あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車を購入するときの選び方!オプションやグレード、維持費なども考えよう!

高い買い物である車を購入するときには何か基準みたいなものはあるのでしょうか。

車の車種以外にもオプションやグレード、維持費など決めることがたくさんあります。

最後の決め手となるものなどがあるのか、一緒に車の選び方を見ていきましょう。

1.車を購入するときはきちんと比較をしよう!

車を購入すると決めた時のきっかけはたくさんあります。

家族が増えたとき、社会人になったとき、都会から田舎に転勤になったときなど、ある程度の稼ぎができるようになったとき、それぞれに用途は異なります。

 

どんなメーカーのどんな車種を検討するにしても、比較検討することは大事です。

なぜなら、多くの人にとって一度買った車は短くとも3年くらいは同じ車に乗ることになるからです。

逆にそれ以前に下取りや売却をした場合、プレミアムな車を除いて結構な金額の損をしてしまうので、購入は慎重に行いたいものです。

 

例えば、車を購入しようとするきっかけが新しくお子さんが幼稚園や保育所に通うのに車が必要になった場合です。

車は軽自動車にするのか普通車にするのか、形状はセダンタイプにするのかトールワゴンにするのか1ボックスにするのか、など徐々に範囲を狭めていく必要があります。

新車だけでも全メーカーを含めると何十車種にもなるので、それらを全て見るのではなくあたりをつけることは大事ですよね。

 

仮に軽自動車のスーパートールワゴンタイプを選んだとします。

この車種でおよそ選択肢に入ってくるのが一番の売筋のN-BOXやスズキのスペーシア、ダイハツのタント、日産のルークスなどでしょう。

これだけでも4車種に絞られることになります。

 

ちなみにこの絞る作業をするのにも実際に車を見に行って、触って、乗ってみることをおすすめします。

実際に乗ってみると、案外イメージしていたものと違ったりして、そのイメージを店頭のディーラーの人に伝えると違う車種を検討するべきだったということもあるからです。

全ての車種を網羅した上で検討するのであればそれはいらないかもしれませんが、一般の方はそんなことできないので、実際に見にいくことが一番手っ取り早いはずです。

 

話は戻って車種系統が絞られてくると、細かな違い、その車のウリがみえてきます、聞こえてきます。

各自動車メーカーは当然競合他者を意識して車作りをしているので、競合にはない自社の独自機能、打ち出したいポイントが見えてくるのです。

N-BOXは後部座席シートがガソリンタンクの位置を工夫して座席の下に入っていきます。

スズキのスペーシアは乗り降りする際の車の床部分の位置が他社よりも低いので、ご年配の人も乗り降りしやすい、などです。

 

それらは確かにネットで比較こそされていますが、もしかしたら乗り降りの高さなどは数字以上に気にならないなどと感じることがあるかもしれません。

それは実際にものを見てみないとわからないので、その確認、新たな発見のためも含めて比較するのです。

2.車を購入するときetcやカーナビなどのオプションはどうするべき?

車を購入する際に、ある程度この車種を購入するということが決まった後はオプションをどうするかを決めていく必要があります。

オプションにはたくさんあって、各社自動車メーカーがその車専用に合うものを作ったものから、社外の部品会社が作ったものまであります。

ただ、購入時に決めるのはオプションカタログに掲載されているもので、支払いも車両本体と一緒にするようになっています。

 

純正オプションの代名詞、カーナビから考えてみましょう。

純正は正直なところ値段が高いですよね。

でも今どきメーカー純正だからといって高くて売れるなんてことはありません。

 

ではメーカー純正のカーナビにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まずメーカー純正の最大のメリットとしては保証期間です。

一般的は保証は3年、もしくは60000キロの走行距離の早い方までの保証です。

日本の平均走行距離が年間10000キロほどなので、だいたい1回目の車検までという目安です。

それに対してメーカー純正ではない社外製のナビはというと、多くは1年20000キロなど、およそ三分の一程度になっています。

これは、どんな人が取り付けをしたかなどがわからず、単純に家電製品の保証といったところだと思います。

しかし、社外品をカー用品店で取り付けをすると、カー用品店での保証延長が受けられるところもあります。

一概には言えませんが、カーナビ本体は安い、でも取り付け工賃が高いなど、あまり値段が変わらないことも考えておきましょう。

 

そのほか、パナソニックやパイオニアなど、カーナビメーカーがその自動車メーカー用に手を加えた仕様もあります。

トヨタの○○という車種を選択すると、その車種にあった音響の環境にセッティングしてくれるなどです。

 

ではカーナビと一緒に多くの人が購入をするetcはどうでしょう。

etcはメーカー純正品でも2万円を切るくらいの価格からあります。

正直etcは自分で取り付けなどができないようだとほとんどメリットはありません。

色々な手間をした上で数千円の利ざやがある程度だと認識しておきましょう。

 

ちなみに乗り換えの時に前の車にetcが付いているのであれば載せ替えをすることができます。

カーナビには新しいものは地図自体新しい、コンピューターの性能が上がっているなどのメリットは大きいです。

しかし、etcは性能自体が上がることはないので、工賃とセットアップ料金を含めて安くなるようであれば積極的に検討していきましょう。

ただし、etcにも最近はカーナビと連動をさせることができる高機能機種もあるので、そちらを購入したい場合は残念ですがカーナビと同様に比較してみる必要があるでしょう。

3.車を購入するときグレードはどうするべき?

車の購入をする際にオプションでつけたいものが決まれば最後にグレードも決まってきます。

オプションとグレードは一緒に検討する必要があります。

なぜなら、オプション1つ1つを購入するとある程度の金額がいくものが、グレード違いで単純に1つ1つ取り付けるより安くでパッケージされている場合があるからです。

どうせオプションでつけようと思っていた、というパッケージになっているグレードがあれば間違いなくおすすめです。

 

各自動車メーカーもこれは標準で装備されていれば購入していただける可能性があるだろうと思ってグレードとしてパッケージにしています。

ただし、ハイグレードにすればするほどたくさんの機能がついていてお得感があるように見えます。

しかし、本当にそれが必要なのかどうかはご家族、ご自身にて確認してから購入しましょう。

ものによってはキャンセルができない場合もあるので、注文書にハンコを押す前にはしっかり確認してから押すようにしましょう。

4.車を購入するときは自動車税やガソリン代などの維持費も考慮する!

車の購入が終わって、いざ乗り始めて気づく維持費が結構かかる、かからないなどがあります。

思った以上に安くついた、という場合は良いですが、万が一こんなにかかっていては維持できないなどがないようにしなければなりません。

例えば自動車税は最初から計算することができますよね。

毎年4月1日の所有者に1年分の支払いが5月頃に請求がきます。

購入した車の排気量によって違ってきますので、購入前に説明を受けましょう。

また、燃費もある程度予測はつきます。

だいたい毎月走行するだろう距離×その車の実燃費×直近のガソリン代で目安として知ることができます。

5.車を購入するとき悩んだら勢いもあり!

車の購入に悩むのはみんな同じなんです。

100万円を超えるような買い物なので当然ですよね。

でも勢いも大事だったりします。

たまにお客様で、買うつもりもなくふらっと寄っただけが買ってしまったなんて方もいらっしゃいます。

しっかり検討はしていただく方が良いですが、そのくらい勢いがあっても良いんじゃないでしょうか。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す