あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の購入に必要な書類とは?手続きの流れや期間など

  • 車の購入に必要な書類は何なのか?
  • 車の購入に必要なものの取得の仕方とは?
  • 車の購入手続きは代行できる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車の購入手続きについて詳しく説明していきます。

1.車の購入に必要な書類は?

車の購入するときに必要なものについては、普通自動車の場合と軽自動車の場合で多少異なります。

普通自動車の場合は、動産としての価値があり新規登録を行う必要があります。

ただ軽自動車の場合は、動産として扱われず軽自動車検査協会に必要書類を提出すればいいだけです。

そのため普通自動車と軽自動車で必要なものが変わります。

普通自動車の購入に必要な書類

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車庫証明書

軽自動車の購入に必要な書類

  • 印鑑(認印可)
  • 住民票
  • 車庫証明書(地域によっては不要)

2.車の購入に必要な書類の取得の仕方とは?

車の購入するとき、ディーラーや中古車販売店に手続きの代行を依頼することが多いです。

そのため車庫証明書であれば、販売店に取得を任せることができます。

しかし、印鑑証明書や住民票についてはあなた自身で取得する必要があります。

また販売店に手続き代行費用を取られなくない場合は、自分で手続きをすることをお勧めします。

・印鑑証明書の取得の仕方

印鑑証明書を取得するためには、まずは実印の登録を行う必要があります。

シャチハタや三文判でなけらば、普通の印鑑でも実印の登録をすることはできます。

すでに実印の登録が済んでいるのであれば、市町村役場にて印鑑証明書を取得することができます。

印鑑証明書は取得してから3か月以内のものが求められることが多いです。

購入する車を決めた後に、印鑑証明書を取得することをお勧めします。

・住民票の取得の仕方

住民票は、市町村役場にて発行することができます。

この時住民票は、発行してから3か月以内のものを求められることが多いです。

なので、取得するのは車の購入する直前になってからのほうがいいと思います。

・車庫証明書の取得の仕方

車庫証明書は警察署で手続きを行います。

車k証明書を取得するには、駐車スペースを確保し、警察官によるチェックを受けたあとに正式に発行されます。

何回も警察署に行かなければいけないので、面倒な場合は販売店に手続きの代行を依頼することをお勧めします。

車の購入で車庫証明書は必要なのか?」で詳しい取得方法を解説しています。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す