あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車を購入したほうがいい条件とは?お得に買える条件とは?

車は高い買い物であるので、できる限りお得に買いたいですよね。

実際に自分にどの程度の車があっていて、車を購入するメリットデメリットなども一緒に見て行きましょう。

1.車を購入するときの目安やタイミングについて

まず、車の購入するときの目安やタイミングなんてものはあるのでしょうか。

そもそも車の購入の動機がたくさんありますよね。

お子さんが生まれるタイミングで必要になったから、お子さんが幼稚園や保育所に行くのに送り迎えのために必要になったなどの家族のライフステージが変わったタイミング。

あるいは、仕事を始めて収入が安定してきた、趣味をするのに車があれば便利といった本人の贅沢ができる環境の変化のタイミング。

などなど、いろんな方が様々な理由でお車を購入されてきました。

 

なので、車を購入するときの目安やタイミングは欲しい、必要になった時というのが正解なのだと思います。

実際に都会の生活ではなくても生活をすることはできてしまうので、より便利に、より生活を豊かにするために車のある生活を望むのでしょう。

また田舎では一家に一台ではなく、一人に一台と言った、生活に密着した状況で免許を取得したならすぐさま購入して生活の一部になるということもあるのです。

2.車をお得に買えるおすすめの時期は?

車を購入するにあたって、おすすめの時期などはあるのでしょうか。

上記の通り、必要になったタイミングで購入を検討するべきだとは思います。

しかし、ある程度の期間に余裕がある状態であるのであれば、年に3回ほどお得に購入できるタイミングはあります。

それは決算と言われる3月、9月とお正月明けの1月です。

 

決算ほどではないですが、お正月明けの1月は各社とも値引き幅が大きいようです。

お正月の三が日では自動車会社がこぞってテレビCMを放送します。

これはそれだけ人が家にいる割合が高く、車の購入に対する壁が薄くなっているからです。

そこへ決算のようにお値打ちに車を購入できるということであればお客さんも嬉しいのではないでしょうか。

 

また、最もお値打ちで購入ができる可能性が高いおすすめの時期としては決算月です。

この決算月とは、会社の売り上げがいくらあって、利益がこれだけ出ましたという株主に対する報告をするのに締める月のことをさします。

要するに、この決算月で車の販売台数を伸ばさないと株主に対してよい報告ができず、経営者たちが避難をされてしまうために決算までになんとかしろという社内の合図になっているのです。

もちろんこれが世間的にも広まることによって消費者行動を促している側面もあります。

ただ、損をするわけではないので、この決算というセールを利用して購入することができれば普段よりも数万円から数十万円もの節約になるかもしれません。

 

あとは、車検月から逆算して購入される方もいらっしゃいます。

だいたい自動車税は5月頃に納付書が届き、そのあとすぐに支払いをすることになっています。

もし車検月が同様に5月、6月であれば、自動車税の支払いと一緒に車検の支払いも将来的に重なってきます。

自動車税で3~5万円、車検で10万円前後と考えると、お財布としても話してあげる方が計画を立てやすいのではないでしょうか。

 

また、複数台所有をしている方や法人なんかは、同じ考えで車検の月が分散するように考える方もいます。

2台がともに自動車税も車検も同じように支払いが来ると30万円ほどが一気に請求がくることになります。

そう言った煩わしさを緩和するためにリースという選択肢もありますが、購入月はずらせるのであればずらした方が良さそうですね。

3.年収や貯金額に見合った車を購入するべき?

車の購入をするのに、年収や貯金額に見合った車の車種を検討されるでしょうか。

独身の方はある程度無理して高級車を買うことができるかもしれません。

しかし、ご家族をお持ちのご家庭では無理して購入に踏み切って万が一のことがあった際のことは考えられるでしょう。

 

明らかに年収の何倍もの車両や貯金額は考える必要があるかもしれませんが、ある程度は無理をしても良いのではないでしょうか、というのが私の考えです。

なぜなら、まず第一にずっと憧れている車があったとして、それを年収いくらになったら買う、などと考えていたらその時にはライフステージが変わっていてまた新たに再検討をするのではないでしょうか。

そしてその憧れを捨てて人生最後に悔いを残すくらいであれば多少無理してでも購入して、あとは働くのを一生懸命に頑張る方がよほど馬力が出て働けるのではないでしょうか。

 

貯金額にしても同じです。

何も趣味がなく、唯一の楽しみが貯金なんて方以外は貯金はほとんど貯まりませんよね。

そしてその貯金はいつ使うのでしょうか。

お金の悩みは尽きないので、どこかで妥協するのであればしっかり生計を立てれる算段をつけて購入に踏み切るのもありなのではないかなと考えてしまうのです。

4.車を購入するメリットとは?

車を購入するのに、そもそもメリットなんていうのはあるのでしょうか。

どうしても高い買い物であるので、買いたいものがない、特に最近の若い方は車離れがあるというのはネガティブなイメージですよね。

しかし、メリットというものもあります。

まず車を持っていることでいつでも出かけることがっできのは最大のメリットです。

公共交通機関ではなく、レンタカーやカーシェアならどうしても利用したいとなった場合に対応できないことはあります。

その点、自分で車を持っていればいざという時はすぐに対応できるのです。

 

また、どうしても借り物であるレンタカーやカーシェアリングなどの場合、汚してしまうと最悪は請求をされてしまいますが、そうならないように色々と考えながら使うことになります。

例えばペットを飼われている方なんかは自分で車を持っていれば、万が一そのペットの病気の時には最寄りの病院まで運んであげることができます。

また、タバコを吸う方は最近はほとんどのレンタカーやカーシェアリングでの車では吸うことができません。

万が一見つかってしまうとこちらも非常に大きな制裁が待っているので、そういったトラブルから解放されることはメリットになるでしょう。

 

車好きな方なんかは、車のドレスアップなんかができる楽しみもあります。

これは一部の方に限られてしまうかもしれませんが、車という空間は落ち着く場所という方も少なくないので、よりリラックスした愛着のある場所にすることができるのはメリットになりますよね。

5.車を購入するデメリットとは?

では反対に、車を購入することによるデメリットはあるのでしょうか。

車を購入することの最大のデメリットはやはり金銭的な負担でしょう。

特に購入する際にまとまった大きなお金が必要になります。

 

また、毎年の自動車税の支払いや、数年おきにくる車検の費用の負担は維持費としては少なくないでしょう。

また、都会の人にとっては特に車を置く場所の問題もあります。

ある程度土地に余裕がある場所では問題になりませんが、都市部では駐車場を借りる場合にも月に数万円を支払って駐車場を借りることになります。

毎月の負担となるとデメリットと言わざるを得ないでしょう。

 

車を持っていることで意外と健康面についても考えないといけません。

都市部の人は通勤などで知らず知らずに歩いているものですが、車の生活が当たり前になっているとほとんんど歩くことがありません。

少し離れたコンビニですら車を使うようになってしまい、通勤などで歩く人に比べると圧倒的に歩数は減ってしまいます。

意識的に運動をするように取り入れるなど、違ったところで健康を意識していくことが必要です。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す