あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車購入・買い替えに必要な頭金はいくら?いつまでに用意?

車の買い替えで新しい車を購入するときに一括で購入ができず自動車ローンを組む人もいるかと思います。

  • 車を購入にかかる頭金の相場はいくらか?
  • 車に買い替えるときに頭金なしで中古車を買えるのか?
  • 頭金はいつまでに用意すればいいのか?

などいろいろと気になることはあるかと思います。

そこでこの記事では車の購入・買い替え時の頭金について詳しく説明していきます。

1.車の購入するときの頭金の相場はいくら?

結論を言いますと、車の購入時に頭金の相場は車の代金の2~3割程度と言われています。

もし200万円の車を購入する場合、40万円~60万円ほどの頭金を用意するのが相場ということです。

もちろんお金に余裕があるのであれば、それ以上の金額を頭金にしても大丈夫です。

支払いが厳しいようならば、もっと減らして車の購入代金の1割程度にするというのもありです。

2.車を購入するとき頭金を入れるなら何年ローンを組むべき?

何年ローンを組むべきかは、ローンの金額や毎月無理なく支払える金額によって変わります。

 

例えば、車の購入代金200万円で金利5%の自動車ローンを組んだ場合

3年払い(36回払い)でローンを組んだ場合

毎月の支払金額:6万円
総支払金額:215万円

5年払い(60回払い)でローンを組んだ場合

毎月の支払金額:3万7000円
総支払金額:226万円

 

このように実際にシミュレーションをしてみて、無理なく支払える金額なのかをチェックすることをお勧めします。

次に購入する車の代金がおおよそでも決まっている場合には、こちらのシミュレーションを使ってください。

 

ちなみに頭金を支払うことで毎月の支払金額と総支払金額の2つを減らすことができます。

無理なく支払える金額になるように頭金を支払うことが大切です。

3.車を購入するとき頭金なしで自動車ローンを組める?

実は車を購入で自動車ローンを組むからと言って必ずしも頭金を用意しなければいけないわけではありません。

頭金なしでも自動車ローンを組むことはできます。

それをフルローン(全額ローン)と呼びます。

貯金があっても崩したくないという人は、頭金さえもお金を用意することが難しいという場合にはフルローンで自動車ローンを組んで車を購入することができます。

4.頭金なしで自動車ローンを組む場合のデメリットとは?

頭金なしでも自動車ローンを組むことはできますが、注意点としてデメリットがあることを知っておいてください。

  • 合計の支払い金額が高くなる
  • 毎月のローンの支払い金額が高くなる

この2つのデメリットがあります。

頭金として最初にまとったお金を必要としない分、その後の支払いは少し大変になります。

 

逆に頭金を支払うことで、その後の支払いは楽になります。

ただよほどお金に余裕がある場合を除き現金一括払いはお勧めしません。

現金一括払いでの購入が最も安く車を購入する方法ですが、貯金がなくなってしまうのは危険です。

車以外でも急な出費があった場合に対処することができません。

それならある程度の頭金を支払ってローンを組んだほうが、今後の生活を送る上での安心感が違います。

・頭金とローンの審査の関係性はあまりない

「頭金を入れたほうが審査が通りやすくなる」

という話を聞いたことがあるかもしれません。

頭金を入れることで借りる金額が安くなるので審査が通りやすくなるという話なのです。

 

しかし、実は頭金と自動車ローンの審査にはあまり関係がないのです。

購入金額の2~3割程度では、そこまで金額が安くなるわけではありません。

私たちにとっては大きな金額差でも銀行からしたらそこまでの差はないんですよね。

自動車ローンの審査では

  • 勤め先はどこか?
  • 勤続年数は何年か?
  • 年収はいくらなのか?
  • 他に借金はないか?
  • 今まで返済で滞ったことはないか?

などのほうがはるかに重要になります。

よほど高額な金額で自動車ローンを組まない限りは頭金の有無は審査に関係ないと思ったほうがいいでしょう。

5.頭金は車購入時のいつ支払うの?いつまでに準備すればOK?

車を購入するときどのタイミングで頭金を支払わなければいけないのかって結構気になりますよね。

それなりの金額なのですぐに用意しろと言われても準備できない場合もあります。

車購入の契約を結んだあと納車されるまでの間に頭金を入金するように指示してくることが多いです。

 

ただ細かい期日はディーラーや販売店ごとに変わってきます。

例えば、契約後の税金関係の支払いで使うために1週間以内に頭金を入金してほしいという場合もあります。

2~3か月先の納車でその前までであればいつでもいいという場合もあります。

契約を結んですぐに支払わなければいけないというわけではないので、お金を用意する時間は十分にあるかと思います。

いつ頭金を支払わなければいけないのかは、車を購入するときにディーラーや販売店に確認しておきましょう。

6.車の購入費用を抑える方法は?車を高く売って頭金を用意する!

車の購入費用を抑えるため方法として今の車を高く売るという方法があります。

今の車を高く売ることができればそれを頭金にしてその分安く新しい車に買い替えることができます。

ただ車の売却代金は車を引き渡した後に入金されることが多いです。

少し早めに車を売却してしまって、その間は代車を借りることで頭金を用意することができます。

今まとまったお金がないという場合でも車を売却することで頭金を用意することができます。

 

もし車を高く売りたいのであれば、複数の車買取業者の査定額を比較することをお勧めします。

同じ車でも車買取業者が異なれば、30万円以上の査定額の差が出ることもあります。

こちらの一括査定サイトを使うことで多くの人が車を高く売却することに成功しています。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す