あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車購入手続きの流れとは?契約から車が届くまでの日数は?

  • 車を購入したときの流れとは?
  • 車を購入契約から納車までにかかる日数は何日?
  • 車を購入するときローンを組んだ場合の流れとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車購入の流れについて詳しく説明していきます。

・車購入ステップ1:希望する車種の下調べ

車を購入するときにはまずどんな車を購入するか決めることです。

インターネットの情報や車情報誌などで情報を集めるかと思いますが、漠然と探していてもなかなかお気に入りの車を見つけることはできません。

最低でも「予算」と「車種」くらいは搾って決めることをお勧めします。

またネットの情報だけで購入する車を選ぶのは危険です。

意外とイメージがずれていて、実際に車に乗ってみたらなんか違ったということもあります。

また車に乗ってみないことには乗り心地や運転性能は分からないです。

そのため候補としてはいくつかの車を選んでおくことをお勧めします。

・車購入ステップ2:見積もりをとって比較する

おおよその候補を決めた後には、実際に販売店の店舗に出向いて見積もりをとってもらいましょう。

見積もりをとってもらうときにはその内訳に注目してください。

車の購入費用の内訳としては

  • 車両本体価格
  • 法定費用(自動車税や自賠責保険料などの法律で支払いが決まっている費用)
  • 販売店手数料(手続きの代行費など)

などがあります。

中古車の場合は、すべて込み込みの値段になっていることもありますが、新車の場合はたいてい車両本体価格とは別に諸費用がかかります。

なので、すべてトータルした金額でいくらになるのかを見積もりで調べる必要があります。

見積もりや試乗などの情報をもとに、どの車を購入するのかを決めましょう。

・車購入ステップ3:売買契約を結ぶ

欲しい車が決まったら、販売店と売買契約を結びます。

基本的に契約書は販売店の方で準備してくれます。

ただ盲目的にサインをするのは危険です。

大手のディーラーの販売店であれば、信頼できますが、中小の中古車販売店の場合、契約書の中身が少し不安です。

万が一車にトラブルが発生した場合に、契約書の内容が優先されるので、問題がないかさっと目を通しておくことをお勧めします。

・自動車ローンを組む

車の売買契約を結ぶ際に、一括で支払うことができないのであれば、自動車ローンを組むことになります。

自動車ローンはディーラや中古車販売店でも組むことができますが、金利が安いのは銀行の自動車ローンです。

自動車ローンを組むときには、金利はいくらにするか、何分割で支払うのか、などをしっかりと把握し、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

自動車ローンの審査が通ることで正式な売買契約になることが多いです。

・車購入ステップ4:必要書類の提出

車の売買契約を結んだあとには、車を購入するために必要な書類を提出する必要があります。

新車を購入した場合には新規登録、中古車を購入した場合には名義変更が必要になります。

その手続きは基本的にディーラーや販売店にやってもらうことになります。

手数料がかかる場合がありますが、平日の昼間に手続きを行わなければいけないので、大変です。

  • 普通自動車の購入に必要な書類:実印・印鑑証明書・車庫証明書(手続き代行可)
  • 軽自動車の購入に必要な書類:印鑑(認印可)・住民票・車庫証明書(手続き代行可・不要な場合あり)

・車購入ステップ5:駐車場の確保

車を購入した場合、車庫証明書が必要になります。

車庫証明書を取得するためにも駐車場を確保しておく必要があります。

契約前に駐車場を確保してもいいですが、契約後に駐車場の契約をするのでもありです。

ただ契約後に駐車場を探して近くにいい駐車場がないと困るので、あらかじめ目星は付けておいた方がいいと思います。

・車購入ステップ6:任意保険の加入

任意保険は強制保険と違って、加入は自由ですが、多くの人は任意保険に加入します。

万が一交通事故にあった場合、億単位の損害賠償が請求されることもあります。

普通に働いていては損害賠償をすることは難しいので、任意保険に加入をしておいたほうがいいです。

任意保険に加入するタイミングとしては、車の車検証が出来上がってからならいつでも大丈夫です。

納車前に任意保険に加入しても、開始日を納車日に設定することもできます。

なので、ギリギリになって任意保険に加入するのではなく、あらかじめ余裕をもって手続きをしておきましょう。

・車購入ステップ7:購入費用の支払い

車の購入費用の支払いタイミングとしては

  • 車の売買契約後1週間以内
  • 車の納車前ならいつでもいい
  • 車の売買契約後頭金を入金、納車前に残りの大金を支払う

と販売店によって多少異なります。

車を購入するとなると大きなお金が動くので、見積もりをもらう段階で購入費用の支払いタイミングを聞いておくようにしましょう。

・車購入ステップ8:納車

すべての手続きが完了したら、ようやく購入した車が納車されます。

車を販売店の方に取りに行って、乗って帰ってくる場合であれば、納車費用は発生しません。

しかし、自宅に車を届けてもらう場合には、納車費用が発生します。

その手数料は1~3万円程度かかりますが、値引き交渉をすればカットすることも可能です。

 

また納車されたら安心してしまう人も多いですが、すぐに車に問題がないかチェックすることをお勧めします。

  • 余計な傷がついていないか?
  • 注文通りのオプションがついているか?
  • エンジンに変な音がしないか?
  • ブレーキのかかり具合は問題ないか?

などチェックしましょう。

納車のタイミングでチェックしないと、いろいろとトラブルが起こる可能性があります。

納車後になると返品や返金も難しいですが、納車のタイミングで問題が発覚すれば、販売店の方も対応してくれる可能性が高いです。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す