↑私の古い車でも相場より24万円高く売れました。↑

車のインテリアの便利グッズやドレスアップ方法について

車のインテリアは色々種類があり、おしゃれに決めたい方も多いと思います。

そんなインテリアの便利グッズだったりドレスアップに使えるグッズを紹介していきたいと思います。

1.車のインテリアで便利なグッズやアクセサリーは何?

車は時代とともに移動のためのものから贅沢品になりつつありますが、そんな車での生活を便利にするための便利グッズも最近はたくさん出てきています。

こんなのがあればいいなと思ったものはもうだいたいあったりするものですが、その中でも便利なものをご紹介していきましょう。

 

スマホケース

あなたはカーナビを純正専用の場所に取り付けをされているでしょうか。

スマホやタブレットで済ませれたらなと思う方も多いと思いますが、手に持っていると捕まることもありますよね。

そんな時はしっかり車に固定できるアクセサリーが必要です。

スマホでもタブレットでも取り付けが可能で、ある程度汎用性のあるものも最近は出てきているので、カー用品店でも気に入ったデザインのものも選ぶことができます。

基本的にSIMが入ったスマホを利用していればGoogleマップを使ってどこでも行けるから便利ですね。

電気ケトル

他には日中外出している人であればほとんどの方が使ったことがあるであろう電気ケトル、これがもう車でも使えるようになっていることには驚きですよね。

自宅用の電気ケトルほど大きくはないですが、外で飲み物2杯以上、カップ麺1つ分くらいはお湯が沸かせます。

外出するのにキャンプや山登りに行く人は火を使ってお湯を沸かすことに慣れていると思いますが、ちょっとしたコーヒーを飲みたい場合なんかは非常に便利です。

まだ現状では12Vでお湯が沸くまでに10分以上かかるものがほとんどですが、近い将来的にはすぐ沸くようになってくるのではないかと思います。

ドライブレコーダー

そして最近よくニュースになっている、ドライブレコーダー。

これは万が一の時にどんな状況で事故にあったかを証明してくれるのに非常に便利です。

ドライブレコーダーの記録をもって誰かを捕まえたりすることは難しいのですが、そうではなくて事故があって困った時に証拠能力として認められてきているのです。

実際に事故の現場で自身の証言と違うことを相手方が言ってきて揉めるケースというのは少数ながらあります。

基本的には保険会社同士の示談で終わることがほとんどですが、稀にもめにもめて法廷になんてこともあり得るのです。

望んでいない争いごとに巻き込まれてから主張を裏付けるものがないよりかは、万が一の保険と思って取り付けていると安いと感じてくるのではないでしょうか。

ある程度画像の精度が高いもので、しっかり録画できるタイプのものを選んでおきましょう。

2.おすすめ車のインテリアパネル!取り付け方は?

車のインテリアをおしゃれにするのにインテリアパネルの取り付けはその車の印象をガラッと変えるのにとても便利です。

インテリアパネルとはそもそも何かと言うと、運転席助手席に座った状態で目の前にあるフロントガラス下のインストメントパネルやダッシュボードに装飾をすることです。

人気車種のものだと結構たくさんの種類のインテリアパネルが準備されていて、自分の好みにあったインテリアパネルを選んで取り付けをすることができます。

ほとんどのインテリアパネルの取り付けはその車種のインパネやダッシュボードに合わせて作られたパネルを貼り付けるだけで完成します。

ですので、実際のインパネからダッシュボードを取り外して付け直すなんて難しいことは考えずに簡単にドレスアップができます。

 

車内は高温になることもあるので簡単には取り付けた後剥がれないような両面テープを使っています。

その両面テープを最大限に効力を発揮するために、取り付けを行う際には必ず脱脂をしてから貼り付けましょう。

この脱脂を怠るだけですぐに外れてしまうことがこのインテリアパネルに関わらず起こってしまうのです。

イメージで言うと、インパネやダッシュボードの上に手など触った際についた油が乗っかっていて、その上に両面テープをつけるようなものです。

ですので、油が滑り落ちてしまうと一緒に両面テープも重力に逆らえず落ちてしまうため、脱脂は非常に重要になってくるのです。

3.車のインテリアバーの活用方法!取り付け方やネットなど

インテリアパネルはドレスアップで非常に有効なアクセサリーですが、インテリアバーは便利グッズとして力を発揮してくれます。

インテリアバーとはどんなものかと言うと、車内の天井にバーを取り付けて、そこにモノやアタッチメントを取り付けることで限られたスペースを荷室以外でも有効に使おうと言うものです。

