あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車を購入する前に!新車と中古車どっちがいい?リースやレンタカーなど

車を購入するときには、

「新車がいいのか?中古車がいいのか?」
「購入がいいのか?リースがいいのか?レンタカーがいいのか?」

などいろいろ悩みますよね。

ぶっちゃけどれがお得か気になりませんか?

そここの記事ではお得に車を使う方法について詳しく解説していきます。

1.お得に車を使うためにシュミレーションをしよう

自動車を購入する機会は人によって違い、中には毎年のように購入している人もいます。

ただ、一般的には数年~十数年に一度購入するという状況になるため、「購入時に極力失敗を避けるような取り組み」を行うことが非常に大切です。

たとえば、

  • 「購入する車種を限定する」
  • 「希望しているオプション(機能)を限定する」
  • 「メーカーを限定する」
  • 「価格を限定する」

などの基準から任意で選択し、その基準をしっかりと満たしているものだけを選ぶようにするだけでも失敗のリスクを大幅に軽減することができます。

 

もし、何の基準も持たずに選んだ場合、必ずとは言えませんが失敗をするリスクが増加してしまいます。

特に、「納得できる買い物ができるのかどうか」という部分の満足度が大きく変わる可能性があります。

たとえば、希望しているメーカーかつデザインのものを購入することができたとしても、その条件を満たすために予想よりも大幅に高い出費をしてしまうこともあります。

金額的な制約を持たない場合であればまだしも、そうでなければ判断基準に含める必要があります。

何を根拠に購入する商品を決めるのかは人それぞれですが、兎にも角にもまずは「判断をする根拠」をしっかりと整理しておくことが大切です。

 

最終的にはシュミレーション上の基準から外れてしまうこともありますが、そうなってしまったとしても「基準に応じて判断する」という機会は得られます。

これによって失敗するリスクを下げることができるとともに、「お得に購入する機会を増やす」という効果が期待できます。

 

シミュレーションにもたくさんの選択肢がありますが、まずはコストパフォーマンスを意識する方法が効果的です。

たとえば、「販売価格と状態」を天秤にかけてコストパフォーマンスを検討すると、より良い買い物ができる期待が上がっていきます。

その際、できる限り多くの候補を比較することが大切になるため、可能な限り多くの候補を準備することが大切です。

2.車を購入するとき新車と中古どっちがいい?

たとえば、検討する段階で購入を強く希望している車種が決まっている場合もあります。

いくつかある候補の中の一つという位置づけになることもあれば、「何が何でもそれが欲しい」という状況も十分にあり得ます。

このように、条件を限定して判断できる余地を狭めてしまうことは必ずしも効果的とは言えないものの、まずはピンポイントまで対象を絞り込んでしまうことで判断の効率を上げることもできます。

たくさんの選択肢があるからこそ判断に迷ってしまうわけなので、最初から選択肢自体が少なければ労せず判断を下すことが可能です。

ただ、この場合にはより良い選択肢を排除せざるを得ない状況が起こり得るリスクもあるので、しっかりとシミュレーションを行って対策することが大切です。

 

特定の車種に限定したとして、次は「新車か中古か」という判断を考えていくことになります。

もちろん、状況によってはいずれか一方のみが選択肢に挙がることもあるので判断に悩まずに済むこともあります。

ただ、いずれの選択肢も選べる状態であれば、ここでどのような判断を行うのかで結果がまったく違ってくる可能性があります。

必ずしもどちらか一方のみが正解と言うことではありませんが、少なくとも最終的に「失敗した」と思わないような判断をすることが大切です。

 

もし、購入する対象が数千円程度の商品ならば良いのですが、車は百万円を超えることが多いので失敗した場合の影響も非常に大きなものになります。

あらかじめ使用状況などを加味してどちらを選択するべきなのかを検討することになりますが、一概に何かが良いということはできません。

新車の場合、状態が良いので長く使用することができますが、その代わりに価格は高くなってしまいます。

中古の場合はその逆で、価格は安く抑えることができるが寿命が少なくなってしまいます。

将来的にどういった使用を検討しているのかに応じて、適切にどちらの状態で購入するべきかを判断することが必要です。

3.車を購入した場合とリースの場合どっちがお得?

