あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の車両保険はいらない?金額の違いとは?

  • 自動車保険の車両保険はどんな場合にいらないのか?
  • 自動車保険の車両保険の金額の相場はどれくらいか?
  • どういった場合には自動車保険の車両保険は必要なのか?
  • 自動車保険の車両保険の免責金額とは?
  • 自動車保険の車両保険を使うと等級が下がるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険の車両保険について詳しく説明していきます。

1.自動車保険の車両保険とは?

車両保険は車が事故によって損傷したり盗難されたりした場合に保険金が支払われる保険となっています。

具体的な例を挙げますと

  • 車同士の事故で車が故障した
  • 落書きやいたずらをされた
  • 車が盗難にあった
  • 当て逃げされた

などのケースがあります。

・交通事故を起こしたのであれば相手側から修理代が支払われるのではないか?

車同士の交通事故を起こした場合、対物賠償として保険金が支払われることがあります。

ただ車同士の交通事故の場合は過失割合があります。

10対0で相手側が悪い場合には、車の修理代や買い替え費用を全額支払ってもらえます。

しかし、逆に10対0で自分が悪い場合には、自分の車の修理代金は自分で払わなければなりません。

実際には10対0に過失割合がなることはほとんどなく、中途半端な数字になります。

8対2で過失割合が増えたら、自分の過失の分は自払いで修理代を支払う必要があります。

そのため修理代をいくらか自分で支払わなければならないことがほとんどです。

2.自動車保険の車両保険はどんな必要なのか?古い車の場合はいらない?

仮に車同士の交通事故を起こしたとしても、自分の車の修理代を支払わなければならないことがあります。

また交通事故の相手がいなければ、当然自分で車の修理代金を全額支払わなければいけません。

そういったもしもの時に備えるためにも車両保険に入っておくのはありだと思います。

 

特に新車や高級車など価値の高い車の場合は、車両保険に入っておいた方がいいです。

万が一、交通事故で全損となった場合、何百万円という損害を被ることになります。

高価な車には車両保険に入っておいた方が、万が一のときには安心です。

 

それに対して古い車であれば、仮に交通事故で全損となったとしても、損害が小さいです。

毎年の保険料を考えると、節約のために、車両保険に入らないのもありだと思います。

補償内容が同じでも、保険会社が違うだけで自動車保険料が安くなることもあります。

自動車保険の加入・更新を予定しているのであれば、一度保険料を比較してみることをお勧めします。

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

3.自動車保険の車両保険の免責金額とは?

自動車保険の車両保険に入るときに少しでも安くしたいのであれば、免責金額を設定しておくことをお勧めします。

免責金額とは、修理代の自己負担分の金額になります。

例えば、免責金額を5万円に設定した場合、交通事故を起こして50万円の修理代がかかるときには、5万円は自己負担となり、残りの45万円が車両保険によって支払われます。

 

修理代の自己負担を少しでも減らしたい場合には免責金額を設定する必要はありません。

でも、高額な修理代に備えることができればいいという場合には免責金額を設定したほうが保険料が安くなります。

・車同士の交通事故の場合は自己負担がなくなることも

事故が起きた場合、免責金額によって修理代の自己負担になるのが基本です。

しかし、車同士の交通事故の場合、相手側から損害賠償をもらうことができます。

相手からの損害賠償は、免責金額に優先的に充てられることになっています。

 

例えば、事故の修理代が40万円で、相手の過失割合が60%の時、損害賠償として24万円支払われることになります。

この時、10万円の免責金額を設定していた場合、損害賠償金はこの10万円に優先的に支払われることになります。

結果として、車両保険で16万円支払われることになります。(自己負担0円)

このように免責金額を設定して車両保険に入っていたとしても、必ず自己負担をしなければいけないわけではありません。

そのため保険料を安く抑えるためには、許容できる範囲で免責金額を設定することをお勧めします。

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

4.自動車保険の車両保険を使うと等級は下がるのか?

自動車保険の車両保険を使うと等級は下がってしまいます。

ただ車両保険の場合には1等級ダウンの場合と3等級ダウンの場合があります。

  • 1等級ダウンの場合:火災・爆発、落書きやいたずら、台風や洪水などの災害、飛び石による破損、盗難
  • 3等級ダウンの場合:当て逃げ、電柱やガードレールへの衝突、車同士の衝突・接触、墜落・転覆

運転手の責任を伴うような車の破損の場合には3等級ダウン

運転手の責任には関係なしの車の損傷の場合には1等級ダウン

という形になっています。

等級が下がることで翌年の自動車保険料は上がってしまいます。

なので、ちょっとした事故であれば車両保険を使わないというのも選択肢の一つですよ。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す