あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車の売却時の流れとは?必要な手続きや準備は?かかる日数など

車売却をする前にどんな流れで手続きが進んでいくのか知っておいた方が、スムーズに買取業者とやり取りができます。

必要な準備をしておくことで、高額買取してもらうこともできます。

そこでこの記事では車売却時の流れについて説明していきます。

1.車を売却する前に準備するべきことは?

ご自身の愛車を売却すると決めたら、良さや価値をわかってくれる会社に買い取ってほしいと思いますよね。

そのために、なるべく早くから準備をする必要があります。

ポイントは、4点です。

高額買い取りの準備ポイントは、

①買い取り会社を調べる
②価値を調べる
③希望売却金額を決めておく
④掃除を行っておく

この4点です。

①買い取り店を調べる

大手の買取店だけでなく中小の買取店やディーラーなども調べておきましょう。

②一括見積で価値を調べる

一括見積の場合、電話番号などの個人情報が多くの会社につたわるので様々な会社から電話がかかってきます。

それが嫌な方は、ユーカーパックを使いましょう。

ユーカーパックならやり取りするのはユーカーパック1社のみ。

それでいて全国2000社の業者がオークション形式で値段をつけてくれるので高額買取も期待できます。

>>ユーカーパックに無料査定を依頼するならこちらから

③希望売却金額を決めておく

買取の際は、必ずと言っていいほど販売希望額を聞かれます。

いくらなら即決で販売できる金額なのか、最低販売金額はいくらなのかを決めておくことです。

担当者と話しているとドンドン値段を下げるよう下げるよう巧みな話術で話が流れていきます。

担当者任せにすると思っていたよりも安くなってしまうことがありますので自分主導で話をするように心がけましょう。

④最後にお掃除です。

買い取り担当者はきれいに保たれているかをチェックするため担当者に見てもらう前には必ず車内、車外共に不快を与えない程度に掃除をしておくことが買い取り額に反映されていきます。

 

いざ買い取り担当者にみてもらったときに、この準備をしているかいないかで愛車への思いの伝わり方が大きく変わってきますし、印象も変わってきますので余裕を持って売却のご準備をしてください。

 

もしローンが残っている場合は、所有権が自分にあるのかローン会社にあるのかで売却できるか否かが変わってくることがあります。

確認のためローン会社か購入店も連絡すると査定時にスムーズな査定をしてもらえます。

それでもわからない場合は、買い取り会社が調べてくれることもありますので、相談してみましょう。

もし、所有権が自分にない場合は、買い取り手続きが複雑になりますので、手続き方法も併せてしっかりと確認しておきましょう。

2.車を売却するときの流れ

準備が整ったら次のステップです。売却したい車を実際に査定してもらいましょう。

【査定の流れ】

  1. 買い取り会社を5社~10社程に絞ります。
  2. スケジュールの確認し、査定してほしいと思える買い取り会社との予定を決めます。
     ※この際、査定時に必要な書類を伝えられるので書き留めて置くこと
  3. 査定当日、査定してもらいます。
  4. 売却査定中に、買い取り会社の書類を記入して査定を待ちます。

 

査定後、ここからが勝負です!

買い取り会社担当者の腕の見せ所とも言えるでしょうか。

これから査定後の流れをご紹介します。

【査定結果を報告】

  1. 車の状況と(中古車の月別値段が掲載された本をもとに)現在の価値の説明があります。
  2. 買い取りからその後の流れを説明されます。
  3. (販売側)売却希望額の確認、(買い取り側)買い取り額の提示されます。
  4. 提示された買い取り額に対しての意見を求められます。
  5. 双方の値段のすり合わせをし、金額を決めていきます。

この時、納得いくまで話し合い、自分の素直な意見を伝えることが大切です。

大手買取店によっては即決を促されますので、ご注意ください。

 

また、多くの買い取り店に査定してもらいましょう。

買い取り会社担当者が先に販売側に売却希望額を聞くのは、その方を基準に交渉をするためです。

そのため、初めから安く伝えてしまうと値段をドンドン安くされてしまうので高額買い取りを希望するのであれば希望額よりも高めで伝えることが大切です。

また、査定時に必ずと言っていいほど買い取り会社から「他社さんで査定されましたか?査定金額はどうでしたか?」と聞かれます。

買い取り会社は、買い取りたい車種であればあるほど他社よりも高値を提示してきます。

なので、2軒目以降の査定は、それより前に査定し、提示された金額よりも高く伝えることが高額買い取りにつながる流れを生み出すポイントです。

複数の買い取り会社に査定してもらいましょう。

>>限界ぎりぎりまで高額買取してもらう秘訣はこちらの記事で紹介中

 

査定(値段交渉も含め)は、トータルでだいたい1時間半から2時間かかります。

交渉が長引く場合は、3時間かかることもあります。

査定時には、十分余裕を持って挑みましょう。

3.車を売却するときに必要な手続きは?

