あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

ファミリーカーの維持費は毎年どれくらい?安く抑える方法とは?

今ファミリーカーの購入するとき、どのくらいの維持費がかかるのかが気になりますよね。

やはりお子さんがいらっしゃる世代の方がほとんどなので、子どもにお金をかけたいという気持ちはよくわかります。

ファミリーカーの維持費を安くする方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.ファミリーカーの維持費の内訳は?

そもそもファミリーカーとはどういった車を指すのでしょうか。

実はファミリーカーはこれですというものは存在しません。

ただ、お子さまがいらっしゃる家族の多くが乗られている車がファミリーカーなのです。

その中で圧倒的に割合が多いのがミニバンと言われるものです。

イメージで言うと3列シートだったり、2列シートで後席のさらに後ろの荷物のスペースがかなり広いタイプの背の高いバンをイメージしてください。

 

ただ、家族で乗用として使うので商用タイプではありません。

具体的に車種で言うと、ホンダのステップワゴン、日産のセレナ、トヨタのボクシーが一番中心選手です。

そこから高級路線になるとホンダではエリシオン、日産ではエルグランド、トヨタではアルファードというラインナップがあります。

最近では中心選手よりも取り回しが効いて小さいサイズということで、ホンダのフリード、日産のノート、トヨタのシエンタ、スズキのソリオ、ダイハツのトールなどのサイズも入るという方もいます。

 

では実際のファミリーカーの維持費の内訳はこのようになります。

  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • 自動車保険(任意保険)
  • 点検・車検(メンテナンス費)
  • 重量税
  • ガソリン代
  • 駐車場代

自動車税

まず自動車税がかかってきます。

これは普通乗用車の中に分類され、排気量によって自動車税の税額も変わります。

例えば1500ccまでのお車は34500円で、それ以降500cc増えるごとに5000円ずつ増えていきます。

自動車税は毎年かかってくる税金で、5月頃にまとまって請求書が届くのでしっかり準備をしておく必要があります。

自賠責保険

そのほかに自賠責保険があります。

これは軽自動車と普通車によって多少の保険料が異なりますが、どの車もどこの保険会社で発行したとしても一律の値段で購入時、または車検時に更新していきます。

強制保険となっていて、新車購入時にまず3年分、そのあとは車検が2年ごとになるので2年分を支払い続けることになります。

厳密に言うと万が一車検が切れて車を運転してしまった場合などのために新車車両購入時に37ヶ月と、1ヶ月多く発行しておくことが一般的です。

自賠責保険は年度によって多少の保険料が変わるため、細かい方は保険料が上がる前に発行する方も稀にいらっしゃいます。

自賠責は切れなければ良いため、長く発行されている分には問題がありません。

自動車保険(任意保険)

また遠出をしたに万が一のことに備えて任意保険である自動車保険は必ず入っておきましょう。

自動車保険に加入しても何年も使ってないという方はその分保険料も安くなっているはずで、自賠責保険だけではまかない切れないような損害賠償も発生することもあります。

お子さんがいらっしゃるがこそしっかり手厚い保険内容に充実させたいものですね。

>>たった3分で自動車保険料を安くする方法を解説!

点検・車検

あとは点検・車検は維持費としても予め考えておかなければいけません。

点検はしっかりした方で半年ごと、少なくとも一年に一回は必ず点検をしてください。

そもそもエンジンオイル交換が遅くとも半年に一度は必要で、その際に点検をするパックなどに加入することもできます。

点検から車検から全て割安に加入できるのでディーラーなどに問い合わせてみましょう。

あとは乗れば乗るほど消耗品の交換は出てくるので、それも合わせて維持費として考えておくと万が一の出費の時に準備できます。

重量税

車検時にはそのほかに重量税も課税されます。

重量税はエコカーでの減税もありますが、基本的には車両重量に応じて課税されます。

ファミリーカーのミニバンでもやはりこの重量税を意識した車両重量を考えて設計しているお車も多いです。

それだけ家族層が維持費を意識してお車を検討していることがわかりますね。

ガソリン代

せっかくファミリーカーを買ったので遠出をすることもあると思います。

その時に気になるのがガソリン代ではないでしょうか。

ファミリーカーも最近はガソリンがハイブリッドタイプも多く、各社とも凌ぎを削っています。

 

 

駐車場代

あとはその人によってはきますが駐車場代も維持費に含まれます。

自宅の敷地内にその車の駐車スペースがあれば駐車場代はかからないでしょう。

お車を購入する際には必ず警察に届け出る必要があり、実際に車が入るのかどうかを確認しにきます。

ですので、車の寸法は予め確認しておきましょう。

2.ファミリーカーの年間の維持費はどれくらい?毎月いくら払ってるの?

