あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車のリースの料金とは?ローンで買う場合と比較してみた

お車の購入の際に現金一括で購入されるという方はかなり稀です。

その時にリースとローンってどんな違いがあるのかもわからない方は多いと思います。

ローンもリースも同じように感じますよね。

でも、大きく違うところもあるので、後で後悔しないようにこちらの記事で違いを知っておきましょう。。

1.車のリースの月額料金はいくら?頭金は必要?

お車の購入の際にリースがどんな具合かを知っていきましょう。

まずリースがどんなものかを簡単に説明すると、リース会社が購入したお車を特定の条件のもとで「借りる」という契約です。

 

注意が必要なのは、あくまで契約はリース会社との賃貸借契約になるということです。

従って、アパートを借りてもいつまで経ってもその物件が自分のものにならないのと同じように、リース契約で借りたお車も自分のものになることは基本的にはありません。

 

では実際にリースでお車を契約した場合には月額の料金はいくらくらいになるのでしょうか。

結論から言うと選ぶお車の車種とリースの期間によります。

 

当然高級車をリースして短い期間のリース契約を結んだ場合は月額の料金は高くなることが多いでしょう。

逆に軽自動車や小型車・コンパクトカーを選択されて長い期間のリース契約を結んだ場合は月額の料金は安くなるでしょう。

 

あえて可能性の意味を含めたのは、リースの場合、残存価値を重視するためです。

3年契約のリース契約満了時にあるお車はいくらかの価値があるはずです。

その価値分の金額を予め差し引いて割賦にしてくれます。

なので、予想の3年後の価値が高いお車をリース契約した場合は月額の料金が下がる傾向にあるということです。

 

また、所定の走行距離に範囲内で乗ってもらうという条件が多くのリース契約の場合付帯しますのでリース会社も試算がしやすくなっているのです。

その所定の走行距離を仮に超過しても構いませんが、1kmにつきいくらなどの支払いが発生することがあります。

 

当然走行距離でもそこまでシビアに見るということは改造などをすることはNGで現状復帰が原則です。

走行に異常が出る可能性がある改造に関しては現状復帰以前に契約解除事由になることもあるのでしっかり注意したいところです。

これはメーカーの保証が3~5年ついているものが改造をすることで保証が効かなくなってしまうからです。

リースでなくてもこの保証がなくなることは万が一のことがあると大変ですので、しっかり自己責任で改造を行ってください。

 

また、頭金に関しては基本的には不要で通ることが多いです。

月額の料金の支払いを少なくするために頭金を入れるケースもありますが、法人や個人事業主の方は支払いの平準化を目的としてリース契約をする場合が多いです。

従って、無理に高級なお車のリース契約をするよりも、月額の料金が予算の範囲内であるものから選んでいくのもありなのではないでしょうか。

2.短期で車のリースするときの料金について

リースには期間が短いものもあれば長いものも存在します。

短期でのお車のリースは一体どのくらいするものなのでしょうか。

結論から言いますと思った以上に安く、500円/日、月額1万円代から見つかります。

 

ただし、そういったかなり低料金の短期リースの場合は新車であることはまずなく、古い車であることが多いのでその点は覚悟しておきましょう。

1ヶ月で2万円を切って借りることができるのであれば文句は言えないですが、カー用品も古いものが多いでしょう。

急に地方に出張に行くことになった、ある繁忙期だけ会社に車がいるようになった、など事情は様々だと思います。

 

やはり短期であってもリースはリースなので上述の通り走行距離の条件などはやはり同じです。

だいたいのリース会社でおよそ500~1000km/月が標準です。

 

当然所有権もリース会社になっていますが、使用者としての登録はあなたになります。

それはどういうことかというと、軽自動車ではない普通車をリース契約した場合は短期ではあっても車庫証明を取得する必要があります。

(軽自動車の車庫証明は各都道府県自治体によって異なりますのでインターネットにてご確認ください)

要するにリース契約をした当日にお車に乗れず、管轄の警察が受理して車庫証明を発行してくれるまでに多少タイムラグが生じます。

東京都にある各市区町村の警察署ではおよそ中1~2日かかり、土日は稼働していないので注意してください。

短期のリース契約とは言え、しっかり登録関係はしないといけないので慌てないためにも事前準備をして臨んでください。

3.長期で車リースするときの料金について

では逆に長期でのお車のリースはどうでしょうか。

長期の場合の期間は車検のタイミングになる場合が多いです。

ですので乗用車の長期リースは3年、5年、7年、最長で9年というところもあります。

商用の車検はずっと2年ずつなので2年、4年、6年となることが多いかと思います。

 

また短期の時と違い、お車は新車である場合がほとんどです。

車のメーカーから新車を購入してリース契約によって賃貸し、リース満了時に返却があったとしてもある程度の価格で買取手が見つかるからです。

長期のリース契約であれば残存価格の差し引き分が減る代わりに期間が長いため頭金もボーナス支払いもなく月額の支払いを低く抑えることができます。

 

ただし、基本的にお車のリース契約は途中解約を前提としていないので、解約時は解約違約金が発生します。

9年間の長期リース契約を結んだ場合は点検・車検もきっちりこなしていき、大切にお車を乗らなければいけません。

あくまでリース会社の車を借りてお車を乗っているのだという感覚が必要です。

 

ちなみに万が一事故をして大破してしまった場合はどうなるのか?

リース契約はお車がなくなってしまったので解約になり、車両の金額を支払う必要が出てきます。

お車はないのに支払いだけが残るという状態です。

従って、長期のリース契約をする場合は必ず自動車保険が込みになっているか、また車両保険の付帯もしっかり行いましょう。

 

多くのお車は仮に9年間無事何ごともなく長期リースの満了を迎えてまだまだ乗れるという場合は残存価値がなくなっているので買取も容易にできるでしょう。

目安として新車車両本体価格から毎年30%ずつ価値が下がっていってるのだと考えてもらえれば大きな相違はありません。

4.車のリース会社にはどんなプランがある?

車のリース会社自体はいくつもありますが、プランはそれぞれ各社およそ似ています。

ここでは大きく分けてディーラー系のリース会社と金融系のリース会社の2つに大別して見ていきましょう。

 

まずディーラー系のリース会社は各社車メーカー直営のファイナンス系の会社を持っている場合がほとんどです。

ディーラーでお車を見て、営業マンに説明を受けた上でディーラーの点検・車検パックが込みになっているなど、保証が充実した内容の場合が多いです。

お車を長く、安全に安心して乗りたいという方がディーラーにてリース契約を結ばれる方が多いのかなと思います。

万が一の際には全国のメーカー直営ディーラーで点検や故障修理を受け付けてくれる場合がほとんどでしょう。

 

それに対して金融系のリース会社はディーラーではない工場との契約を結んでいる場合が多く、点検などの入庫も指定がある場合もあります。

また、プランに関しては税金や自賠責保険、車両代金など最低限だけが入ったものと、点検や車検までが全てセットになったプランがあります。

5.車をリースするのとローンで買うのどっちがいいの?

結局のところ割賦の支払いは同じですがお車の購入はリースとローンを比較してどちらが良いか。

結論から言うと事業をされている場合は税理士さんに相談するのが1番良いです。

なぜなら事業計画や当該年度の利益を計算した上でどちらが節税になるかが異なるからです。

 

また、個人でお車を購入される方はリースとローンを比較するとローンの方がお得になるケースが多いです。

リース会社を間に挟むことによって金利手数料がローンより高くなることがあるためです。

また、リースと比較してローンは走行距離や中途解約による解約手数料などの所定の条件がなくストレスは少ないでしょう。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す