あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車買い替え時の自賠責保険の変更手続きは?還付金はあるの?

車を買い替えるときにはいろいろな手続きが必要になっています。

その中でも自賠責保険は車を運転するときに重要なものですよね。

  • 車買い替え時に自賠責保険の変更の手続きは必要なのか?
  • 余分に払っている自賠責保険料の返金はあるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車買い替え時の自賠責保険について詳しく説明していきます。

1.車買い替え時に自賠責保険の変更手続きは必要なのか?

車買い替えるときに、自賠責保険の変更手続きは必要ありません。

 

自賠責保険はすべての車に加入が義務付けられているものです。

運転手ではなく車が入る保険という感じで、事故の被害者への補償のためのものとなっています。

そのため新車購入時や車検の時に自賠責保険料を支払うことになっています。

新しい車を買うときにはその時に自賠責保険料を支払って加入しているというわけなので、特に手続きが必要ないんです。

 

また中古車を購入する場合は、前の車の所有者や中古車販売店が支払っています。

たいていの場合は車の代金に自賠責保険料が含まれていると思って大丈夫です。

なので、新車でも中古車でも車を買い替えた時には、自賠責保険の手続きをわざわざしなくても自動的に加入している状態になるので安心してください。

2.車買い替え時余分に払った自賠責保険料は還付されるのか?

「車を買ったときの値段の中に自賠責保険料が含まれているのだとすると、前の車の自賠責保険料と2重で支払わなければいけないのか?」

という疑問が湧いてくると思います。

自賠責保険料は車検のタイミングで支払うことになるので2年間まとめて支払うことになります。

車検ギリギリで車を売れば余分な自賠責保険料はありませんが、途中で車を買い替えた場合には余分に自賠責保険料を支払っていることになりますよね。

その余分な自賠責保険料は還付金として返金されるのでしょうか?

 

結論を言いますと

  • 車を廃車にする場合:還付金が戻ってきます
  • 車を下取りや買取に出す場合:還付金は戻ってきません

今乗っている車を廃車にした新しい車を購入する場合であれば、月割で計算されて戻ってきます。

6か月分余っているなら、6か月分の自賠責保険料が返金されます。

 

ただ車を下取りや買取に出す場合は、還付金としては戻ってきません。

その代わりに査定額に自賠責保険料の還付金が含まれる形で戻ってくることになります。

そのため今の車を廃車にしても下取りや買取に出しても、自賠責保険料の分で損をすることはありません。

返金の形が違うだけで結果として得るお金としては違いはありません。

 

ただ気を付けたいのは下取りや買取で車を売る場合、業者としては少しでも安く買い取ろうとします。

中には自賠責保険料の分の金額を入れない業者もいます。

なので、車を高く売りたければ複数の買取業者の査定額を比較することおすすめします。

提示された査定額の中から最高額の業者を選べば車の売却で失敗することはありません。

こちらの一括査定サイトを使うことで30万円以上相場よりも高く売れた人が続出しています。

車の買い替えを検討しているのであれば、今のうちに査定額を調べておくことをおすすめします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す