あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の購入は一括払いとローンでの分割払いどっちがいい?

  • 車を購入するとき一括払いとローンを組んで分割払いのどちらの方がいいのか?
  • 車を購入するとき一括払いだと値引きしてもらえるのか?
  • 車を分割払いで購入するときのメリットとは?
  • 車を現金一括払いで購入するときのデメリットとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車の購入の支払い方法について詳しく説明していきます。

1.車の購入で現金一括払いをするメリットとは?

・一括払いのメリット1:利息を支払わなくていい分安く買える

車を一括払いで購入する場合は、利息を支払わなくて済みます。

分割払いの回数にもよりますが、合計すると20万円以上多く支払わなければいけないこともあります。

そんな利息を支払わなくてよくなる分安く車を購入することができます。

・一括払いのメリット2:いつでも車を売却できる

自動車ローンを組む場合、車の所有権がローン会社やディーラーになっていることがあります。

この場合だと、あなたの車の所有権がないため車を勝手に売ることができません。

新しい車が欲しくなったからと言って安易に車を買い換えることができないというわけです。

少なくともローンを完済する前ではその車に乗り続けなければいけません。

車を頻繁に買い替えるのであれば、一括払いで購入してしまったほうがいいかもしれません。

・一括払いのメリット3:毎月の維持費は安くなる

車を所有すると、最初の車両購入費用だけでなく、毎月の維持費がかかります。

この維持費が意外と厄介で、毎月1~3万円ほどの出費があります。

その出費に自動車ローンの返済額が加わると、毎月4~6万円ほどの出費は覚悟しなければいけません。

一括払いで購入すれば毎月の車の維持費は安くなり、少し気持ち的の余裕が生まれます。

2.車の購入で現金一括払いをするデメリットとは?

・一括払いのデメリット1:貯金が一気に減る

車を一括払いで購入するとなると、安い車でも100万円、普通の車でも200~300万円ほどかかります。

これほどのお金を一括で支払うとなると貯金が一気に減ることになります。

貯金はもしもの時の出費のためにある程度余裕を持たせておきたいところです。

車を購入しても、ある程度貯金が残るような形にすることをお勧めします。

・一括払いのデメリット2:値引きをしてもらえない

ディーラーで新車を購入する場合、実はローンを組んだほうが値引きをしてくれることがあります。

高額な自動車ローンは、ローン会社にとってもおいしい案件です。

そのためディーラーに対してキャッシュバックを行っているケースがあります。

そのキャッシュバック分値引きしてくれる可能性が高くなります。

しかし、一括払いになると、キャッシュバックがないので、値引きの割合は少し下がります。

ただ利息を支払うことを考えれば、ローンを組まないほうが合計の支払額は安くなります。

・一括払いのデメリット3:お金を用意するのに時間がかかる

普通のサラリーマンが車を購入するために、何百万円ものお金を貯めるのは一苦労します。

数年かかって貯めることになるので、計画的に貯金を行う必要があります。

ただ20代で初めて車を購入するときには一括払いは難しいかもしれません。

3.車の購入で自動車ローンを組んで分割払いにするメリットとは?

・分割払いのメリット1:手元にお金がなくても車を購入できる

自動車ローンを組むときの最大のメリットが、手元にお金がなくても車を購入できる点です。

新車を購入するとなると、数百万円かかります。

中古車を購入する場合でも、数十万円かかることを考えると、すぐにお金を用意できない人も多いと思います。

どうしても車が必要という場合には、自動車ローンを組んで毎月の分割払いで購入することになります。

・分割払いのメリット2:値引きしてもらいやすい

自動車ローンを組む場合、ローン会社からディーラーにキャッシュバックが行われることがあります。

自動車ローンは非常に高額で、ローン会社としても結構利益を出しやすいです。

そのため自動車ローンの契約が取れたら、ディーラーに対していくらかのキャッシュバックが行われるわけです。

キャッシュバックが行われる分、車の値引き率が高くなります。

自動車ローンを組む場合には、しっかりと値引き交渉をすることお勧めします。

4.車の購入で自動車ローンを組んで分割払いにするデメリットとは?

・分割払いのデメリット1:利息のせいで支払総額が増える

自動車ローンを組むことのデメリットとしては、合計支払額が増えるということです。

自動車ローンには金利がついており、本来の車購入費用に加えて利息を支払う必要があります。

場合によっては、合計で20万円以上もの利息が付くので、その分車の購入費用が高くなるという感じです。

手元にお金がなくても車を購入できるというメリットがあるので、そのメリット分のお金という感じですね。

・分割払いのデメリット2:毎月の支払額が増える

分割払いでは、最初の初期費用は掛かりませんが、その後継続的に出費が痛くなります。

特に車の場合は、毎月の維持費がかかります。

毎月の維持費に自動車ローンが加わると毎月4~6万円ほどの出費は覚悟しなければいけません。

これに追加して、故障した場合の出費や車検代などいろいろかかります。

自動車ローンを組むときには、分割払いの金額だけでなく維持費を考慮して、支払うことができるのか?というのを考える必要があります。

5.車の購入は現金一括払いとローンを組んで分割払いどっちがいいのか?

車の購入は現金一括払いと分割払いのどちらがいいのか?というのは、あなたの状況によって変わります。

ポイントとしては

  • 現金一括払いが最も安く車を買える
  • 分割払いは、手元にお金がなくても車が買える

という部分です。

 

ある程度貯金に余裕があるのであれば、ローンは組まずに一括払いで車を購入したほうがいいです。

逆にお金に余裕がないけれど、車が必要だという場合には、分割払いで車を購入したほうがいいです。

 

いずれの場合にしても、車を安く買い替えるためには、今乗っている車を高く売却することが大切です。

今の車が高く売れればその分安く車を買い換えることができます。

もし車を高く売りたければ、こちらの一括査定サイトを使うことをお勧めします。

私は一括査定サイトを使ったことで下取り価格よりも30万円以上高く売ることに成功しました。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す