↑私の古い車でも相場より24万円高く売れました。↑

車の芳香剤の扱い方は?おすすめの置き場所や選び方など

車の中の匂いというのは男女問わず結構気になりますよね。

車の中が臭いというだけでもう乗りたくない、車酔いをしてしまったなんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな車の臭いを取るには芳香剤がおすすめなんですが、正しく扱うことで消臭効果をアップさせることができます。

今回はそんな芳香剤の扱い方を紹介していきます。

1.車の芳香剤と消臭剤の違いは?

車の中の匂いを消したいと思ったときに、あなたはカー用品店で芳香剤と消臭剤のどちらを選びたくなるでしょうか。

そもそも車の中のあの臭いというのはどこからくるのでしょうか。

 

タバコを吸っている方は今も少なからずいますよね。

タバコの煙は知らないうちについてしまって、べっとりにしてしまいます。

タバコを吸わない人にはわからないのですが、あの煙は真上の天井を黄色くするだけではありません。

ダッシュボードやシートなどにも知らないうちに付着しています。

量が少ないのであまり気にならないかもしれませんが、量が多い方は白いタオルで拭くと変色します。

そんなお車が下取りなどで入ってきた場合はかなり臭いがきつく、芳香剤や消臭剤だけでは太刀打ちできません。

なので、最悪は社内の屋根の部分を取り外して丸洗いしたり、O3発生器などの専用マシーンを使って臭いを緩和しています。

 

ちなみにタバコを吸っていると下取りの査定は大きく減額されてしまいますので注意してください。

そのくらいタバコは影響力がありますね。

 

そのほかにもエアコンの中から臭いが出てきているケースはあります。

車を長く乗っているとエアコンの内部にカビが発生することがあります。

臭いの原因はカビから来ていて、その上でエアコンをつけると車内に臭いが充満してしまうということです。

できる限りカビが発生しないようにするためにはエンジンを着る前に外気導入にしてからエンジンを切るなどの日々の気をつけることも大事です。

 

あとは人間から、あるいは動物からの体臭も臭いの原因になっています。

数えだしたらいろんなことが作用して臭いの原因になっているので、タバコなどはまだ防ぐことができても、体臭はどうしようもない部分でもあります。

 

その上で芳香剤と消臭剤の違いは何でしょう。

香りを発生させて臭いを消していくのが芳香剤

臭いを吸い取って臭いを消していくのが消臭剤となっています。

芳香剤はたくさんの種類の匂いの中から好みのものを選んで車内に置くもので、車内の嫌な臭いを好みの良い香りでかき消してくれます。

消臭剤は匂いこそ発生しませんが、車内の嫌な臭いを吸い取って臭いを発生しないようにするものです。

2.車の芳香剤の置く場所でおすすめはどこ?

では、車の中に芳香剤を置く場合に、その置く場所はどこが適当でしょうか。

基本的に匂いを発生させる芳香剤は匂いの粒子を車内に充満させる必要があります。

なので、芳香剤の置く位置は必ず上の位置に置きましょう。

 

ただし、芳香剤も種類によっては高い位置に置くことが出来ないものもありますよね。

そういった場合はその指定の位置に置くことになると思いますが、およそそういった場合はエアコンの吹き出し口が多いと思います。

エアコンの風に乗せて車内を良い香りに包み込むような具合です。

 

ちなみに消臭剤はというと、逆に低い位置に置く方が良いとされています。

芳香剤とは違って匂いを発生させるわけではなく、臭いが低い位置に降りてきたものを吸い取る性質からです。

芳香剤を高い位置に、消臭剤を低い位置に置くことでより効果が倍増するかというと実はそんなことはないようです。

場合によってはお互いが喧嘩してしまって効果がなくなってしまう可能性があるので、どちらかにする方が良さそうです。

3.車の芳香剤の替え時はいつ?長持ちさせる方法は?