どんな風に維持費がかかるのか内訳を見てきましたが、では実際に具体的にはいくらくらいかかるのでしょうか。

(1年換算)
・自動車保険料 50,000円
・ガソリン代 92,000円
・車検代 30,000円
・自動車税 39,500円
・重量税 16,400円
・自賠責保険 12,915円
・消耗品代 40,000円
・駐車場代 120,000円

ファミリーカーの維持費を1年換算したところ年間400,815円、毎月33,400円がかかる計算になるでしょう。

実際には上述した通り、車検代や車検に関わる税金などはその都度ですし、自動車税は5月頃に一括で支払い請求書が届きます。

毎月準備金として車両代をプールしておくと急に大きな金額の請求がきても焦らず対応できるでしょう。

3.ファミリーカーの維持費の平均は?うちは高い?安い?

ファミリーカーは維持費の平均は3万円~4万円程度でしょうか。

同じ地域に住んでいる方で高いとか安いの差がつくとすれば自動車保険ではないでしょうか。

長年事故もなくゴールド免許で、週末だけしか使わないという方と、ブルー免許で毎日通勤にも使い、事故を起こして等級が下がってしまった方は年間にして数万円単位で金額が変わる可能性があります。

また、駐車場もご自宅にあるのであれば維持費はゼロになるので、駅近や天井があるなど好条件の場所に駐車場を借りる方と比較すると大きな差になってくるでしょう。

4.ファミリーカーの維持費を安く抑える方法とは?

税金などはどうしようもない部分ではありますが、なんとか維持費を安く抑える方法があれば実践したいものです。

ファミリーカーだけに限らず、これをすれば維持費が安くなるというものとしてご紹介いたします。

 

まずは自動車保険の見直しです。

自動車保険は金融商品なのですが時代とともに変わっていきます。

今ある保険を長年変更もせずにただ更新、更新を続けていくと、現状にあまりそぐわない保障内容にも関わらず保険料は高いままということもあります。

各保険会社見積もりだけは無料でやってくれますので是非一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

また任意保険の保険料を安くする方法があります。

更新する際に、補償内容がそのままで保険料を安くすることもできるって知っていましたか?

詳しいやり方はこちらの記事で紹介しています。

>>たった3分で自動車保険料を安くする方法を解説!

 

その次に今すぐできることとしては、ガソリンを入れる際に満タンにしないということです。

ファミリーカーのようなガソリンタンクがある程度大きいお車の場合、満タンにすると40L以上入るお車がほとんどでしょう。

では仮に20Lだけ入れたお車と満タン入れたお車だと単純に約20kgのものをずっと積んでいるようなものなのです。

まめにガソリンを入れる必要が出るのでガソリンスタンドの場所にも寄りますが、これだけで意外と燃費は稼げます。

また、同じ考えでお車にたくさん荷物を乗せている方はすぐに荷物は持ち帰りましょう。

5.ファミリーカーの維持費をレンタカーやリースの場合と比較してみた

最後に、今までファミリーカーの維持費を検証してきましたが、レンタカーとリースの比較もしてみましょう。

まずレンタカーは予約をして借りに行くなどの手間は必要ですが、ガソリンは使った分だけ、また税金や駐車場代などはかかりません。

月に1~2回などのような使用頻度が少ない方はレンタカーのほうが安いですね。

 

対してリースはどうかというと、点検・車検代なども含めたメンテナンスリースというものがあります。

最初からお車をローンで購入する方にとっては金利は少し高い程度で、毎月一定の金額を準備することもなく定額で乗ることができます。

購入費を含めた単純な金額の計算をすると、リースのほうが安いことが多いです。

ただ走行距離や事故にあった場合、弁償代がかかるので総額の比較検討をして見るのも良いでしょう。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す