車下取りは損をする!?賢く車を買い替えるコツを大公開!

車下取りをすると、損をするって知っていましたか?

「ディーラーで車を買うわけだから、高く買い取ってくれるんじゃないか?」

と思うかもしれませんが、実はそんなことは一切ありません。

この記事ではどうすれば車を高く売ることができるのか?賢く買い替えるコツなどを紹介していきます。

車下取りで損をするのはなぜか?

下取りと販売は別物ですからね。

買い取った車を処分しながらも、利益を出そうとするのが普通の会社です。

そのときディーラーが高く売りさばくことができれば、下取り価格も高くなります。

しかし、多くのディーラーは買い取った車を高く売ることは不得意です。

あくまで本業はお店で扱っている車を売ることですからね。

なので、ディーラーで車を下取りしてもらうよりも、専門の車の買取業者に買い取ってもらったほうが、高苦なる傾向があります。

専門でやっている分、買い取った車を高く売る方法を知っているので、それだけ高く買い取っても利益が出ますからね。

車下取り相場より30万円も高い!?買い取り業者に高く買ってもらうコツを大公開!

下取りよりも買い取り業者に売ったほうがいいのですが、近場という理由で業者を選ぶのはもったいないです。

というのも、買取業者ごとにも様々な特徴があり、得意としている車が変わってきます。

例えば、軽自動車が得意な業者もいれば、ミニバンが得意な業者、セダンが得意な業者、ハイブリッドが得意な業者など、様々いるということです。

あなたの車を高く買い取ってくれる業者を見つけなければいけないのですが、これはもう見積もりを出してもらうしかありません。

なので、複数の業者に見積もりを依頼することが大事なのです。

また、複数の業者に見積もりを依頼することで、比較して高いところに売るだけで、難しいことは一切ありません。

例えば、

  • A社 66万円
  • B社 31万円
  • C社 90万円
  • D社 46万円
  • E社 74万円

という見積もりを出してきたら、「C社」に決定すればいいのです。

これなら簡単に高く車を売ることができますよね?

ただ複数の業者に見積もりを依頼する時には、問題が1つあります。

それは見積もりの依頼をするのが面倒ということです。

そこでおすすめなのが、無料一括見積もりサイトです。

一括見積もりサイトに依頼をすれば、たくさんの業者に一度に見積もりの相談をすることができます。

このときできれば15社以上になるようにしたほうがいいです。

業者によっては50万円以上も差が出ることがあるので、取りこぼしをなくすためにも、数は多いほうがいいのです。

そのためには一括見積もりサイトも2つ、3つと使ったほうがいいですね。

一括見積もりサイトごとに登録されている業者が違うので。

1つあたり5分もかからないので、運悪く何十万円も損をしたくなければ使ったほうがいいですね。

これを使っておけば間違いなし!おすすめ無料一括見積もりサイト

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイドは必要事項を入力したら、おおよその価格をその場で知ることができる唯一のサイトです。

なので、とりあえず売却相場を知りたいという場合にも使えるサイトです。

ガリバーやカーセブンなどの大手業者も含んでおり、とても安心して使えますし、高額買取も期待できます。

>>とりあえず無料見積もりをしてみる

カーセンサー

カーセンサーは見積もりをする業者を選ぶことができます。

なので、見積もりの数をあまり増やしたくない場合には、こちらで厳選して依頼することもできます。

ただその場合、損をするリスクは覚悟しておく必要はありますけどね。

>>とりあえず無料見積もりをしてみる

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は登録されている業者の数が214社ととても多いです。

その中から最大で10社選ばれます。

なので、他のサイトを利用して依頼することができなかった業者にも依頼できる確率が高いです。

依頼する業者の数を増やしたい場合には、ぜひ利用してください。

>>とりあえず無料見積もりをしてみる

車下取り交渉のコツ!高い下取り価格を引き出すポイントとは?

