あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の対物賠償の金額はいくらに設定すべき?

  • 自動車保険の対物賠償の金額はいくらに設定するのがいいのか?
  • 自動車保険の対物賠償の範囲はどれくらい?
  • 自動車保険の対物賠償は無制限にする必要がないって本当?
  • 自動車保険の対物賠償の免責とは?免責金額を設定する意味とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険の対物賠償保険について詳しく説明していきます。

1.自動車保険の対物賠償保険の金額はいくらに設定するべきか?

交通事故を起こしたときに他人の所有物に損害を与えてしまったときに、対物賠償保険を使うことになります。

最もよくあるのは、相手の車に関する補償です。

交通事故で壊れてしまった車の修理代や代車の費用、レッカー代、廃車費用など

相手の車のほかにも、家やお店に突っ込んだ場合や踏切やガードレールを損傷した場合には、使われることになります。

そんな対物賠償保険ですが、金額はいくらに設定するべきなのでしょうか?

 

最もおすすめなのが、無制限の対物賠償保険です。

車の修理代程度であれば、1000万円もあれば十分なのですが、お店に損害を与えた場合は、請求金額が非常に高額になることがあるからです。

例えば、過去の対物高額賠償の金額を簡単に紹介すると

  • 2億6135万円(洋服や毛皮の積み荷)
  • 1億3580万円(パチンコ店)
  • 1億2037万円(電車・線路・家屋)
  • 1億1798万円(トレーラー)
  • 1億1347万円(電車)

と1億円を超えるような損害賠償を請求が来ることもあるのです。

万が一に備えるという意味では、対物賠償保険の金額は無制限に設定おいたほうがいいです。

・対物賠償保険の金額を無制限にしても保険料はそれほど変わらない

対物賠償保険の金額を無制限に設定しておくのを勧める理由としては、無制限にしたからと言って、保険料が非常に高くなるということがないからです。

年間の保険料で数百円程度しか違いません。

億単位の損害賠償金を請求されることはまれなので、それほど保険料が高くなるわけではないんです。

少しの保険料で無制限で補償をしてもらえるのであれば、十分に価値があると思います。

補償内容が同じでも、保険会社が違うだけで自動車保険料が安くなることもあります。

自動車保険の加入・更新を予定しているのであれば、一度保険料を比較してみることをお勧めします。

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

2.自動車保険の対物賠償保険の補償範囲とは?

対物賠償保険の補償範囲は基本的には「他人の財物」に限られます。

交通事故を起こしたときに、直接損害を与えた場合だけでなく、間接損害で与えた損害についても対物賠償保険の補償範囲となっています。

直接損害というのは、交通事故を起こしたときに直接損害を与えたものになります。

例えば、相手の車の修理代、レッカー代、ガードレール、家など

間接損害というのは、交通事故を起こしたことによって間接的に損害が出る部分に当たります。

例えば、お店に車が突っ込んだ場合、そのお店はしばらくの間休業しなければいけません。

営業できないことによって生じる損害についても、対物賠償保険で賄えるのです。

3.自動車保険の対物賠償保険の免責とは?

自動車保険の対物賠償保険では、どんな場合でも必ず保険金がもらえるわけではありません。

免責事由に当てはまる場合には、対物賠償保険は適応されないので注意してください。

  • 記名被保険者が所有・管理・使用している財物
  • 被保険自動車を運転中の人の所有・管理・使用する財物
  • 被保険自動車を運転中の人の配偶者・父母・子の所有・管理・使用する財物
  • 被保険者の所有・管理・使用する財物
  • 被保険者の配偶者・父母・子供が所有・管理・使用する財物
  • 被保険者の使用者の所有・管理・使用する財物

簡単に言うと、保険の契約者や家族の所有する財物に関しては、補償されないということになります。

・対物賠償保険に免責金額を設定する意味とは?

対物賠償保険には、補償が適応されないという意味での免責がありますが、それとは別に免責金額というのがあります。

免責金額を設定することで、その金額までは対物賠償保険を利用しないことができます。

対物賠償保険を利用してしまうと、3等級下がってしまいます。

ちょっとした事故で損害賠償が小さいのならば、自動車保険を利用しないほうがお得な場合もあるわけです。

数万円程度であれば、等級が下がることによって起こる保険料の値上がりに比べれば、自腹のほうがお得だと思います。

わずかな損害で対物賠償保険を利用したくない場合は、免責金額を設定しておくことをお勧めします。

もし他の保険会社に切り替えるのであれば、同じ補償内容でも保険会社を比較することで保険料を安くすることができますよ、

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す