あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

自動車保険の弁護士特約は必要?不要?どんな時に使えるのか?

  • 自動車保険の弁護士特約は必要か?不要か?
  • 自動車保険の弁護士特約で相談でき内容は交通事故だけ?離婚なども相談できる?
  • 自動車保険の弁護士特約は加害者の時と被害者の時、両方使える?
  • 自動車保険の弁護士特約を使うと等級は下がるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自動車保険の弁護士特約について詳しく説明していきます。

1.自動車保険の弁護士特約が使えるときとは?

・交通事故の加害者でも自動車保険の弁護士特約は使えるのか?

交通事故の加害者であっても被害者であっても、自動車保険の弁護士特約は利用することができます。

ただ気を付けたいのが、加害者の過失割合が10対0の場合です。

弁護士特約は損害賠償請求をするときにかかる弁護士費用を補償するものとなっています。

過失割合が10対0であなたが悪い場合には、損害賠償請求をすることができません。

そのため過失割合が10対0で加害者の場合には、弁護士特約を利用することができません。

 

ただ一般的に交通事故というのは、完全に被害者・加害者を分けるのは難しく、よほどのことがない限り過失割合が10対0になることはありません。

1割でも相手に過失があれば、弁護士特約を利用することができます。

・離婚協議などの交通事故以外でも自動車保険の弁護士特約は使えるのか?

基本的には自動車保険の弁護士特約は、交通事故が起きて揉めた時に利用するものです。

しかし、一部の保険会社では交通事故以外の事柄でも弁護士特約が使えるようになっています。

例えば、ソニー損保、三井住友海上、日生同和損保、アサヒダイレクトでは、日常生活でのもめごとでも弁護士特約を利用することができます。

もし弁護士特約を付けるのであれば、どこまで弁護士を利用できるのかを把握することをお勧めします。

もし他の保険会社に切り替えるのであれば、同じ補償内容でも保険会社を比較することで保険料を安くすることができますよ、

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

2.自動車保険の弁護士特約は付けたほうがいいのか?

自動車保険の弁護士特約のメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 弁護士を利用した場合に費用を補償してもらえる
  • 交通事故の相手との交渉を一任できる
  • 示談金が増える可能性がある

・弁護士を利用した場合に費用を補償してもらえる

弁護士特約では、弁護士費用を補償してもらえるわけですが、交通事故にあったときに弁護士に依頼するといくらかかるのか気になりますよね。

厳密な弁護士報酬の金額は、それぞれの弁護士事務所ごとに異なりますが、一つの目安を紹介します。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円~3,000万円以下の部分 5% 10%
3000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%

仮に500万円の損害賠償金をもらえる場合、以下のような計算式になります。

300万円×(8%+16%)+(500万円-300万円)×(5%+10%)=72万円+30万円=102万円

102万円の弁護士報酬を支払う必要があります。

多くの自動車保険の弁護士特約では300万円まで補償してもらえることが多いです。

交通事故の損害賠償となると意外と高額になるので、弁護士を依頼すると思わぬ出費になることもあります。

・交通事故の相手との交渉を一任できる

交通事故を起こした場合、相手と示談交渉をすることになります。

普通の交通事故であれば、保険会社に示談交渉を任せることができます。

弁護士を利用しなくても保険会社が代わりに動いてくれるので、そういった意味では一般的な交通事故では弁護士の登場するシーンは少ないです。

 

ただもらい事故の場合、過失割合が10対0で相手が悪い場合には、保険会社が代理人として示談交渉をしてくれません。

その場合には自分で示談交渉をするか、弁護士に示談交渉を任せるかになります。

自分で交渉すると相手の保険会社にうまく言いくるめられて、示談金を安く抑えられる可能性があります。

弁護士に依頼をしたほうが、示談金を多くもらえる可能性が高くなりますよ。

・自動車保険の弁護士特約を利用するケースはまれ

弁護士に依頼をしなければいけないケースはまれです。

もらい事故で過失割合が10対0で相手が悪い場合には、保険会社が代理で示談交渉をしてもらえません。

その場合には弁護士に依頼して、面倒な示談交渉を任せるくらいです。

基本的には示談交渉は保険会社にやってもらえるので、弁護士特約を付ける必要性はかなり低いと思います。

基本的には弁護士特約を付ける必要はないと思います。

 

ただ自動車保険の弁護士特約は年間2000~3000円程度と安いので、不安な場合には弁護士特約を付けるのもありだと思います。

もし他の保険会社に切り替えるのであれば、同じ補償内容でも保険会社を比較することで保険料を安くすることができますよ、

>>とりあえず一括見積サイトで自動車保険料を比較してみるならこちら

3.自動車保険の弁護士特約を使った場合、等級はどうなる?

自動車保険料を安く抑えるためには、等級が上げることが大切です。

等級が上がるだけで保険料が安くなるわけですから、等級が下がらないように気を付けたいですよね。

もし弁護士特約を使った場合、等級はどうなるのでしょうか?

弁護士特約だけでは、等級が下がることはありません。

もしもらい事故の場合であなたの過失割合が0の時に、弁護士特約を使ったとしても等級に変化はないので、安心して使うことができます。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す