あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

事故車を放置していても自動車税はかかるのか?

事故車をすぐに修理したり処分できたりするわけではないので、一定の期間放置している人もいるかと思います。

  • 事故車の所有には税金がかかるのか?
  • 事故車の税金の支払いを逃れるにはどうすればいいのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では事故車と税金について詳しく説明していきます。

1.事故車を放置していると自動車税はかかるのか?

例えば3月下旬に交通事故を起こして修理をしようか買い替えようかと思っていたら、5月に自動車税の請求書が届いたなんてケースもありますよね。

この場合事故車であっても自動車税を支払わなければいけないのでしょうか?

結論を言いますと、自動車税は払わなくてはいけません。

 

自動車税の請求は4月1日の時点で車を所有している人のところに請求書が届きます。

仮に事故車で動かない車であっても車を所有していることには変わりがないので、支払わなければいけません。

また基本的に自動車税はまとめて年払いになりますが、放置している間も実質的には自動車税を支払っていることになります。

あとで紹介する方法を使えば、自動車税の還付を受けられたり返金してもらえたりします。

余計な自動車税を支払わないためにも早めに対応することをお勧めします。

2.事故車を抹消登録すれば自動車税はかからなくなる

自動車税の支払いを止めたければ、抹消登録を行う必要があります。

抹消登録には「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2種類がありどちらの方法でも自動車税の支払いを止めることができます。

 

一時抹消は一時的に廃車状態にすることができますが、再度申請することで一時抹消登録を解除することができます。

再び車に乗る予定があるという場合には、一時抹消登録を選ぶことになります。

それに対して永久抹消登録は車を廃車にするときに行う手続きです。

あとで車に乗るということはできないので、その車を廃車処分する場合にのみ選ぶことになります。

 

事故車であればその車をどうするかによって変わりますね。

  • 修理して乗り続ける予定があるのであれば一時抹消登録
  • 修理はせずに廃車にするのであれば永久抹消登録

を選ぶことになります。

ただ比較的早めに修理する予定であれば、いちいち一時抹消登録の手続きをする手間がかかるので基本的にはやりません。

3.事故車は放置するよりも車買取業者に売却するのがおすすめ!

事故車にはもう乗らないという場合には無駄に放置するよりも車買取業者に売却したほうがいいです。

仮に事故車で動かない場合であっても車買取業者であれば買い取ってくれる可能性があります。

車買取業者によっては、使えるパーツを取って販売したり、鉄くずとして売ることで利益を出すこともできます。

そのため事故車であっても有料で買い取ってくれる可能性があるのです。

 

普通に廃車にするとなると、廃車費用が4~10万円ほどかかります。

廃車費用をかけるくらいでしたら、数万円でも値段がついたほうが嬉しくないですか?

もちろん必ずしも値段がつくとは限りませんが、それでも無料で引き取ってくれるという業者を見つけることができるでしょう。

なので、事故車を処分したいのであれば、こちらの一括査定サイトを使うことをお勧めします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す