あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却時に保険の中断証明書は発行するべき?手続き方法は?

中断証明書は車を売却するときに必ず発行するものではありません。

しかし、特定の条件下で中断証明書を発行しないと保険料で損してしまうことになります。

そこでこの記事では車売却時の中断証明書について詳しく説明していきます。

1.車を売却するときに中断証明書を発行したほうがいい条件とは?

中断証明書を発行したほうがいい条件とは

すぐに次の車を使わないが、今後10年以内に車を使う可能性がある場合です。

 

中断証明書を発行すると、最大で10年間等級を維持することができます。

等級が上がっていると、保険料が安くなることはあなたも知っていると思います。

普通に解約すると等級は維持することができず、新しく車に乗るときにはリセットされてしまいます。

せっかく上がった等級を無駄にしないために中断証明書の発行しておいた方がいいのです。

保険の等級が高くて、次の車に買い替える予定がない場合には、中断証明書を発行する手続きを行いましょう。

2.任意保険の中断証明書の手続き方法は?必要書類とは?

中断証明書の手続きを行うにはいくつかの条件をクリアしている状態で保険会社に連絡する必要があります。

中断証明書の発行条件

  • 任意保険の等級が7等級以上
  • 中断日より前に乗れないようにしておく(車の売却や譲渡、廃車などを済ませておく)
  • 保険解約か満期日から13か月以内に請求する

 

任意保険の等級は最初は6級となるので、それ以上の等級でないと中断証明書を発行する意味がありません。

等級が低い場合には、リセットしてしまったほうが保険料がお得になりますからね。

また万が一中断後に事故が起こっても問題なので、中断ができるのは車を乗れないようにしておく必要があります。

 

必要な書類は厳密には保険会社によって必要な種類が異なります。

なので正確な必要書類は保険会社に確認の上用意してください。

 

ただ基本的にはこの3つの書類があれば手続きは可能です。

中断証明書の発行に必要な書類

  • 中断証明書発行依頼書
  • 中断前の保険証券の写し
  • 売買契約書や廃車の証明書

 

中断証明書発行依頼書は保険会社か代理店に連絡すれば、自宅に送ってもらうことができます。

その依頼書に必要事項を書いて、中断前の車検証券の写しや売買契約書などの書類と一緒に返送すれば手続きは完了します。

ちなみに3番目の書類については、車を手放したことが分かる書類が用意できればなんでもOKです。

知人に譲ったという場合には、譲渡前後の車検証を用意すればOKでしょう。

 

この手続きを完了すれば中断証明書が発行されて自宅に届きます。

中断を再開するときには中断証明書が必要になるので、なくさずに保管しておきましょう。

 

任意保険の中断証明書の発行は車を売却した後に行う手続きとなっています。

とりあえず今は車を相場よりも高く売却するために一括査定サイトを使っておきませんか?

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す