あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

遺産相続した車を売却する手続きや書類は?相続税はかかる?

両親や親族がなくなった時に車を遺産相続することがあるかと思います。

遺産相続してその車に乗り続けることもできますが、すでに車を持っている場合は売却するということが多いと思います。

そこで今回の記事では遺産相続した車を売却する方法について詳しく解説していきます。

1.相続した車を売却するには相続人に名義変更の手続きが必要!

車を相続した場合、そのままでは車を売ることができません。

所有者の名義が亡くなった人のままでは売ることができないので、名義を相続人に変更する必要があります。

相続人に名義を変更したら普通に車を売るときと同じ手順で売ることができます。

 

亡くなった親の車を売却したいという場合も、相続人を決めて名義を変更して売却するという流れになります。

この手続きは弁護士や司法書士などの専門家に頼らなくても自分で手続きを行うことができます。

また買取店に代行を依頼することもできるので、自信がない人は買取店に代行をお願いするといいと思います。

2.相続した車を売却するのに必要な書類は?

相続した車を売却するには普通の名義変更とは異なる書類が必要となります。

  1. 戸籍謄本(相続者全員の記載があるもの)
  2. 故人(親)の戸籍謄本
  3. 遺産分割協議書
  4. 印鑑証明書(相続者全員)
  5. 車検証
  6. 相続する方の住民票
  7. 相続する方の車庫証明書

これらの必要な書類を持って陸運局に行けば手続きを行うことができます。

 

遺産分割協議書には相続人全員の実印が必要になります。

また相続人全員の印鑑証明書が必要になります。

相続人が複数いる場合、少し手間がかかるポイントだと思います。

遺産分割協議書ついては、国土交通省が公開している書式を使ってください。

遺産分割協議書のテンプレート

 

これらの書類を用意して、陸運局に持っていけば名義を変更することができます。

自分で名義変更の手続きを行うこともできますが、慣れていないと少し苦労するかと思います。

書類の用意し忘れなどがあると二度手間になったりして大変です。

 

この手続きは買取店に代行をお願いすることができます。

あらかじめ車売却する買取店を決めた後に手続きを行うこともできます。

その場合には必要な書類は買取店で指示してくれるので、漏れなくスムーズに売却することができますよ。

>>高額買取が期待できる一括査定サイトはこちら

3.車を売却したとき相続税を払う必要があるの?

車を売却したときに相続税がかかるのではなく、車を相続した時点で相続税がかかります。

ただ必ず相続税がかかるというわけではありません。

相続税は課税対象に指定される遺産総額が「基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人数)」を上回った場合のみです。

遺産総額が基礎控除以下の場合は、車を相続しても相続税がかかることはありません。

相続総額が基礎控除額を上回る場合には、相続税がかかる場合には、査定をして車の売却額を調べるがあります。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す