一般ユーザーが対象の場合、ほとんどは「購入」という形で自動車を所有することになります。

自己資金のみで済ませるのか、それともローンを組むのかという違いはありますが、いずれにしても「最終的に所有権(名義)が自分になる」という状況です。

この場合、まずは「十分な資金が必要」という問題があります。

 

自己資金のみで対応する場合は販売価格以上の余力が必要になります。

販売価格100万円ならば120万円程度の資金を準備した方が無難ですが、販売価格ちょうどの資金しか準備できなかったとしても売買を成立させることはできます。

コツコツとお金を貯めて自己資金のみで対処しようという考えであれば、お金が貯まるまでの「時間」と働く「労力」が非常に大きくなる可能性が高いです。

 

もし、これらのコストを掛けたくないということであれば、自己資金のみではなくローンを利用する方法があります。

ローンを利用すれば自己資金が不足していても買えますが、ローンを利用するための「審査」をクリアする必要があります。

ローンを希望すれば誰もが利用できるというわけではなく、ローンを請け負う会社(銀行や信販会社など)が行う審査をクリアすることが必要です。

この審査を突破できなければローンを組むことができないため、「審査を突破できるだけの属性」が求められます。

自己資金の場合はお金、ローンの場合は信用が求められるため、それぞれに応じたコストを支払うことになりますが、最終的に所有権が自分のものになります。

 

これに対して「リース」の場合、いずれの金銭的負担も大きく軽減することができます。

月々の利用料金を支払うことで車を使用する権利を得ることができるのですが、「月1万円」などで好きな車に乗ることができます。

購入するよりも負担が大幅に減るので資金が不足している場合には非常に大きなメリットとなります。

契約に当たって審査が行われますが基準はあまり高くありません。

ただし、リースの場合は最終的に返却することが前提となっているため、最終的に所有権が自分のものになりません。

つまり、支払ったお金がすべて残らないで消えてしまうわけです。

4.車を購入するよりもレンタカーのほうがいい場合は?

車を購入した場合、ローンの有無などの影響はあるにしても、基本的に自分の好きなように使用することができるという点がメリットです。

ローンが残っている場合は「ローン会社名義」となってしまい、厳密には本人の所有物にはならないのですが、実際には所有者の思うように使うことができます。

たとえば、購入した車を改造して自分好みのデザインに変更することもできますし、自分の好きなタイミングで好きなだけ使用することができます。

これは、所有権こそ別になる可能性はあるものの使用者が本人に設定されることによる影響ですが、「最終的に所有者になる」という前提があるからこその状態です。

 

ただ、ローン中の場合は「支払いが滞った場合に担保として取り上げられてしまう可能性がある」という点に注意が必要です。

ローンで購入した場合の所有者はローン会社で、本人は使用者という立場に過ぎません。

要は、「使わせてもらっている状態」なので、約束事(支払い)が守られなかった場合には「もう使わせない」と言われてしまう可能性があるわけです。

使い勝手が良いという点では大きな魅力ですが、そのために必要な負担(ローン支払い、維持費など)を負わなければいけないため、事前にそういった状況をクリア出来るかどうかを判断する必要があります。

簡単に言えば、「ローンの支払いができないのに購入する」といったことをしないようにするということです。

 

また、もう一点「使用環境」にも注目する必要があります。

自己所有であればいつでも好きなときに好きなように使うことができますが、「年に1度しか使わない」といった状況ならば所有するメリットは大幅に減ってしまいます。

「いつでも使える」という点で緊急時などの不安を払しょくできますが、そのために大きなコストを支払うのであれば「レンタカー」という選択もあります。

必要なときに必要なだけレンタルするので、その時以外には一切負担が発生しません。

5.車を経費で購入するのはお得なのか?

一般ユーザーの場合、自動車を購入する資金は「単なる支出」に過ぎません。

要は、「ご飯を食べる」「レジャーを楽しむ」などに使うお金とまったく同じなので、使ってしまえば何も残りません。

最も、動産として高い価値を持っている資産が手に入るという意味では無駄になりませんし、万が一のときには「売却して資金を得る」という選択肢もあります。

ただ、いずれにしても「使ったお金はそのまま無くなってしまう」という点に関しては変わりません。

 

しかし、これが法人になると状況が変わってきます。

一般ユーザーの場合は「単なる出費」に過ぎなかったお金も、法人格を有している場合には「経費」として計上することが可能になります。

法人の場合は「法人税」などの税金が発生することで一般家庭よりも多く税金を納めることになりますが、これらの税金は「利益」に応じて賦課されます。

そのため、多くの企業が決算期前になるとあれこれと投資をして利益を減らすような取り組み(節税対策)を行うわけですが、自動車の購入という方法ももちろん意味があります。

一台当たり100万円からする高額な資産であり、流動性の高い資産としても見ることができる優秀な存在なので、要不要に関係なくタイミングに応じて検討する価値はあります。

 

ただ、基本的には「買う」ということが大切で、レンタルやリースの場合はあまり意味をなさない可能性もあります。

節税対策として行う場合は特に、基準額以下に利益を収めることが目的なので「金額が安い」という状況がメリットにならない可能性があります。

もちろん、目標としている基準をクリアできるならばリースなどでも問題ありません。

ただ、経費として計上すると言うことは「会社の資産」として見られることになるため、減価償却などを含めて適切に管理する必要があります。

また、資産として扱われる以上は「強制売却の可能性がある」ということも踏まえ、適切に管理する必要があります。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す