あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の解約の手続き方法と注意点とは?返戻金はある?

  • 自動車保険を解約するとき返戻金は日割り?月割?
  • 自動車保険を解約すると等級はどうなるのか?
  • 自動車保険の解約手続きは電話だけでいいの?
  • 自動車保険の解約手続きに必要な書類とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険の解約手続き方法と注意点について詳しく説明していきます。

1.自動車保険の解約手続き方法とは?

自動車保険を解約する場合には、あなたが契約している保険会社もしくは代理店に連絡をします。

解約したい旨を伝えると、保険会社もしくは代理店は「解約申込書」などの解約手続きに必要な書類が送られてきます。

あとは必要な書類を記入して、返送すれば手続きを行うことができます。

またダイレクト型の保険会社の場合には、ウェブサイトから解約手続きを行える場合もあります。

 

もし他の保険会社に切り替えるのであれば、同じ補償内容でも保険会社を比較することで保険料を安くすることができますよ、

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

・自賠責保険の解約手続きに必要な書類とは?

任意保険であれば、保険会社もしくは代理店に連絡をすれば、解約を行うことができます。

しかし、自賠責保険の場合は、公道を走る車に加入が義務付けられているので、解約するためにはいくつか必要書類があります。

解約を行うために必要な書類は、車を廃車にしたことを証明する書類が必要となります。

登録自動車の廃車を確認できる書類(いずれか1点でOK)

  • 解除事由証明書
  • 登録事項等証明書
  • 自動車重量税還付申請書付表1
  • 一時抹消登録証明書
  • 登録識別情報等通知書
  • 輸出抹消仮登録証明書
  • 輸出予定届出証明書

検査対象の軽自動車(三輪・四輪)(いずれか1点でOK)

  • 解除事由証明書
  • 検査記録事項等証明書
  • 自動車重量税還付申請書付表1
  • 自動車検査証返納証明書
  • 軽自動車検査証返納確認書
  • 輸出予定届出証明書

これらの書類を用意し、自賠責保険の保険会社に連絡をすれば、スムーズに解約手続きを行うことができます。

2.自動車保険を解約した場合等級はどうなるのか?

自動車保険は解約した場合、7日以内に別の保険会社と契約をしなければ、等級は最初の等級である6等級に戻ってしまいます。

一度解約した後に、再び車を購入して自動車保険に契約する場合の等級は6等級になると思ってください。

・自動車保険を解約時に中断をすることで等級を維持することができる

自動車保険に加入してせっかく無事故で等級をあげたのにも関わらず、それをリセットしてしまうのはもったいないです。

もし自動車保険解約後に再び自動車保険に加入する予定があるのであれば、中断手続きを行って中断証明書を発行しましょう。

中断証明書があれば、解約したタイミングでの等級を10年間維持しておくことができます。

 

例えば、14等級で車を解約した場合、中断証明書を発行しておけば、4年後に車を購入したときに14等級で自動車保険に加入することができます。

ある程度の期間自動車保険に加入しないのであれば、せっかく上げた等級を無駄にしないためにも、中断証明書を発行しておいた方がいいですよ。

自動車保険の再開するときには、中断証明書が必要になるので、紛失しないようにしっかりと保存しておきましょう。

3.自動車保険の解約で違約金を支払わなければいけないのか?

携帯料金などは途中で解約すると、違約金の支払いを求められることがあります。

しかし、自動車保険の場合は途中で解約したとしても違約金を支払う必要はありません。

なので、契約が切れるタイミングに解約しなくても、必要がなくなった時点で自動車保険を解約することができます。

4.自動車保険の解約をするときの返戻金はあるのか?

自動車保険を解約したとき、余分に支払っている保険料に関しては、解約返戻金としてお金を返してもらうことができます。

・自動車保険の解約返戻金は日割り?月割?

自動車保険の解約返戻金は、日割りではなく月割となっています。

そのため契約満了日までの期間が1か月未満の場合には、解約返戻金は発生しません。

また月払いで保険料を支払っている場合も解約返戻金は発生しません。

・自動車保険の解約返戻金の計算方法とは?

解約返戻金の金額は「短期料率」に従って、すでに経過した期間の保険料が計算されます。

すでに経過した期間の保険料を差し引いた金額が、解約返戻金となります。

短期料率に従って、計算されると、単純な月割の金額よりも金額が小さくなることが一般的です。

 

短期料率は以下のようになっています。

期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1ヶ月まで 25%
2ヶ月まで 35%
3ヶ月まで 45%
4ヶ月まで 55%
5ヶ月まで 65%
6ヶ月まで 70%
7ヶ月まで 75%
8ヶ月まで 80%
9ヶ月まで 85%
10ヶ月まで 90%
11ヶ月まで 95%
12ヶ月まで 100%

 

例えば、3月に自動車保険(5万円)と契約して、8月に解約をする場合、6か月分が残っているので、保険料の半分である2万5000円が返ってくると思うかもしれません。

しかし、実際に戻ってくる解約返戻金は保険料の30%である1万5000円しか戻ってこないということになります。

 

自動車保険を解約するときには解約返戻金の金額に注意しましょう。

もし他の保険会社に切り替えるのであれば、同じ補償内容でも保険会社を比較することで保険料を安くすることができますよ、

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す