車下取り交渉の時に、まず知っておきたいのはあなたの車の下取り価格の相場です。

これが分からないことには、ディーラーにうまいようにやられてしまいます。

例えば、本来相場が40万円なのに、ディーラーは20万円とかなり安い下取り価格を提示することがあります。

その後、交渉によって30万円にできたとしましょう。

一見すると、20万円→30万円ということで、10万円も値上げできたと喜べるところですが、実際には相場よりも10万円も損しているのです。

こういった風に騙されないためにも、最低でもあなたの車の相場を知っておく必要があります。

また下取りよりも買い取り業者に売ったほうが高く売れることもあるので、相場を知るついでに買い取り業者ならいくらで買い取ってくれるかを知っておくことも大切です。

>>とりあえず無料であなたの車の価格の相場を調べてみる

 

相場を知ることができたら、ディーラーよりも優位な立場に立つことができます。

安ければ下取りをしなければいいだけの話ですからね。

また、ディーラーとの交渉で高い下取り価格を引き出すためには、「他のディーラーで売っている車とどっちにしようか悩んでいる」という態度で交渉をするのがいいです。

競合する他店に取られるくらいなら多少下取り価格を高くしても仕方ないと思わせることができます。

複数のディーラーを比べることで安く車を買い替えることができますよ。

車下取り時に傷やへこみは修理してからの方がいい?

車下取りしてもらうときに、車にある傷やへこみをどうしようか悩む人は多いです。

修理ができるのであれば、修理をしたほうが下取り価格や買取価格は高くなりやすいです。

でも、下手に修理をして、ボディにむらができてしまったり、余計な傷を付けてしまっては元も子もありません。

だからといって、修理業者に依頼をしてまで傷やへこみを修理するのはやめたほうがいいです。

修理業者に頼むと結構なお金が取られますからね。

その分下取り価格が高くなる保証はありません。

なので、自分でうまく修理できる自信がなければ、そのまま下取りしてしまうというのがおすすめです。

もちろん傷やへこみがあることで、多少下取り価格は下がることもありますが、大きく減額されるということはあまりありません。

というのも、ディーラーや買取業者は提携している修理業者があるので、そこに依頼をすれば私たちが依頼するよりも安価で修理することができるからです。

なので、傷やへこみがあってもあまり気にすることなく、業者に見せるようにしましょう。

>>とりあえず無料で複数の業者に見積もりを出してみる

車下取りよりもオークションの方が高く売れる!?

車下取りよりもオークションの方が高く売れる可能性があります。

というのも、下取りをした場合、ディーラーの利益や整備費用などを上乗せして販売されます。

もしあなたがオークションで売れば、その分車の値段を引き上げることができるのです。

なので、高く売れる可能性があるのですが、それはもちろん”売れれば”の話です。

オークションは不確定要素も大きいので、必ずしも希望価格で売れるとは限りません。

すると、値下げをする必要もあり、下取り価格よりも安くなってしまう事だって十分にあります。

また、いつ売れるかも分からないので、買い替えをするときなどは頭金の見通しが立てづらいというデメリットもあります。

つまり、オークションは高く売れることもあるが、不確定要素も多いということです。

なので、個人的にはあまりおすすめしません。

複数の買取業者に見積もりを出して、比較するというのが最も手軽で高く売れる方法ですね。

>>とりあえず無料で複数の業者に見積もりを出してみる

車下取りで値段がつかない!そんな車でも買い取ってもらうことはできる方法がある!?

10万キロ、15万キロ、20万キロなど長距離走らせた車の場合、車下取りでは値段がつかないこともあります。

さすがに古すぎるということでしょう。

一つの目安としては、10万キロ以上だと値段がつかないケースが多くなってくるそうです。

ただこれはあくまで下取りでの話です。

買い取り業者の中には、古い車で買い取ってくれる場合があります。

もちろん値段は安いでしょうが、普通車を廃棄するとなったら1万円程度お金がかかります。

そのお金が必要なく、むしろプラスになっただけでも喜ばしいものです。

買い取り業者にも色々と得意不得意分野があるので、少しでも買い取ってもらえる可能性を高くしたいのであれば、1社でも多くの業者に見積もりを依頼することが大事です。

そのときには一括見積もりサイトを使うと楽チンですよ。

一括見積もりサイトごとに登録されている業者が異なるので、たくさんの業者に依頼をしたいのであれば、3つ使ったほうがいいでしょう。

>>とりあえずかんたん車査定ガイドで無料見積もりをしてみる

>>とりあえずカーセンサーで無料見積もりをしてみる

>>とりあえずズバット車買取比較で無料見積もりをしてみる

コメントを残す