近年のSUVが流行っていることからこういったインテリアバーが人気に繋がったのだと思います。

 

インテリアバーにもいくつか種類があって、固定するための取り付け位置に多少違いがあります。

例えばメーカーの純正のものであれば車の車体そのものにボルトネジを打ち込んで完全に固定をしてしまうものです。

また、簡易に固定をするものとして、全ての席で頭上にハンドルがあると思いますが、そのハンドルに取り付けてしまうもの、またはそのハンドルと交換して取り付けをしたりするのです。

いずれの場合にも用途をしっかり確認して適合しているかを見ておきましょう。

 

また、インテリアバーにはアクセサリーが追加で取り付けられるようになっているものがあり、その中でネットの取り付けがあります。

このネットを活用することで長尺もののスノーボード、スキー板だけでなくバラエティが一気に増えるような活用ができます。

ネットを取り付けて活用するものとしてはやはり小さなお子さんの遊び道具が多いでしょう。

ボールだったり釣り道具だったり、荷室が塞がって且つ人数もある程度乗る場合には非常に有効活用です。

ルーフに置くのも考えられますが、車内だとより安心して置いておくことができますね。

4.車のインテリアライトアップ方法とは?おすすめのランプやLEDは?

車のインテリアをドレスアップするのにLEDランプでのライトアップは昔から根強い人気がありますよね。

簡易なものではドアを開けた際に足元をほんのり照らしてあげるだけのものもありますし、天井のランプをLEDのライトに切り替えるとそれだけでも雰囲気は変わりますよね。

こだわりを持っている方なんかはピラーに沿ってライトがついていたり、運転席と助手席の間のスペースをドレスアップしたりしていますよね。

個性を発揮するのであればインテリアパネルも良いですが、こういったLEDランプでのライトアップも非常に活用できます。

LEDランプは電気をそんなに食わないので、バッテリーにそこまで気にかけることなく取り付けできるのは嬉しいですね。

5.車のインテリアのドレスアップ方法!塗装やモールについて

車のインテリアでドレスアップをするのに塗装やモールも気になるというこだわった方もいますよね。

塗装方法としてはまず気になるパネルを取り外すところからです。

メーカー直営のディーラーやインターネットなどに外す際の情報があるので、必ずチェックしてから外すようにしましょう。

取り外しができましたら、塗装をしたくない箇所にマスキングテープなどでしっかりガードをし、また汚れても良いスペースを確保して塗装をして行きます。

完全に乾燥するまでは触らないようにして、乾燥して色味がしっかり出ていれば取り付けをして完成です。

 

また、モールなどで高級感を出すこともドレスアップでは有効ですね。

取り付けたい箇所の長さの通りにモールを切り、はめ込むだけで完了するので難易度としてはあまり高くなくドレスアップができます。


10万円以上車を高く売れた人続出!

ユーカーパック

・車の売却相場が分かる
・電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
・個人情報が流れないから安心
・査定は1度だけでOK(出張査定か提携のガソリンスタンドで)
・全国最大2,000社のオークション形式

だから、楽に高く売れる!

私はこの一括査定サイトを使っただけで24万円も高く車を売ることができました。

>>とりあえず無料で車がいくらで売れるか調べてみる

安くて質の高いコスパ最強の中古車を買いませんか?

ズバット車販売

素人では探すことができない未公開車両を含めて安くて質の高い優良な中古車を見つけてもらえます。

>>とりあえず無料でどんな車があるか調べてもらう

2万円以上自動車保険料が安くなった人続出!

保険スクエアbang! 自動車保険

私はこの一括見積サイトを使っただけで補償内容が全く同じでも、2万3000円も安くなりました。

>>とりあえず無料で自動車保険料がいくら安くなるか調べてみる

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す