あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

普通自動車の維持費は毎年どれくらい?安く抑える方法は?

普通自動車をこれから購入を検討されている方は、やはり車両本体価格とは別に維持費がいくらくらいなのかは気になるところです。

しばらく普通自動車に乗っていて一旦軽自動車に乗られていた方も法改正などで税金などの維持費も変わってきているのでもう一度確かめてから購入されるのも良いかもしれません。

1.普通自動車の維持費の内訳は?

まず普通自動車とは車の分類を分ける言葉ではありません。

よく履歴書などに免許の取得項目で普通自動車第一種免許取得などと書くときに普通自動車という言葉を使うかと思います。

しかし、例えば車検証などには普通車、乗用車、などの区分になっていて、普通乗用車というセクターのことを一般的に普通自動車と言っているのだと思います。

ここではとりわけコンパクトカーと呼ばれる小型車も含めて普通自動車の維持費の内訳を検証して行きましょう。

  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • 車検
  • 重量税
  • ガソリン代
  • メンテナンス代(消耗品)
  • 自動車保険
  • 駐車場

自動車税

まず普通自動車を所有したなら必ずかかってくる維持費の代名詞として、自動車税があります。

これは毎年4月1日の時点で車検証上に所有者として記載されいている人に5月頃に請求がきます。

ただし、これは年間の自動車税を4月1日の所有者が一度負担しますが、再販した場合には月割りで請求することができます。

当然乗り換えであれば新しいものも月割で支払う必要があり、購入する際の見積書にはきっちり記載されているでしょう。

自動車税は排気量によって税金の金額が異なります。

軽自動車まで含めると1000ccまで、以降500ccごとにおよそ5000円あがっていきます。

ただし、環境規制の一環として、初度登録(購入した日ではない)から12年が経過したものは一定の割合でさらに加算されます。

要するに古い車は環境にあまり良くないので乗り換えなさいと暗に意味しているものです。

逆に環境に良い低燃費車はその分軽減税率が適用されて、かなり大幅に減税が行われています。

自賠責保険

その他に自賠責保険というものがあります。

これは強制保険になっていて、車を乗る限りは100%全員が必ず加入しなければいけないものになっています。

と言いますか、今は自賠責保険に加入せずに車に乗ることの方が難しいでしょう。

こちらも年度によって保険料が推移していて、前年の事故によって自賠責保険が使われた割合に応じて保険料が改定されます。

安くなる年もあれば高くなる年もあります。

こちらも基本的には再販、売ってしまう場合には保険料を月割で戻してもらうことができます。

およそ車両代金に含まれていることがほとんどなので、もしお車を売る機会があれば自賠責保険料の項目を見てみると良いかもしれません。

車検

必ずかかってしまう維持費としては車検を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

車検は初度登録から3年後、それ以降は2年おきに陸運局にてお車をチェックしてもらう必要があります。

その際に車両を当然チェックしてもらう費用がかかります。

プロの整備士の方にタイヤを外してブレーキの状態を見てもらったり、エンジンルームを開けて冷却水やエンジンの様子を見てもらいます。

機械は永久に交換が不要なものの方が少なく、大きな事故になる前に交換しておくと安心です。

普段乗っていて気づかないような音や振動をプロの整備士が自ら感じたり、最近ではコンピューターに繋いで分析をします。

また車検とは別に一年ごとの点検も「法定」点検と呼ばれています。

12ヶ月法定点検というのが正式名称で、毎年必ず受ける必要があります。

検査項目は車検時ほど多くはないですが、ここでもブレーキを分解したりタイヤの状態を確認したり、エンジンの点火プラグをチェックしたりします。

こういった法定点検は陸運局が指定している検査項目が書いたシートの則ってディーラーの整備士は整備点検を行っています。

重量税

また車検時には自賠責保険料の更新もありますが、それとは別に重量税も課されます。

重量税という名前なのでやはり重量に応じて税金の金額に差があります。

よくレーサー仕様のように車両を軽くしている方もいらっしゃいますが、あくまで車検証上の重量をもとに重量税が計算されます。

ガソリン代

普段走る際にかかる維持費はどのようなものがあるでしょうか。

まずはガソリン代ですね。

これは乗り方、家族構成、主に使う場所、高速の使用頻度などによって変わってきます。

ガソリン自体が安い地域もあれば、運送のコストがかかってしまうがために多少高い地域も存在しています。

メンテナンス代(消耗品)

