あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の購入時の流れとは?手続きや納車までの期間など

車の購入は人生でもそんなに頻繁にするものではありませんよね。

なので、毎回購入のときには数年ぶり、長い人だと十数年ぶりになるのではないでしょうか。

今回は毎回の商談で忘れがちな契約から納車までの流れを一緒に見ていきましょう。

1.車を購入する前に準備するべきことは?

車を購入するときには、何か事前に準備をしておくことはあるのでしょうか。

まず車の購入をするのに必要なこととして、支出の計画はある程度見ておく必要があります。

月々の収入に見合った車を購入しないと、当然生活が厳しくなるからです。

 

その支出の計画には、現金一括やローンなどの割賦を問わず、維持費も計算していかなくてはいけません。

  • ガソリン代
  • 自動車税
  • 車検
  • 駐車場代
  • 保険代

などが意外とかかります。

例えば、月にどのくらいの頻度で、どのくらいの走行距離があるのかを予測することでガソリン代がどのくらいになるのかを確認します。

もし購入を検討している車種が電気自動車やプラグインハイブリッド車、燃料電池車など、極端にガソリン代が減らせるような場合には車両代こそ高くなってしまうものの維持費の割合は減ってきます。

 

また、自動車を持っているだけで毎年自動車税というものの支払いがあります。

これは排気量によって年額が前後しますので、普通車であれば県民税、軽自動車であれば市区町村税の確認をしてみましょう。

そのほかにも新車時からは3年、その後2年ごとに車検が到来しますので、10~15万円程度を見込んでおきましょう。

マンションにお住いの方は駐車場の空き状況も重要になってきます。

購入しようとしている駐車場の空きがなく、近隣の駐車場が非常に高い、なんてこともあるので、せめて自分のマンションの空き状況は知っておきたいところです。

 

最後に、自動車保険はいまはほとんどの方が加入されているのでその見積もりをお願いしてみましょう。

自動車保険は免許証の色、年齢、車種、補償内容によって大きく保険料が変わります。

見積もりは無料になっているので、多くの保険会社で比較して確認する方が良いでしょう。

 

それらを合計して月々の支払いに無理がないと把握できることで生活が変わってくるのかなと思います。

費用面の準備はこのくらいで十分に検討できるのだと思います。

2.車を購入するときの流れ

車の購入に際しての流れを簡単にご説明します。

まずはなぜ車が必要であるかを明確にします。

紙などに書く必要などは全くありませんが、少なくとも家族とはしっかり話し合う上で大前提として共有すべき内容ですね。

そこからは各自動車メーカーから出ている特定の車種を選定していきます。

 

燃費を重要視した車種、車内空間を広げることを重視した車種、とにかく車両本体価格の安さを優先した車種など、カテゴリーがいくつかにわかれます。

例えば、トヨタのヴィッツのようなコンパクトカーで車両本体価格が非常に廉価な車種で言うなれば、ホンダのフィット、マツダのデミオ、スズキのスイフト、などなど比較することで見えてくるものがあります。

雑誌などで比較をしてくれているものも多いですので、参照して見るのも良いでしょう。

 

高い買い物で、頻度もそんなに多くないものなので、このちょっとした準備をすることでクルマ選びに後悔をしなくなります。

なぜなら、どんな車でも長所と短所が混在しているからです。

会社のカラーでも分かれる要因になります。

とにかく試乗はたくさんしてみましょう。

別に走りなんてどうでも良いって方もとりあえず乗ってみましょう。

乗ってみることで当然走りの違いはわかってきます。

そして空間の車種ごとの良し悪しなど、みてるだけではわからないいことも見えてくることがあるのです。

乗り降りの際に掴む取っ手の位置、スライドドアの有無、衝突防止用のレーダーの性能、などです。

3.車を購入するときに必要な手続きは?

車の購入が確定した後はどのようなものが必要になってくるのでしょうか。

まず住民票の写し、もしくは印鑑証明と印鑑を準備します。

印鑑は必要に応じて押印を忘れずに丁寧にお願いします。

また、普通車の場合は最初に必ず車庫証明が必要になるので、早急に準備しましょう。

車庫証明に必要な書類はマンションの大家に確認するとそれらに必要な曜日があるので一度確認してみても良いです。

また、同時に印鑑証明は他人では発行できないので、早い段階で一緒に一気に終わらせる方が良いでしょう。

4.車の商談・購入から納車までの期間は?

車は購入する段になって、実際の納車までに一体どのくらい期間はいるのでしょうか。

もしあなたが車種、グレード、車体色、オプションなどが決まっていて、展示車でもなんでもスピード重視の納車ということであれば、書類が全て揃っていれば1週間もかからずに納車することができるでしょう。

そんなことは極めて稀ではあるので、通常は1日目に車の選定、試乗などを行い、お見積もりを出すところまでをする方が圧倒的に多いでしょう。

他メーカーも気になっているなどの場合は1日でおよそ3~4社回ることができるとしてそれでも1~2日ほどで終わりそうです。

また、最初のメーカーで受けた説明は他のメーカーでも似ているので、そういった説明を省かせてもらえればもっと効率的に回ることができるでしょう。

そして2日目にはオプションや値引きの交渉をして早い方でもここで契約をされる方が多いでしょう。

 

商談でおよそ2週間くらいと思って良いです。

納車は販売店、メーカーの在庫にもよりますが、およそ1~2週間くらいで部品もついてくるので、その間に販売店は登録手続きを済ませます。

もしバックオーダーと言われる、車の生産がまだまだ先になるような少し不安定の車は各メーカーともに在庫を持つことを嫌がってますね。

人気車種でたまに6ヶ月待ちの車、プリウスなんかは発売開始からの売り上げ作業台数がかなり多く、とにかく順番を待ち続けるしかありません。

 

また、最後に車がディーラーに到着してからは最終チェックを必ず行います。

新車といえタイヤの空気圧が漏れていないかなどの検査をきっちり行ってからお客様の所に納車をしています。

ここで万が一不備があった場合はメーカーに直接クレームを入れることになります。

バックオーダーがなく、車も滞りなくメーカーから届くことを前提に考えれば、多くの方は3~4週間前後で納車されているでしょう。

5.車の購入時に納品されるまで代車を借りることはできる?

あなたがもし車を使う必要があって、車を購入したは良いが足がなくて困っている場合はありますでしょうか。

車を購入するという売買契約書を交わした後で手付金をいくらか納付した場合はディーラーなどは積極的に貸してくれるところが多いみたいです。

 

ただし、その場合なんらかの事情で下取りの入庫を条件とするところも多いです。

下取りが車検間際で、その車検を通すまで新車でギリギリやって行ってますが間に合わない場合に代車を貸し出しているところも多いでしょう。

ディーラーでも代車を持ち逃げされるという事件は度々起こっているので、簡単に貸し出しをしてくれないところも増えています。

したがって、一見さんであれば購入していただいた注文書は生きてはいますが、代車は難しいかもしれません。

一度直接購入を検討しているディーラーや他の販売店に確認する方が良いでしょう。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す