あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の見積もり比較で相場より安い保険を選ぶだけは後悔する!

自動車保険は一度契約したらそのまま更新し続ける人が多いです。

でも、それってめちゃくちゃ損してるって知っていましたか?

実はとても簡単な方法で保険料を安くすることができるんです。

 

その方法とは

一括見積りサイトを使って、保険料を比較するだけです。

どれくらい安くなるのかというと、私はこんな感じでした。

・A社 7万5千円
・B社 6万円
・C社 4万5千円
・D社 6万5千円
・E社 5万3千円
(更新の場合:8万5千円)

85000円-45000=4万円も安く!

>>とりあえず一括見積りで自動車保険料を調べてみる

 

このように一括見積りを使って比較をすることで、自動車保険料を安くすることができます。

ただこれにも欠点が1つあります。

それは自分で保険の内容を決める必要があるということです。

 

仮に今と同じ補償内容で比較しても、保険料を安くできるでしょう。

でも、自動車保険料を下げるためには、余計な補償は外したほうがいいです。

知らず知らずのうちに余計な保証がついて、保険料が高くなっている人って結構多いんですよね。

あとで知って後悔したって人もたくさんいます。

とはいえ、本当に必要なものを削ったら保険の意味がなくなるので、バランスが難しいです。

 

そこで自動車保険の素人でも簡単にわかるように、必要な保険の内容をまとめました。

1.決定版!必要な自動車保険の補償内容

そもそも保険とは、損害が発生したとき自分では賄えきれずに破産するのを防ぐためのものです。

自分で何とかできそうな部分についてはつける必要がありません。

必要のない保険に入っていると、無駄にお金がとられただけで結局使わなかったなんてことになります。

これが必要最低限の補償内容と入っておく価値がある補償です。

これ以外は不要と思って構いません。

絶対に入るべき!必要最低限の補償内容

対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 5000万円

※「無保険車傷害保険」と「自損事故保険」も必要ですが自動的につくことが多いので検討対象外。

人によっては入ったほうがいい補償内容

車両保険 : 購入時にかかった金額(1年目の場合)

入っておく価値がある補償

弁護士費用の補償
対物超過修理費用の補償

それぞれの補償内容について詳しく解説していきます。

2.絶対に入るべき自動車保険はこれだ!

・対人賠償保険は無制限で入っておくべき

事故を起こしたときに、他人をケガさせてしまった場合に使える保険です。

自賠責保険(強制保険)にも対人賠償保険が含まれています。

しかしその金額は不十分なんです。

 

自賠責保険の場合、けがの場合は最高120万円、死亡の場合で最高3000万円、後遺障害の場合で最高4000万円なっています。

しかし、実際の人身事故の判決では1億円を超えることは珍しくありません。

3億円を超えるケースもあるので、交通事故で人生が台無しにならないように、無制限の対人賠償保険には入っておく必要があります。

・対物賠償保険は無制限で入っておくべき

事故を起こしたときに、他人の物を壊してしまった場合に使える保険です。

交通事故で相手の車が壊れてしまった、民家や店舗に突っ込んでしまった場合などの賠償に使われます。

人身事故ほど多くはないのですが賠償金が1億円を超えるケースもあります。

 

というのも、対物賠償には「直接損害」と「間接損害」があり、それが合わさると賠償金が跳ね上がるケースがあるんです。

直接損害は、相手の車や塀、ガードレール、家、店舗などの修理代などです。

間接損害は、事故が起こらなれば得られるはずだった利益を事故によって失ってしまった場合の利益のことを指します。

 

例えば、お店に車を突っ込んでしまった場合、お店を修繕中は営業できなくなります。

すると、そのお店のオーナーは修繕中の利益を失うことになるので、その賠償をしなければいけないのです。

どこでどんな事故が発生するか分からないので、対物賠償保険も無制限で入っておいたほうがいいです。

・人身傷害保険は車内の補償で5000万円がおすすめ

人身損害保険は、自分または家族が交通事故でケガや死亡をした場合のための保険です。

あなたの過失の割合にかかわらず保証してくれる金額です。

 

交通事故が起こった時、必ず相手から賠償金がもらえるとは限りません。

ひき逃げや相手が任意保険に加入しておわず支払い能力がない場合、相手側からの賠償は期待できません。

また、相手側から100%の過失でない場合は自費で賄わなければいけないこともあります。

例えば、出会いがしらの交通事故の場合、こちら側にも過失があります。

過失の割合が30対70(自分が30、相手が70)の場合、治療費が2000万円かかったとしたら、自分も600万円は出さなければいけないのです。

 

特に大けがをした場合、仕事をすることもできなくなり収入は激減します。

そんな状況でも問題なく治療できるように人身傷害保険もつけておいたほうが安心です。

 

ただ自動車保険料を安くしたいなら無制限をつける必要はありません。

相手が任意保険に入っていればある程度は払ってもらえるので、そこまで最悪のケースを想定する必要はないでしょう。

3000万円で充分と言っている情報サイトもありますが、わずかな金額で5000万円にできるので、個人的には5000万円がお勧めです。

 

また人身損害保険には「車内の補償」と「車外の補償」があります。

車外の補償まで含めると高くなるので、車内の補償だけで充分です。

 