車の芳香剤は効かなくなった時が替え時、あるいは液体などがなくなった時など色々考えられますよね。

芳香剤の液体がなくなった際に替え時というのはすぐわかりますが液体がまだ残っているにも関わらずに替え時となる理由は何があるのでしょうか。

 

まず上記にもある通り、匂いがすぐしなくなるというのは色々考えられるのですが置く場所は適当かどうかを考える必要があります。

置く場所を例えばバイザーの位置やバックミラーの位置に設置してみて様子見てみましょう。

それでも匂いがしないという場合には、そもそも芳香剤の匂いに当人が慣れてしまった可能性もあります。

一度他の人が乗った時に確認してみるなどしてみましょう。

確かに徐々に香りの強さが弱くはなってしまうのですが、全く匂いがなくなってしまうことは少ないでしょう。

 

あるいは、車内の臭いが強すぎて芳香剤の香りが負けてしまっているなんてことはないでしょうか。

一番最初に強い香りがして消えたかのように感じた車内の嫌な臭いですが、徐々に弱くなってきた芳香剤に負けてしまっている可能性があります。

これを解決するには、一度芳香剤の前に消臭に力を入れる必要があるかもしれません。

 

芳香をするために消臭をするというのは矛盾に感じてしまうかもしれませんが、そもそもの芳香剤の力というのは匂いの上塗りなのです。

車の中の嫌な臭いよりも芳香剤の匂いをより強く発生することで嫌な臭いをかき消しているにすぎないので、一度消臭に切り替えて考えてみるのも良いのではないでしょうか。

その際には消臭剤を使うのではなく、もっと物理的に濡れタオルなどを使ってシートや壁、インパネ周りを拭いてみましょう。

それだけで臭いだけでなく臭いの原因となっている物質そのものを除去できるのです。

そこからまた芳香剤を乗っけることで本来の良い香りが車内を充満して良い空間が生まれるはずです。

4.車の芳香剤の選び方とは?人気の芳香剤は何?

車の芳香剤は今たくさんありますが、どんなものを選べば良いのでしょうか。

最近の芳香剤は用途やどんな臭いかによって種類を選ぶこともできるようになってきています。

芳香剤にはいくつかの形態の違いもあります。

まず固形の缶詰に入ったようなタイプだったり、液体がビンに入ったタイプや、ゲル状のタイプ、またエアコンの吹き出し口につけるタイプなどもあります。

また、最近ではシザーソケットから電気をもらい、家庭で使うようなディフューザータイプなどもあります。

 

やはり一番ネームブランドでも人気が高いものはファブリーズのエアコン吹き出し口につけるタイプです。

ご家庭で衣類にもファブリーズをつける方も多いと思いますがその会社のものなので馴染みがあるのも事実ですね。

たくさんの種類の匂いのバリエーションもありますし、値段でもお手頃なので一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

また、カーメイト ブラングというブランドは芳香剤として男性に人気です。

置き型を中心に商品がありますが、ドリンクホルダーに置くタイプやインパネにおくタイプなど、置く場所に応じて邪魔にならないように設置することができるのは魅力ですね。

5.車の芳香剤の匂いが苦手で酔う!代用品は何がある?

車の芳香剤が苦手で、その匂いで酔ってしまうという方も少なからずいますよね。

それが家族だと車でのお出かけもしにくくなってしまうので、何か酔うことがないような代用できるものはないでしょうか。

 

最近注目されてきているのが石鹸です。

特に何か洗うた目ではないですが、芳香剤っぽい匂いではなく、また置いていてもおしゃれだということで注目を集めているのです。

実際に匂いの種類もたくさんあり、匂いもある程度持続してくれるので試しても良いと思います。

また、匂いがしなくなってきなと思ったら少し削ってあげると匂いが復活するといった方もいるので、数百円で長期的に使えることを考えると経済的ですね。


10万円以上車を高く売れた人続出!

ユーカーパック

・車の売却相場が分かる
・電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
・個人情報が流れないから安心
・査定は1度だけでOK(出張査定か提携のガソリンスタンドで)
・全国最大2,000社のオークション形式

だから、楽に高く売れる!

私はこの一括査定サイトを使っただけで24万円も高く車を売ることができました。

>>とりあえず無料で車がいくらで売れるか調べてみる

安くて質の高いコスパ最強の中古車を買いませんか?

ズバット車販売

素人では探すことができない未公開車両を含めて安くて質の高い優良な中古車を見つけてもらえます。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べてもらう

2万円以上自動車保険料が安くなった人続出!

保険スクエアbang! 自動車保険

私はこの一括見積サイトを使っただけで補償内容が全く同じでも、2万3000円も安くなりました。

>>とりあえず無料で自動車保険料がいくら安くなるか調べてみる

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す