あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車をオークションで個人で買う方法は?納車までの流れや注意点など

オークションなら車を安く買えるんじゃないか?と考える人は多いです。

とはいえ個人でオークションで車を買うことはできるのでしょうか?

もし買えたとしたら納車までの流れや、注意点なども確認していきましょう。

1.車をオークションで買うときの納車までの流れは?

車をオークションで買うときの納車までの流れを確認していきましょう。

まずそもそもオークションで購入をしたいのかを考えるところから始まりますよね。

なので、購入相談・依頼・お問い合わせなど、車種・カラーなどお車の希望条件など話し合います。

 

このヒアリングが非常に重要で、後日オークション会場で買ってきたものがお客さんの気に入ってもらえなければ何の意味もなくなってしまうからです。

そのヒアリングを元にオークションで条件に合う車を探します。

見つかり次第メールや電話で連絡をするので、逐一報告をもらうこともでき、また見つからない場合も週に1度程度は連絡をもらえる業者もあるでしょう。

 

オークションが開催されるごとにて下見に行き、購入を検討する場合は代行業者がオークションで出品車両を下見します。

その後実際にオークションに参加するかしないかを決めますが、オークションに参加しても競り落とせない場合もあります。

また、割高感がある場合は競りを降りて、別の物件も検討することができます。

 

それで落札、買付けができた場合は、本契約書と必要書類のやり取りをします。

代金の入金をしますが、ローンの場合あらかじめ相談が必要です。

点検・整備が行われ、車両の状態と希望に応じて補修、内外装の仕上げを行います。

その間に必要書類(印鑑証明・委任状・車庫証明など)を準備します。

最終的に日取りを決めて名義に変更後、納車をします。

だいたいこれらの作業がスムーズに行くと2週間前後になります。

2.車をオークションで買うメリットは?

納車までの流れは難しいことはありませんが、そもそもオークションで買うメリットは何でしょうか。

やはり最大のメリットの安く買える可能性があるということではないでしょうか。

中間マージンが入らず、業者の仕入れ値価格で落札、購入できます。

 

また、中古車オークション会場は業者間専門の取引場所なので、個人でのオークションの参加はできません。

取引のルールは厳格で、出品車両はすべてプロの検査員が、事故暦の有無、傷の場所、車の状態などを厳しくチェックします。

確かな人たちの修復歴の有無などを確認することができるので、下手な中古車販売業者に事故車を黙ってつかまされるようなことはないです。

そもそも市場に希望の車が希望の価格ではないので、それらを見つけるのはオークションの方が断然簡単です。

オークション自体もたくさんの数のオークションが全国で毎週のように開催されています。

どれかに数打てば当たるではないですが、それだけ必死に探していればいつか最高の自分の車のパートナーが見つかるでしょう。

3.車をオークションで買うデメリットは?

車をオークションで買う際のデメリットというのは何かあるのでしょうか。

オークションでの買う際の最大のデメリットはやはり実際のものを見てから買うということができないことです。

いくらか情報を代行業者からもらうことはできますが、やはり実物が見れない以上心配な部分は残ってしまいます。

 

また、新古車のような比較的新しい車種に関しては心配は少ないですが、いわゆるビンテージの車であればどんなことが起こるかわからないでしょう。

そのあたりの保証をしてくれる代行業者かどうかは確認が必要ですね。

また、メーターにいたずらをされて改ざんされたなどの重大な瑕疵がある場合以外には購入後のキャンセルが原則できません

業者としてもオークションで競りで買ってオークション会場への支払いをしたけど買主からはいらないと言うことができたらたくさんのオークション業者が潰れてしまうでしょう。

また、車に問題があったとしても、クレームができない場合も多いのです。

4.車をオークションで買うとき分割やローンで買うことはできる?

車のオークションでたまたま運よく良い車が見つかりました。

しかし、いざ購入の段になって現金よりもローンで分割にしたいと思ったときには分割で購入できるものでしょうか。

基本的には中古車の売買契約と同じようにオークションであっても分割ローンを取り入れている業者はあります。

しかし、車種などを限定をしているケースもあって、この車種であればローン通せる、この車種であればローンは難しいなどもあるようです。

 

ただ、まず最初に相談するとすれば銀行に相談して見ましょう。

取引の状況等で今まで何の問題もなくお給料としても口座を使っている銀行の場合、貸してくれる可能性はあります。

しかも銀行でのローンの場合は一般的に金利が安いです。

特に都市銀行は安く設定していることが多いですが、地方銀行であったとしても車屋が使っているクレジットローンの分割にかかる金利手数料よりかは安いはずです。

銀行での取引をする際の審査にはある程度時間がかかってしまいます。

したがって、あらかじめわかっているようであればその代行業者に早めに見積もりを作ってもらい、審査にかけるようにしましょう。

 

そして残念ながら融資が難しかった場合は代行業者に改めて相談をして見ても何も気にせずに行ってください。

車屋側からすると、金利が安い銀行のローンは審査が一番厳しいことは理解の上なので、チャレンジしてダメであれば切り替えてオートローンに切り替えて審査を通して見ましょう。

5.車をオークションで買うときによくあるトラブルとは?違約金を払わされる?

車のオークションで買ったはいいが、その後のトラブルでの違約金などが発生しないようにするにはどうすれば良いでしょうか。

上記にも少し触れましたが、オークションは実際の車を見て購入をするということができない側面があります。

一度売買契約を締結してしまえば、そこから一方的に何らかの理由があってキャンセルをした場合には違約金を支払う義務が発生します。

違約金の金額には受験などはなく、およそ売買契約書の中に記載されているものと推測されます。

 

ただし、法律の観点で言うと、いつからが売買契約の締結がなされたかが問題になります。

多くの方は売買契約書にサインをしてハンコを押した時点で契約が完了したものであると思っているかもしれませんが、実際には違います。

違いますと言ったのは、自動車の売買契約の場合には現物取引ができないのでどこからが契約成立しているのかを明確にしているのです。

 

現金での注文をした場合には以下のいずれか早い日と定義されています。

自動車の買主への登記手続きがなされた日、または注文者の依頼による車両の修理、改造、架装等に着手した日、あるいは車両の引渡がなされた日の早い日となっています。

1つ目のものは車検証の名義が変更された日が締結日としています。

また、2つ目のものは買主に車を引き渡す前に点検や修理、追加でナビなどをつけるなどの整備に着手した日ということです。

3つ目は実際にその車自体を引き渡しをした日ということですね。

それまでにキャンセルを申し入れた場合には契約が完了していなかったとすることができます。

 

また、割賦販売、ローン提携販売、立替払い付販売の場合にはこれらの契約書に定められている日とすることになっています。

実際の展示場にある中古車ですらキャンセルがないように、誤解や認識のズレがないように最新の注意をしてお客さんには臨むものですが、オークションとなればより一層緊張が高まります。

最近は展示場にあるものでもカーセンサーなどの画像を見ただけで電話で購入される方も多くなってきているので、この類のトラブルは今後より一層増えていくでしょう。

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかfだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す