車の購入場所について!初めて買う場合は?お得なのはどこ?

車を購入するときどこで買うのかって迷いますよね?

お得に買えるところもあれば割高なところもあります。

そこでこの記事ではどこで車を購入するのがお得なのか?ということについて詳しく解説していきます。

1.ディーラーでの車の購入について

ディーラーとは特定のメーカーの自動車を販売したり、メンテナンスしたりするお店のことを言います。

簡単にいうとメーカーの専門店のようなところです。

特定のメーカーに特化した販売を行っているのでたくさんの情報を持っています。

 

ディーラーでの購入の最大の利点と言えるのがメーカーに対する信用性です。

そのメーカーの看板を背負って営業をしているのでアフターメンテナンスなどには一定の信用性があります。

トラブルの際の対応スピードも非常に速いです。

メーカーに関する詳細な情報を持っていることもディーラーの特徴です。

まだ世間には出ていない情報も場合によってはこぼしてくれる可能性があります。

もちろん、メーカーが機密にしている情報を得ることはできませんが、機密までではない知る人ぞ知る情報などは教えてくれる可能性があります。

特に車にあまり詳しくないという方にとっては専門性の高い情報を得られる機会にもなります。

 

ディーラーにはメーカーの指導が入っています。

工場、スタッフ人数、ショールームなどについての基準が定められています。

メーカーの看板を背負っている以上、サービスの水準はある程度高くなっています。

昨今ではドリンクのサービスやキッズスペースなどを用意しているところもあります。

イメージとしては携帯電話のショップと似ています。

そのメーカーの情報をたくさん得られますが、他のメーカーの製品のことは知ることが出来ません。

そのため購入前からメーカーを絞っているという方には特におすすめです。

 

 

デメリットは値引きの幅が決まっているということです。

新車の値引きはメーカーが許容している範囲までであり、店舗の判断で大幅に値引きを行うことは出来なくなっています。

そのため、とことんまで交渉して値引きを行うことは難しいと言えます。

ただ、店舗側としてもたくさん売りたいということがあるので、値引き範囲の最大まで値引きしてくれることもあります。

2.オークションでの車の購入について

中古車に関してはオークションで購入するという手段もあります。

オークションの大きなメリットはやはり安く買えることです。

中間マージンがなく、卸値に近い価格で落札ができます。

 

落札という形式をとるので予算に合った車を探しやすいのもポイントです。

中古車のオーディション会場は業者間での取引場所となっており、取引のルールは厳正に決められています。

そのため、業者のオークションの場合は一定の安全性が確保されています。

出品車両をチェックしているのはプロの検査員であり、事故歴の有無や傷の場所など情報を確認しています。

それらのデータは出品票に記載されています。

 

出品されている数も非常に多いです。

販売店を1つずつ回っていくよりも効率的に探すことができます。

色やグレード、走行距離に至るまで詳細な条件を絞ることが出来ます。

 

一方で業者が主催していないオークションに関しては注意しておくべきことがいくつかあります。

まず情報の信用性がどこまであるのかということです。

プロの検査員がチェックをしていれば情報の正確性に関してある程度確保されていますが、業者でない方が中古で出品している場合は情報が完全に正確とは限りません。

所有者が気づいていないような不具合がある可能性もあります。

そのため、ある程度割り切って購入するということにもなります。

落札する前に業者が出品しているのか、プロの検査員がチェックしているのかといったことを事前に確認しておくことをおすすめします。

 

デメリットの1つが試乗できないということです。

試乗でしっくりと来たことで購入を決定したという方は多く、それを実現することは出来なくなっています。

落札した後はノークレーム、ノーリターンというのが一般的です。

そのため、通常の購入手段以上に慎重な情報収集が必要となると言えます。

リスクのある買い方ではありますが、その分安く買えるので考えようによってはハイリターンとも言えます。

3.ネットでの車の購入について

昨今では様々なものがインターネットで購入できるようになっていますが、それは自動車においても言えることです。

家に居ながらにして購入することが可能となってきました。

自動車を買いに行くと言えば販売店に行って、様々な手続きを行うというのが一般的ですが、その手続きをインターネット上で行えるようになったということです。

 

インターネットで購入する大きな利点は、忙しくて販売店に行く時間がないという方が家で少ない手間で買えるということです。

パソコンだけでなく、スマートフォンが使用できることも利便性を高める要因となっています。

相談のしやすさに関してはネックとなる可能性もありますが、メールや電話である程度は緩和できます。

 

