あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

初めて車を購入するときの注意点!購入時期や営業マン対策など

初めて車を購入するときは誰でも緊張しますよね。

ましてや高い買い物なので口達者な営業マンに騙されてはないか不安になる方もいます。

そんな初めての経験での注意点など、これを知っておくと安心というものを見て行きましょう。

1.車を購入するおすすめの時期はいつ?

車を購入するのに、おすすめの買い時、買う時期はあるのでしょうか。

思い立ったが吉日、とはいえ車のような高価なものはまず慎重に検討をしましょう。

もし緊急でどうしてもという場合は除いて、基本的には決算月がお得です。

自動車会社の決算月はおよそ3月が多く、その中間決算である9月もやはりおすすめの時期ではあります。

 

ではなぜ決算月がおすすめなのでしょうか。

それは自動車会社の決算で最後のあがきから始まったものでした。

毎期決算期に期初で決めた予算があって、それを達成するために営業マンは頑張ります。

しかしどうしても目標を達成できない場合は最後の決算月で帳尻を合わせて目標を達成しようとするわけです。

会社として決算月に頑張って成績を上げると当然決算発表で株主に対しての説明が立ちます。

 

また、新聞などで売れ筋の車が発表されるとどうしてもその車というのはさらに売れる傾向にあります。

CMなどでもコンパクトカー売上台数ナンバーワンなどと言われると人気があるってことは良いんだなと思って購買意欲が湧きますよね。

 

また、お客さんから見ると車屋は1つの車屋でしかないですが、厳密にいうと車屋はメーカーと販売会社に別れます。

メーカーはある一定の数量を見越して生産をしますので、その台数が売れないと在庫を抱えてしまうことになります。

あるいは、その台数分を販売会社に無理矢理買わせることになるので、何れにしても目標台数を達成するためにある程度値引きを頑張ってくれるのです。

 

もしかするとあなたはトヨタはカンバン方式を採用しているからそんなのは関係がないのでは、と思われた方もいるかもしれません。

カンバン方式はそもそも受注が入ってから生産をするシステムのことです。

その注文の内容を記載した紙をカンバンと呼んでいるのでカンバン方式と言います。

 

確かに完成車自体はカンバンの指示通りに作られます。

しかし、車は1~3万点ほどの部品で構成されていて、そのほとんどを部品会社から供給されています。

そしてその部品の値段を決める際の目安としてある程度の台数見込みをもって価格の合意をします。

つまり、その台数見込みが大きくはずれることがあれば部品会社はそもそもその価格では作りきることができないことになります。

なので、トヨタも目標台数にコミットすることは必要なのです。

>>素人でもできる新車の値引き交渉術の詳細はこちらの記事に書いています。

2.女性が車を購入するときの注意点とは?

車の購入は男性がするイメージが強い場合もありますが、最近では女性も車を購入するためにディーラーに来られることが多くなりました。

その中でも圧倒的にダイハツはショールームの綺麗さや宣伝などを女性目線で行ってきたことから女性の車の商談の割合が他メーカーよりも多いです。

 

では、その中で何か注意をすることはあるのでしょうか。

女性でまず注意をしなければいけないことは、車の車種は決めましたがナビなどのオプション品はよくわからず営業マンのいいなりになってしまうことです。

およそ営業マンも悪い人ではないですし、オプション品もあれば便利というものしかありません。

しかし、意図せず必要ではないものをつけて高額になったり、必要ですがつけていなかったなどのケースがあるのかなと思います。

 

特にナビ、ETC、ドライブレコーダー、ガラスコーティングなどは高額なので、本当に必要かどうかはしっかり検討したいものです。

そのほか女性だから不利ということは全くありません。

価格の交渉も男性で得意な人もいれば不得意な人もいるのと一緒で、女性も得意不得意はあると思います。

女性であっても値引きせず購入を逃してしまうくらいなら絶対値引きいっぱいいっぱいして買ってもらう方が良いと考えるからです。

多少他の競合者のことを知っていれば男性であっても女性であっても変わりはないというのはディーラーに勤めた経験でそう思います。

>>優良な中古車を安く買う方法の詳細はこちらの記事に書いています。

3.車を購入しても駐車場がない場合はどうすればいい?

よく車を購入する方で駐車場がないですが購入を先にできますか、と聞かれます。

結論から言うと「購入」はできます。

 

しかし、普通車の場合、名義を登録するのに必ず車庫証明が必要になります。

そのため車庫証明を登録するまでに駐車場を用意しておく必要があります。

この車庫証明は警察の管轄で、初めて登録する車庫証明であれば警察の方もしっかり確認しに行きます。

例えば4メートルの大型の車が本当に入るのか、などメジャーもしっかり使って調べます。

地域によって違いはありますが東京だとおよそ中1~2営業日で車庫証明が発行されるでしょう。

 

また、軽自動車は同様に車庫証明が必要な地域とそうでない地域があります。

東京23区などの都市部では必ず軽自動車の名義登録後に登録します。

しかし、少し都市部から離れた地域では車庫証明が必要でない地域も存在し、必ずしも駐車場が必要ではない場所も存在します。

これはおよそ駐車場がなくて家の目の前においても困らないようなスペースがある地域に限られてしまうでしょう。

4.車を購入したらお祓いをしたほうがいい?

車を購入する際にはお祓いはするべきでしょうか。

車の運転はお守りなどでもお祈りをしたり、大安の日を納車日にするなど気にする方は非常に気にします。

私の経験ではお祓いをする方はかなり稀です。

 

しかし、法人で購入する方で神社が近くにある場合などでは毎回お祓いをする会社もあります。

納車を朝のうちに済ませ、そのまま神社に行かれてお祓いをしていました。

何台も車を頻繁に使うような会社であれば、何もないようにお祓いをしても良いのではないでしょうか。

 

また、そういった気にされる方には万が一ナンバープレートが上がってきたときによくない番号になってしまうこともあるので希望ナンバーをおすすめしています。

希望ナンバーはぞろ目などを除けば基本的には抽選もなくすぐに発行できます。

末広がりの8を意識した番号や誕生日など、およそ4ケタを好きな番号に指定することで気持ちよく納車の日を迎えることができます。

六曜とナンバープレートは特にディーラーの営業マンは気にしているでしょう。

5.車を購入するとき営業マンに騙されない値引きの仕方!

最後に、車を購入するときに、営業マンに騙されず値引きを引き出す方法を見て行きましょう。

まず、営業マンの営業がそもそも騙しであるかはその人次第にはなりますが、値引きを引き出すテクニックはいくつかあります。

 

まずは相見積もりは絶対必要でしょう。

他メーカーで同程度の車種は、購入する車を決めていたとしても見積もりをもらっておきましょう。

そこでもできる限り多くの値引き額を引き出して比較検討の材料になるようにしましょう。

 

また、同じメーカーであっても販売会社が違うと値引額が違ったりします。

例えば東京のトヨペットと埼玉のトヨペットは大元の販売会社が異なっていて、他の販売チャネルを当たって見ることも有効かもしれません。

インターネット上にも確かに情報は出ていることもありますが、リアルタイムの情報はたまたまではない限りは難しいです。

と言うのも、車会社のキャンペーンは毎月変わるからです。

 

決算月で購入してもらうためには値引き額は多いですが、それ以外の月も値段だけでなくナビ無料でプレゼントなどのキャンペーンがあるかもしれまえん。

どれだけ下調べをしたかで営業マンの対応も多少変わってきますので、時間がかかっても強いれるようにしましょう。

>>素人でもできる新車の値引き交渉術の詳細はこちらの記事に書いています。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す