また点検時や、よく乗られる方は1~2ヶ月の方もいますがエンジンオイル・オイルエレメントの交換も必要になります。

だいたい6ヶ月、もしくは5000kmのどちらか早い方で交換を推奨しているメーカーが多いと思います。

2回のエンジンオイル交換のうち1回はエンジンオイルエレメントも同時に変えてあげることでエンジンオイルをより綺麗な状態に保つことができます。

自動車保険

そのほか任意なものとして自動車保険があります。

これも人によってまちまちで、年齢や車種、保険会社によっても大きく維持費に差が出てしまうこともあります。

>>たった3分で自動車保険料を安くする方法を解説!

駐車場

また、駐車場もお住まいの住環境によって変わってきます。

東京都心部で戸建の駐車場付きのご自宅を所有されている方はマイノリティだと思いますが、そうでない方は駐車場を契約します。

普通自動車の場合、駐車場がないとお車の所有自体ができないので必ず留める場所があるということを警察に届け出る必要があります。

なのでどうあがいても駐車場を契約せずに路上駐車でなんとかバレずにやり過ごそうということはできないでしょう。

2.普通自動車の年間の維持費はどれくらい?毎月いくら払ってるの?

では内訳がわかったところで、実際の維持費はいくらくらいになるでしょうか。

日本で一番売れている普通乗用車のプリウスで、そこまで自動車保険も手厚くせず、また駐車場は都会と田舎の中間での相場として見てみましょう。

自動車税/年:39500円

自賠責保険/年:16350円

車検代(1年・保険税抜き):46150円

重量税/年:7500円

ガソリン代/年 燃費26.04km/lで計算:53763円

メンテナンス代(消耗品)/年:40000円

任意保険/年:48000円

駐車場代/年:96000円

従って、年間の維持費の合計は347263円、毎月28939円という試算です。

3.普通自動車の維持費の平均は?うちは高い?安い?

上記の普通自動車の維持費は毎月25000円~35000円程度かと思います。

当然これ以外に車両本体価格というものは入っておらず、ローンを組んで購入された場合はそこからプラスで計上する必要があります。

ただ、これが高いのか安いのか、想定以上に安いのではないでしょうか。

普通自動車のプリウスが売れるのはやはり燃費がすごく良いために維持費が安く抑えられるのは大きな理由ではないでしょうか。

比べて燃費が悪くハイブリッドではないお車だとまたガソリン代なども非常に維持費に影響をしてくるでしょう。

4.普通自動車の維持費を安く抑える方法とは?

維持費を安く抑えるためには何か方法はあるのか。

上記のようなハイブッドカーや電気自動車を購入することで、最初の購入代金はガソリン車の方が安くなりますが維持費は低燃費車が圧倒的に安く抑えることができます。

例えば、燃費に10km/lの差があるとすれば、年間10000kmの乗ると仮定すると140円/lのガソリンだと年間140000万円の差がでます。

仮にこれがグレード違いでガソリンエンジンとハイブリッドで40万円の差額であれば1回目の車検を迎える頃にはハイブリッドの方が割安になるということです。

 

あとは任意保険の保険料を安くする方法があります。

更新する際に、補償内容がそのままで保険料を安くすることもできるって知っていましたか?

詳しいやり方はこちらの記事で紹介しています。

>>たった3分で自動車保険料を安くする方法を解説!

5.普通自動車の維持費をレンタカーやリースの場合と比較してみた

普通自動車の維持費がわかったところでレンタカーとリースを比較するとどうでしょうか。

レンタカーはガソリン代は同じようにかかりますが駐車場や税金、点検、車検などはかかりません。

なので、トータルで考えるとあまり車に乗らないのであればレンタカーのほうが割安で、頻繁に乗るなら購入したほうが安いです。

 

 

また、リースは同じように税金、点検、車検代なども月々の維持費に入っています。

たので単純に維持費で比較はできません。

車両購入代(ローンや金利)を加味して比較して得になるかどうかを検討することが大事です。

単純に金額だけで比較するなら、毎月の支払額はリースのほうが安くなることが多いです。

リースは走行距離制限や事故をした場合のデメリットもあるので、毎月のコストだけで考えずに、トータルで考えましょう。

 

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す