行うには「ローンの完済」が求められます。

自動車ローンを組むときには自動車が担保になっているので、勝手に処分されてもローン会社としては困るわけです。

そのためローンを完済しないと所有権解除に必要な書類を送ってもらうことができません。

今の車を売却することでローンを完済できるのであれば手続きができることが多いです。

ローンが残っている車を買い替えるときには、車を高く売ることがより重要になります。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

・ローン残債返済サービスで代行してくれる車買取業者も

車の売却代金は、売買契約を結んで必要書類と車を引き渡した後に入金されることが多いです。

必要書類を用意するにはローンを完済している必要があるので、売却代金が入金されるよりも前にローンの支払いをしなければいけません。

少しタイミングが悪く中には手元にまとまったお金がないという人もいるかと思います。

 

そのため車買取業者によっては「ローン残債返済サービス」を行っています。

このサービスは所有権解除の手続きやローンの返済をあなたの代わりにやってくれます。

例えば、80万円のローンが残っている車が100万円で売れる場合には、80万円を返済に回して残った20万円をあなたのもとに入金するという形をとってくれます。

手元にまとまったお金がなくてもローンを完済できるので、ローンが残っている車を買い替える場合にはぜひこのサービスを利用しましょう。

3.車を売却してもローンが残る場合の車の買い替え方法は?

車を売却することでローンを完済することができればいいですが、必ずしもローン残債よりも車が高く売れるとは限りません。

もしも今の車の売却代金を使ってもローンが残ってしまう場合にはどうやって車を買い替えればいいかを説明していきます。

・ローンの残債を一括で現金払い

一番シンプルな方法が、ローンの残債を一括で現金払いしてしまうことです。

今の車の売却代金を使えば、だいぶローンを減らすことができます。

他の方法を使うとローンの合計金額が増えてしまいます。

なんだかんだ言ってローンは返済してしまうのが一番いいです。

ただローン残債分のお金が貯金してあっても、万が一の備えとして残しておきたいという人もいるかと思います。

その場合にはこれ以外の方法でローンを返済しましょう。

・別のローンを組んで支払う

今の自動車ローン以外のローンを組むことで支払うという方法があります。

例えば、カードローンを使ってお金を借りて自動車ローンの残債を支払うなどの方法です。

ただこの方法を使う場合、自動車ローンよりも金利が高くなってしまう可能性があります。

そうなるとトータルの返済金額が膨れ上がり、毎月の返済も少し厳しくなります。

返済プランに無理がないかをチェックしたうえで、別のローンを組むようにしましょう。

・新しい車のローンに上乗せする

実際多くの人が選ぶのは新しい車のローンに上乗せする形でローンを組むという方法です。

例えば、ローン残債が30万円で次の車の購入代金が200万円の場合、230万円で自動車ローンを組むということです。

別々の支払いよりも毎月の支払額を抑えることができますし、支払先が1つで分かりやすいです。

ただ注意点としては、トータルの借金額は変わらないということです。

また毎月の返済額を抑えるとその分利息を支払う必要があり、結果として合計の借金返済額は増えることになります。

本当に無理がないかを一度確認したうえで新しい自動車ローンを組むようにしてください。

 

車を高く売ることができれば、これらの方法は使わなくてもよくなります。

ローンが残っている車を買い替える場合には高額買取が期待できる一括査定サイトを使うことをお勧めします。

もちろん高く売れないようなら売らずに今の車に乗り続けることもできます。

なので、車の買い替えを検討しているならぜひ試しに使ってみてください。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す