必要最低限の保険内容はこの3つです。

対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
人身傷害保険 : 5000万円

最も安い自動車保険料にしたい場合は、この3つで保険料を調べて一番安いところを選びましょう。

>>とりあえず自動車保険料を調べてみる

・搭乗者傷害保険は不要です

搭乗者傷害保険は、契約した車に乗っている人が全員が対象で、ケガをしたときに、ケガの状態や部位に応じてあらかじめ決まっている金額が支払われます。

この保険をつけている人は多いのですが、それはよく分からずにつけていることがほとんどです。

実は搭乗者傷害保険は人身傷害保険でカバーできる保険です。

なので、人身傷害保険に入っているのであれば、搭乗者傷害保険は不要です。

・無保険車傷害保険(基本的に自動的につく)

主に交通事故にあったときに相手が任意保険に加入していない場合に使える保険です。

交通事故を起こした人の15%が任意保険の対人賠償保険に入っていないと言われています。

そのため万が一に備えるという意味でも必要な保険です。
※基本的に自動的につくことが多いです。

ただし対象となるのは、死亡や後遺障害のみとなっています。

ケガをした場合には、相手の自賠責保険(強制保険)の最高120万円が主な補償となります。

・自損事故保険(基本的に自動的につく)

単独で事故を起こしてしまった場合で、自分や同乗者がケガや死亡、後遺障害などの障害が発生した場合に使える保険です。

例えば

  • ハンドル操作を間違えて電柱にぶつかった
  • コーナーで曲がり切れずにガードレールにぶつかってしまった

などの事故でケガをした場合などで補償される保険です。

人身傷害保険に入っている場合には、この内容も含まれるので、付ける必要はありません。

また自動的につくことも多いです。

3.人によっては付けたほうがいい自動車保険

・車両保険は新車やローンやリースの場合のみでOK

車両保険は、車が壊れた時に補償してくれるものです。

事故はもちろんですが、いたずらにあったときの修理費なども補償してもらえます。

 

ただこの車両保険の保険料はとても高いです。

付けるか付けないかで年10万円以上の違いが出るので、保険料を安く抑えるためにもつけないようにしましょう。

車両保険をつけるくらいなら、その分を貯金をしておくくらいの対応で十分でしょう。

 

ただし、新車で買った場合、ローンやリースの場合は、つけておいたほうがいいです。

ローンが残っている状態で車が壊れると、車は使えなくなり借金だけが残ってしまいます。

リースの場合も、その車を弁償しなければいけないので、多額のお金が必要になります。

 

新車やローンの場合、買ったばかりの頃は付けておいて、後から外すということもできますね。

「壊れて乗れなくなり、新しい車を買うお金がない」という状況になる可能性がある場合は付けておいたほうが安心です。

4.入っておく価値があるおすすめの自動車保険

自動車保険には様々な特約があり、あらゆることの補償をしてもらえます。

ただすべてに入っていたら、自動車保険料も高くなるので、入る価値のある特約を見極めることが大事です。

 

個人的に入っておく価値があると思うのが「弁護士費用特約」「対物超過修理費用補償特約」です。

これはそれぞれ月々数百円程度でつけることができるので、自動車保険料を抑えつつ安心を手に入れることができます。

・弁護士費用特約

交通事故を起こした場合、基本的に保険会社が対応をしてくれます。

そういった意味では、弁護士費用特約は必要ないケースも多いです。

しかし、もらい事故の場合、あなたの保険会社は対応してくれません。

いわゆる相手が100%悪い場合には、保険会社は関係なくなるので、対応してくれないんです。

 

もらい事故の場合、自分で相手もしくは相手の保険会社と交渉をすることになります。

すんなり示談がまとまればいいですが、揉めることのほうが多いです。

保険会社も少しでも賠償金額を減らそうとしてくるので。

 

こんな場合でも弁護士費用特約があれば、代わりの交渉をやってもらえるので安心です。

法律に詳しくない人や問題解決に手間がかかるのが嫌な人は入っておいたほうがいいです。

弁護士費用特約の保険料は月々数百円程度なので、不安な人は入る価値があります。

・対物超過修理費用補償特約(保険会社によっては自動的につく場合もあります)

修理費が相手の車の時価額を超えた場合に使われる保険です。

例えば、相手の車が古い場合、その車の時価が10万円だけれど、修理をすると30万円かかるなんて言うケースがあります。

その場合、法律上ではその車の時価を支払えばOKということになっています。(この例の場合だと10万円)

対物超過修理費用補償特約に入っていれば、修理代との差額も相手に支払うことができるのです。

 

ただここで一つ疑問があると出てくると思います。

「法的に支払う必要がない補償のために、保険に入る必要はあるのか?」

ということです。

 

でも、これには「示談交渉を円滑に進められる」というメリットがあります。

相手が修理を希望した場合に、この特約がないと示談が揉める原因になります。

交通事故にいつまでも決着がつかないという精神的負担は計り知れないでしょう。

付けても月々数百円程度なので、付けておくことをお勧めします。

※自動的につく保険会社もあります。

まとめ

自動車保険料を安くしたい場合、更新する際には以下の内容がお勧めです。

・おすすめの自動車保険の補償内容

対人賠償保険 : 無制限
対物賠償保険 : 無制限
搭乗者傷害保険 : なし
人身傷害保険 : 5000万円
車両保険 : 人によっては入ったほうがいい
弁護士費用の補償 : 入る価値あり
対物超過修理費用の補償 : 入る価値あり

 

この基準を参考にしながら必要事項を埋めていき、一括見積で比較して、最も安い保険会社を選びましょう。

>>とりあえず自動車保険料がいくらになるか調べてみる

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す