あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の見直し時期はいつがおすすめ?見直しポイントは?

  • 自動車保険の見直し時期でおすすめはいつ?
  • 契約途中で自動車保険の見直すのはありか?
  • 満期前に自動車保険を見直したほうがいいのか?
  • 自動車保険を見直すときのポイントとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険の見直しについて詳しく説明していきます。

1.自動車保険の見直し時期はいつがおすすめ?

自動車保険の見直し時期は、満期前がおすすめです。

自動車保険の更新の通知が来てから、次の自動車保険会社を選ぶというのが一番いいです。

新車を購入した場合や車を使わなくなったときなどめったな場合を除いては、満期前に見直せば十分だと思います。

満期前の更新のタイミングで見直すのがいい理由としては、途中で自動車保険を変更するときにデメリットがあるからです。

・満期前の契約途中で自動車保険を切り替えるデメリット1:解約返戻金が少ない

自動車保険を契約途中で切り替えるときには、昔の保険会社の方は解約返戻金をもらうことになります。

しかし、解約返戻金は、単純な月割で見経過分の保険料を返してくれるというわけではありません。

短期率に従って、経過月数においての保険料が決まってきます。

期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1ヶ月まで 25%
2ヶ月まで 35%
3ヶ月まで 45%
4ヶ月まで 55%
5ヶ月まで 65%
6ヶ月まで 70%
7ヶ月まで 75%
8ヶ月まで 80%
9ヶ月まで 85%
10ヶ月まで 90%
11ヶ月まで 95%
12ヶ月まで 100%

仮に6か月目で保険を解約したとしても、保険料の30%ほどしか解約返戻金が戻ってこないことになります。

途中で自動車保険を切り替えるともったいないです。

・満期前の契約途中で自動車保険を切り替えるデメリット2:等級が上がらない

自動車保険の等級は1年間無事故だった場合に、1等級上がる仕組みになっています。

もし途中で自動車保険を切り替えると、等級が上がらずに昔の等級で契約することになります。

途中で切り替える分、長く低い等級で自動車保険を契約しなければいけないことになります。

例えば、1月から契約を始めて、7月に自動車保険を切り替えた場合には、来年の7月にならないと等級が上がらないということです。

このように途中で自動車保険を見直すとデメリットがあるので、満期前の更新のタイミングで見直しをすることをお勧めします。

2.自動車保険を見直すときのポイントとは?

自動車保険を見直すときには、いくつかの見直しポイントがあります。

せっかく自動車保険料が安くなるのに、そのまま放置しておくのはもったいないです。

またきちんとした補償内容を選ばないと、万が一事故にあったときに補償されないということもあります。

なので、自動車保険を見直すときには以下のポイントに気をつけましょう。

・運転する人の年齢

自動車保険には「運転者年齢条件」があります。

運転者の年齢に条件を付けることで、保険料を安くすることができます。

  • 全年齢
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上
  • 35歳以上

という区分になっていることが多いですが、保険会社によって若干区分は異なります。

もし年齢が上がった場合には、保険料が安くすることができます。

なので、上で紹介した年齢区分になった時には、一度自動車保険を見直すことをお勧めします。

・車を運転する人の範囲

自動車保険には「運転者限定特約」があります。

運転者を限定することで、保険料が安くなる仕組みです。

  • 本人限定
  • 本人・配偶者限定
  • 家族限定
  • 限定なし

「子供が車を運転する年齢になった」「結婚して配偶者ができた」「子供が独り立ちして車に乗らなくなった」など車を運転する人が変わった場合には、運転者限定を見直す必要があります。

・車を運転する頻度や目的

自動車保険は「使用目的」や「年間走行距離」によって保険料が変わってきます。

使用目的には

  • 業務
  • 通勤・通学
  • 日常・レジャー

の3分類があります。

もし今まで通勤で使っていたけれど電車通勤に変えて車を使わなくなったという場合や、休日にしか使っていなかった車を通勤に使うようになったという場合には、使用目的を見直す必要があります。

また年間走行距離は

  • 3000km以下
  • 5000km以下
  • 7000km以下
  • 9000km以下
  • 11000km以下

と分かれていることが多いですが、保険会社によって走行距離の区分は異なります。

なので、引っ越しをして車を運転する機会が減ったという場合や逆に車を運転する機会が増えたという場合には、走行距離を見直す必要があります。

・ゴールド免許

ゴールド免許を取得すると、保険料が安くなるゴールド免許割引があります。

これはゴールド免許を取得したら自動的につくわけではないので、きちんと申請をする必要があります。

記名被保険者がゴールド免許になった時には、忘れずに手続きをしましょう。

まとめ

このように自動車保険を見直す必要があるタイミングがあります。

また補償内容が同じであっても保険会社が変えるだけで、保険料を安くすることもできます。

なので、自動車保険の更新前には一度自動車保険を見直すことをお勧めします。

複数の保険会社の見積もりをとって比較をすれば、一番安い保険会社と契約することができますよ。

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す