あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車買い替え時期で自動車税が変わる?還付金はなしって本当?

車を買い替えるときに自動車税などの税金関係の話は少しややこしいです。

  • 車の買い替えタイミングによって自動車税の支払いが変わるのか?
  • 余分に支払った自動車税の還付金はあるのか?
  • すでに自動車税納付書が届いていたら払わなければいけないのか?
  • 13年乗り続けて自動車税がアップするタイミングで買い替えたほうがいいのか?

などいろいろと気になることがあると思います。

そこでこの記事では車の買い替えにおける自動車税について詳しく説明していきます。

1.車買い替えで自動車税を払わなくてもいいタイミングがあるって本当?

自動車税は5月に納付書が届き支払うので、車の買い替えのタイミングによっては自動車税を支払わなくてもよさそうな感じがします。

しかし、購入する月が何月であっても自動車税は支払わなければいけません。

いつ購入しても自動車税で損得はないということです。

 

自動車税の支払いは「4月1日時点の車の所有者」に納付書が届くような仕組みになっています。

仮に3月31日に車の売却手続きを終え、4月2日に車を購入すれば納付書が届かないという状態を作ることはできます。

しかしこの場合でも昔の車の自動車税は支払う必要はありませんが、新しい車の自動車税は車の購入時に支払うことになります。

自動車税は税金なので支払いを逃れる方法はないと思ったほうがいいです。

車を買い替えるときには税金で何とかお得にしようと考えるのではなく、今の車を高く売るということを考えたほうがいいです。

車を高く売ることはそんなに難しくありません。

こちらの一括査定サイトを使うことで多くの人が車の高額買取に成功しています。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

2.車を買い替えるとき自動車税は還付される?

まず結論を言いますと、車を買い替えるときに自動車税は還付されません。

ただ還付されないからと言って余分に支払った自動車税が損するわけではありません。

 

自動車税の還付が行われるのは、車を廃車にした場合のみとなっています。

車を車買取店に買い取ってもらったり、ディーラーに下取りしてもらう場合には、車を廃車にはしないので自動車税は還付されないんです。

しかし、車の買い取り金額や下取り金額の中に余分に支払った自動車税が含まれていることが多いです。

 

例えば、9月に車を買い替える場合、10月~3月の6か月分自動車税を余分に払っていることになりますが、その6か月分の自動車税は査定額にプラスされる形で支払われます。

なので、3月などのギリギリのタイミング以外でも自動車税で損をすることはありません。

いつ車を買い替えても大丈夫ですよ。

3.3月に車の買い替える場合は自動車税に要注意!

車を買い替えるタイミングによって自動車税の損得はないのですが、注意が必要な時期があります。

それが自動車税の支払いの切りがいい3月です。

3月の下旬に車を買い替える場合、車を売却しても名義変更の手続きが4月1日までに終了せず、昔の車の自動車税の納付書が届くケースがあります。

 

車を売却したからと言ってすぐに名義変更の手続きができるわけではありません。

またこちらが売却の書類を用意するのに時間がかかり、手続きできないというケースも考えられます。

その場合の自動車税の支払いについてはあらかじめ車の買取店もしくはディーラーと相談しておく必要があります。

多くの場合では車買取店やディーラーが支払ってくれます。

ただ念のために3月下旬に車を買い替える場合には確認してください。

4.5月に車を買い替える場合自動車税を払わなければいけないのか?

5月に車を買い替える場合、その年の自動車税の納付書が届いているかと思います。

これから今の車は売ってしまうわけですから「乗らない分の車の自動車税を支払わなくてもいいんじゃないか?」と思いますよね。

でも、5月でも車を買い替える場合には、自動車税を支払わなければいけません。

車を売却するときには、きちんと自動車税を納めているかどうかを確認するために「自動車税納税証明書」が必要になります。

自動車税を納めないことには売却に必要な書類を用意することができないので、車を売ることができません。

年払いで少し損をしたような気になるかもしれませんが、余分に支払った自動車税は査定額に含まれる形で戻ってくるのでとりあえず支払うしかありません。

5.13年以上乗って自動車税のアップする前に車の買い替えを!

13年以上同じ車に乗っていると「自動車税」と「自動車重量税」の2つが値上がります。

どれくらい値上がりするかは車の排気量によって変わるのですが、普通自動車であれば5000円~1万円ほど高くなることになります。

自動車税は毎年、自動車重量税は2年に1回払うことになると、意外と馬鹿にできない金額です。

1回払って終わりなのではなく、13年以上乗っている限り値上がりしたままなのがきついですよね。

さらに長く乗っていれば故障しやすいですし、メンテナンス費もかかります。

なので、13年以上乗っていると維持費が今まで以上にかかることになります。

それならばいっそ車を買い替えてしまったほうが維持費が安くなるので、車の買い替えを検討したほうがいい時期だと思います。

13年以上乗っている古い車であっても車買取業者によっては買い取ってもらえる可能性があります。

なので、今のうちに一度どれくらいの金額で売れるのか調べておくことをお勧めします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

 

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す