あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

所有者の名義が違う車は売却できる?所有権解除の方法は?

車の所有者と使用者が必ず同じとは限りません。

親の車をもらった場合やローンを組んだ場合などは名義が違うままになっていることが多いです。

ただそんな名義が異なる車を売却することはできるのでしょうか?

そこで今回の記事では所有者の名義が違う車を売却する方法について詳しく解説していきます。

1.所有者の名義が違う車を売却できるの?どんな書類や手続きが必要なの?

所有者の名義が異なる場合でも、車は売ることができます。

ただその場合には名義変更の手続きが必要となります。

名義が違ったままでは売ることができません

所有者の名義から売却者の名義に変えることで売却できるようになります。

 

名義変更の際には所有者に3つの書類を用意してもらう必要があります。

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑登録証明書

この3つの書類を車の所有者に用意してもらう必要になります。

 

さらに移したい名義人も3つまたは4つの書類を用意する必要があります。

  • 車庫証明書
  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • 委任状(本人が手続きを行う場合は不要)

これらの書類を持って、陸運局で手続きを行ってください。

 

細かい手続きの方法は陸運局に行って職員の方に聞くのが一番です。

丁寧に教えてくれるので、初めて名義変更を行う場合でも問題なく手続きを終えることができます。

 

とはいえ名義変更の手続きを自分でやるのは結構大変です。

仕事をしている人はなかなか時間がないと思います。

その場合には、車の買取店に代行してもらうことができます。

車買取業者の指示に従って書類を用意するだけでOKなので、多くの人が自分で手続きをするのではなく代行を依頼しています。

2.所有者の名義がディーラーやローン会社の場合の売却手続き方法とは?

所有者の名義がディーラーやローン会社の場合には、所有権解除と言って所有者の名義を自分に変更する必要があります。

所有権解除の手続きには少し時間がかかります。

場合によっては数週間かかることもあるので、早めにディーラーやローン会社に連絡をしたほうがいいです。

 

また所有権解除の手続きを行うには条件があります。

それはローンを完済していることです。

もしくは車の売却価格がローンの残りを上回っている必要があります。

つまり、車を売却した時点でローンが完済状態になることが求められます。

 

  • ローンが残っているのか?
  • 残っている場合はいくら残っているのか?

などは車を売る前に最低でもチェックしておきたいですね。

細かい手続き手順はローン会社やディーラーによって異なります。

多くの場合、ローン会社やディーラーから手続きに必要な書類が送られてくるので、それを返送すれば手続きが完了します。

 

ローンを完済するためにも車を高く売却することが大事です。

車を高く売るためにも複数の業者の査定額を比較してみてください。

業者によっては30万円以上の差が出ることも多いです。

こちらの一括査定サイトを使うことで高額買取が期待できます。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

3.所有者の名義が両親や友人の場合の売却手続き方法とは?

所有者の名義が両親や友人の場合にはさほど複雑な手続きはありません。

上でも紹介したように名義変更に必要な書類を用意して

  • 陸運局で自分で手続きを行う
  • 買取業者に手続きをお願いする

このどちらかの方法で車を売却することができます。

 

その手続きに必要な書類は車の売却に必要な書類と合わせて紹介します。

  • 納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 車検証
  • リサイクル券
  • 印鑑(売却する人のもの)
  • 身分証明書(売却する人のもの)
  • 印鑑証明書(所有者のもの)
  • 譲渡証明書(所有者の実印を押印)
  • 委任状(所有者の実印を押印)

両親や友人に譲渡証明書や委任状を書いてもらうときには、国土交通省が公開しているテンプレートや記入例を参考にしてください。

譲渡証明書のテンプレート
譲渡証明書の記入例
委任状のテンプレート
委任状の記入例

4.所有者が死亡した場合の売却手続き方法とは?

所有者が死亡した場合の売却手続き方法は少し複雑になっています。

所有者が死亡した場合、車は遺産扱いされます。

大まかな流れとしては、

  1. 遺産相続する
  2. 相続者に名義を変更する
  3. 車を売却する

という手続きの流れになります。

ちなみに相続者と売却する人が異なる場合には、その段階でも名義を変更する必要があります。

 

所有者が死亡した場合に必要な書類を紹介します。

  • 戸籍謄本(相続者全員の記載があるもの)
  • 故人(親)の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 印鑑証明書(相続者全員)
  • 車検証
  • 相続する方の住民票
  • 相続する方の車庫証明書

この時の注意点としては、遺産分割協議書には相続者全員の実印が必要になります。

そのため相続者全員の印鑑証明書が必要になるので、少し厄介だともいます。

遺産分割協議書ついては、国土交通省が公開している書式を使ってください。

遺産分割協議書のテンプレート

これらの書類を用意して、陸運局に持っていけば名義を変更することができます。

 

ちなみに買取店に代行をお願いする場合には、譲渡証明書と委任状は相続者全員分の実印が必要になります。

スムーズに手続きを終えるためにも、遺産分割協議書に実印を押してもらうときに一緒に押してもらえるように書類を用意しておきましょう。

譲渡証明書のテンプレート
譲渡証明書の記入例
委任状のテンプレート
委任状の記入例

まとめ

名義人が異なるどの場合でも普通に車を売却するよりも手続きは複雑になります。

初めて名義人が異なる車を売るときには、書類漏れなどが起こって二度手間になる可能性も高いです。

ひとまずどこの買取業者に売るのかを決めてから、買取業者に相談しつつ手続きを進めるのが一番スムーズに済みます。

また書類を用意するのにも時間がかかるので、早めに買取業者を見つけておきましょう。

>>最も高額買取が期待できる一括査定サイトはこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す