ただ、実際に会って話した方が確実なのは明白です。

質問項目などをまとめて聞くことで疑問点の解消や交渉などを進めることができますが、細かいニュアンスが拾いにくいという問題もあります。

ネットでの自動車販売は販売店とは異なり、実店舗がないケースもあります。

これは人件費などを抑えることに繋がっています。

そのコストの低さが価格に反映されることでリーズナブルな価格で購入できる可能性があります。

この安さと利便性が利点となっています。

 

また、料金の支払いに関しては実店舗以上に円滑に進む可能性があります。

クレジットカードの使用やローンの契約なども簡単に手続きできます。

もちろん、セキュリティが万全であることが大前提ですが、クレジットカード会社や銀行においても実店舗ではないお金のやり取りが行われているので、それほど難しいことではありません。

 

試乗できないことはデメリットの1つと言えます。

実際に乗ってみないと、と考えている方は少なくありません。

自動車においては実際に乗ってみた時の印象が重要であることは言うまでもありません。

ただ、その部分を踏まえても利便性と安さに関して利点があるため、この販売方法も一定の需要を獲得しています。

4.電話だけで車を購入することはできる?

自動車を購入するにあたってどうしても時間がないという方やインターネットを使用するのはセキュリティが心配という方もおられるかもしれません。

そんな方々にうってつけなのが電話で購入するという方法です。

これは一部の店舗が行っているサービスの1つです。

出来るだけシンプルな手続きで買えるように工夫されています。

 

ただ、実際には完全に電話だけというわけには行きません。

やはり契約の部分があるからです。

しかし、その部分に関してもメールで行うことが出来ます。

電話もメールも記録として有効なので、自動車の販売に活用することが出来ています。

利用者の感覚としてはインターネットで購入するのと似ていますが、こちらは実店舗のサービスの一環となります。

 

そのため、このサービスを行っているかを確認しておくことが重要になります。

販売店のホームページや口コミなどを確認していくと見つかります。

実店舗の販売範囲を拡張できるため、この販売システムを導入するお店が増えつつあります。

総じて自動車を買うことへのハードルを下げていると言えます。

 

インターネット上での販売以上に簡単に手続きできる可能性がありますが、インターネット販売店とは違って実店舗があるのでコストダウンはしていません。

それゆえに通常の店舗で購入するのと同じ価格で買うことになる可能性が高いです。

つまり、他の販売方法と比べても一長一短と言えます。

 

この販売方法においても試乗をすることが出来ません。

試乗の重要性はありますが、試乗をせず自動車を買うという手段が増えているという情勢もあります。

利便性を重視して買う方が増えていることが現れています。

実店舗があるため、アフターメンテナンスに関しては特に問題がありません。

手数料などは販売店ごとに差があり、サービスしてくれる可能性も十分に考えられます。

ディーラーの場合は値引き幅が決められているので、手数料などをサービスするケースが多くなっています。

5.県外や遠方で車を購入する場合はどうすればいい?

昨今では自動車販売店が販売範囲を拡大しているため、県外などの遠方から購入することも可能になっていることがあります。

まず販売店のホームページを確認し、県外や遠方からの購入が可能かを確認しておきます。

その後にチェックしておきたいのが欲しい車種があるかどうかと、輸送費がいくらかかるかです。

輸送費は販売店による差が大きく、非常にサービスしてくれるところもあれば、高額な輸送費を設定しているところもあります。

また、各販売店ごとに輸送できる範囲が決まっている可能性もあります。

 

そこをクリアしていれば最終確認に入っていきます。

実際に店舗を訪れずに自動車を購入する場合は写真などで確認することになります。

インターネット上で買う場合はそこに掲載されている写真を確認します。

電話とメールで購入申し込みをする場合は写真を撮ってメールで送ってもらうと確認しやすくなります。

中古車を買う場合は傷などの確認も行っておきます。

インターネット上には走行距離や修理した回数などが記載されています。

この情報が正しいかどうかは鑑定書があれば明白ですが、ない場合もあります。

その販売店の情報が正しいかどうかはそれまでにお店の利用した方の口コミをチェックすればある程度予測することができます。

 

県外などの遠方から買う場合でも支払い方法はあまり変わりません。

現金、クレジットカード、ローンの3つを用意してくれていることが多いです。

店舗によってはクレジットカードが使えなかったり、ブランドが限定されていたりすることもあるので事前にチェックしておくことをお勧めします。

 

アフターメンテナンスに関する情報も買う前に確認することが重要です。

県外や遠方から店舗へと訪れずに買う場合は試乗をする機会がありません。

その分詳しい情報を入念に調べておくことをおすすめします。

買う際にローンを使用する場合はローン審査をネット上で行えるかどうかも確認しておくと安心です。

コメントを残す