あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

買取で車売却したら新車の納車まで車はどうなる?代車はある?

車 売却 納車 代車

  • 車を売却したら新車の納車まで車が使えなくなるのか?
  • 車買取業者に車を売却したとき代車を無料で借りられるのか?
  • 車を売却した後代車を借りられる期間はどれくらい?
  • 車買取業者と売買契約を結んだらすぐに車を引き渡さなければいけないのか?
  • 車を下取りに出したら新車が納車されるまで無料で代車を借りられるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車売却時の代車について詳しく説明していきます?

1.買取業者に車を売ったら1週間以内に引き渡し

「車を売却してしまったら次の車の納車まで車がなくなる」ということってありますよね。

納車のタイミングで売却した車を引き渡せればいいのですが、そう都合よくタイミングが合わないことのほうがいいと思います。

 

中には、車の買い替えで「こちらにとって、都合のいいタイミングで車を引き渡せばいい」と思うかもしれません。

しかし、買取業者に車を売る場合は、契約後1週間以内に車を引き渡すのが基本です。

ディーラーの下取りと大きく違うのはこの点ですね。

ディーラーでの下取りであれば、納車まで今の車を乗り続けることができます。

この点に関しては下取りが有利ですが、それでも車買取業者のほうが10万円以上も高く買い取ってくれることが多いので、買取業者に売りたいですよね。

そのため車買取業者に車を売却する場合は、売却してから新しい車が納車されるまでの間車をどうするのかをあらかじめ考えておく必要があります。

2.車を売却後納車までに代車を借りることはできるの?

売却後の車がない期間の対策として最も有効なのが「代車を借りる」ことです。

代車を借りられれば、車がない期間も車を使うことができます。

 

ただ気を付けたいのはすべての車買取業者で代車サービスを行っているわけではないという点です。

大手の車買取業者では無料の代車サービスがあることが多いです。

しかし中小の車買取業者となると代車の数が少なく、利用できるか分かりません。

代車の数には限りがあるので、車を引き渡すタイミングになって代車を依頼すると借りられるかどうかわからないです。

事前に代車を借りることができるか聞いておくことをお勧めします。

 

また車買取業者だけでなく車を購入する先(ディーラー)で代車を借りるという方法もあります。

ディーラーでの代車サービスも無料で貸してくれることが多いです。

代車を借りる場合は買取業者とディーラーのどちらでも大丈夫です。

3.車を売却した後に代車を借りるときの注意点とは?

・納車日を明確にして代車を借りる期間を決めておく

基本的に代車サービスは無料で貸してくれることが多いです。

しかし、いつまでも無料で貸してくれるとは限りません。

新車の納車には1か月~2か月くらいかかることもありますが、それくらいの間であれば無料で貸してくれるところが多いです。

それ以上になると難色を示されたり、有料になる可能性があります。

代車を借りる際にはいつ次の車が納車されるのかをはっきりさせておきましょう。

そのうえで納車の期日まで無料で貸してもらえるのかを聞くようにしましょう。

・代車を依頼するタイミング

車の査定を依頼する段階で「次の車の納車まで期間が空くので、代車を無料で貸してもらえますか?」と確認するものありです。

しかし早い段階で代車の有無を聞くと代車代をこっそり査定額から引かれる可能性があります。

なので、代車を借りられるかどうかは、見積もりを取った後の契約書にサインする前に聞くのが一番いいです。

「次の車の納車日が○月〇日なので、それまで代車を無料で貸してもらえればすぐに契約します」という感じで交渉をすることで、査定額から代車代を引かれることはなくなります。

4.代車を借りることができない場合はどうすればいい?

他の人が代車を利用しており使えない場合や納車までの期間があまりに長いと代車を借りることができないこともあります。

その場合には主に2つの対処法があります。

・車の引き渡し時期を先延ばしにする

納車日を早めることは難しいので、車の引き渡し時期を先延ばしすることで対処することができます。

ただこの場合、査定額が下がる可能性があります。

中古車市場は日々変化しており、翌月には車の価値が下がっているということが多いです。

なので、何か月も先になるとそれを見越して査定額を安く提示されることが多いです。

どの程度引き渡し時期を先延ばしにするかによってマイナスの査定額の金額は変わってきます。

引き渡し時期を先延ばしにする場合には、どれくらい査定額に影響するかを確認しましょう。

・レンタカーを借りる

毎日車を使わない場合には、使うたびに借りるのがお得です。

ただ頻繁に車を使う場合には、マンスリー契約で借りるのがおすすめです。

車種やレンタル期間によって料金は変化しますが、最も安い軽自動車で3万円~(1か月)となっています。

レンタカーを借りるとなると意外とお金が取られることになるので、少しの間だけでも代車を借りることができないか買取店と交渉をしてみてください。

レンタカーを借りる期間が短くなればその分料金は安くなりますからね。

 

あまりにも新しい車の納車までの期間が長いとずっと無料で代車を借りるのは難しくなります。

ただ車を買い換えるにあたって、今の車がどれくらいで売れるのかを知っておきたいという気持ちはあると思います。

新しい車の頭金にも使えるので、今の車の査定額を大まかに知っておいて損はないと思います。

もし車を売却する予定があるのであれば、こちらの一括査定サイトでとりあえず相場だけでも調べておくことをお勧めします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す