買い取り会社との提示金額にも納得のいく金額で折り合いがつき、愛車の売却へ決心がついたら、次は売却手続きです。

【手続きの流れ】

  1. 買い取り店の方と車の点検を一緒に行います。
  2. 契約内容と買い取り額の確認します。
  3. 異議がなければ値段や契約内容が記載された契約書に氏名、住所、電話番号、振り込み口座などを記入をします。
  4. 最後に印鑑を押し、契約となります。

 

買い取り店によっては、買い取り後に車に目では確認できないゆがみや修理歴がないかを検査する会社もあります。

買い取り後の検査でゆがみや修理が見つかった場合は、査定時に決めた買い取り額が覆ることがあります。

ゆがみや修理された場所、箇所によってはかなりの減額になりますので、検査があるかを売却前に確認することをオススメします。

 

ここまでが、業務的な作業です。

業務的な作業が終了後、いつ渡すのか、納車後にいつ売却代を振り込んでもらえるのかを一つずつ決めながら確認していきます。

買い取り会社からすればなるべく早く納めてほしいと思っています。

なぜなら契約後に事故などで凹みやゆがみが生じ、査定では見受けられなかった傷などがつかないようリスクを減らしたいと考えているからです。

 

契約を決める前に人によって、住んでいる場所によって、確かめておかないとならないことがあります。

それは、地方の場合、交通手段が整っていない場所がありますので販売後どのように帰宅するのかまで考えておく必要があります。

販売会社が繁忙期でなければ、会社にもよりますが交通機関が発達している場所や希望の場所まで送ってくれる場合もあります。

契約前にしっかりと考えて、契約時に担当者の方に相談することをオススメします。

 

買い取りを焦っていなければ、時期を選び繁忙期を避けるのもオススメです。

最大の繁忙期は3月とされ、高額買い取りの狙い目は、2月、7月、11月です。

繁忙期前が高値で買い取りされるシーズンですので、余裕があれば時期を選ぶと良いでしょう。

4.車を売却する日数や期間はどれくらい?

売却契約も終わり、納車までの日数や期間はどれくらいなのかが気になるところですよね。

契約が終わったのであれば即日に納車することもできます。

しかし車を買い替える場合新しい車がまだ届いていないケースなどもあるかと思います。

その場合はあなたの都合に合わせて納車することになります。

 

ただ多くの買取店は早期納車を希望します。

売却の期間について販売側と買い取り店側の<メリット>と<デメリット>にわけて書いていこうと思います。

<早期(一週間以内)受け渡しの場合>

・販売側のメリット
→事故などを起こすリスク軽減される、契約時の金額で受け渡しができる

・販売側のデメリット
→一週間以内に今まで使用していた車に代わる移動手段を探す必要がある

・買い取り店のメリット
→事故を起こされるリスクが軽減される、契約時の状態で納車をしてもらえる、契約解除などのリスク軽減

・買い取り店のデメリット
→なし

<一週間以降の受け渡しの場合>

・販売側のメリット
→今まで通りの移動手段、大きい荷物などがあるときに重宝

・販売側のデメリット
→傷や事故などで買い取り額の減額もしくは買い取りが難しくなる場合もある

・買い取り店のメリット
→なし

・買い取り店のデメリット
→事故や傷で契約時の値段が下がる、買い取りが難しくなる、買い取りできる必要台数が確保できなくなる

 

こう見ると早期受け渡しの方が、販売者、買い取り会社共にメリットが高いことがわかります。

しかしながら、販売者にも予定があると思いますのでいつまでに受け渡しが可能なのかを担当者に伝える必要があります。

そのため、スケジュール帳やスケジュールがわかるものを準備しておくと良いでしょう。

 

また、受け渡しの際にも簡単な説明などがある場合がありますので、受け渡し後に予定を入れるならば余裕のあるスケジュール調整をしてください。

買い取り店は、契約時の状況で受け取りたいと考えているので早ければ早いほど喜ばれます。

また、早期の受け渡しの方が、販売者にとってもリスクは引くため早期での受け渡しをオススメします。

どうしても早期に受け渡しができない場合は、代車を用意していただける場合があります。

5.車を売却した後に代車を借りることはできる?

売却後は代車を借りれるかどうか、車移動が生活の一部となっている方は気になるところだと思います。

販売側としても契約後のリスク軽減のために代車の使用を希望する方が多く、また買い取り会社側としてもリスク軽減のために代車を用意してくれる会社が多いです。

しかしながら、買い取り会社によっては代車に数が決めっていて準備してもらえない場合があります。

どうしても用意してもらいたい場合は、査定予約時や査定時に確認してもらいましょう。

 

利用する場合は、

  1. いつから使用できるのか
  2. 返却時のガソリンは満タンで返却する必要があるのか
  3. 保険に加入しているのか
  4. もし事故を起こしたらどうしたらいいのか
     →まずどこに連絡をするのか、誰あてに連絡するのか

などを確認しておくことが大事です。

 

今まで大切にしてきた愛車を手放すと考えるとあれもこれもしなければいけないのかな、安く査定されるのではとなにかと不安になります。

しかし査定前に準備をして、自分の希望額や受け渡し日などを整理し、交渉に挑めば怖いことなんてありません。

 

買い取り会社によっては、ただ査定をするだけではなく、愛車をなぜ手放さないといけないのかをじっくりと時間をかけてヒアリングし、できる限り希望に沿った金額を提示てくれる会社も存在します。

担当者によっては、ゴリゴリの営業マンで即決を促されることもありますので、納得いかないときは勇気を持って断りましょう。

担当者も人間ですのでみんながみんな相性が合うわけではありません。

この人になら自分の愛車を任せてもいいと思いえる担当者の方にわからないや心配なこと、不安なことをドンドン質問しましょう。

 

時間をかけ、しっかり対応してくれるかが信頼できる方なのかを見極めるポイントです。

また、売却後の取り扱いなどどのように扱ってくれるのかを聞いてみるのも良いでしょう。

思い入れのある売却になりますので契約時や受け渡し時も安心できる方にお願いすることで後悔のように納得いくまで時間をかけて売却を決めてください。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す