あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却時に戻ってくるお金があるって本当?手続き方法は?

車を売却することでお金を手に入れることができますが、売却したお金以外にも戻ってくるお金があるって知っていましたか?

そのお金について知っておかないと損をすることもあります。

そこでこの記事では車売却時に戻ってくるお金について詳しく説明していきます。

1.車売却時の戻ってくるお金その1:自動車税

自動車税は年間まとめて支払います。

すると当然余分に支払っているお金が発生します。

そのお金に関しては還付されることになっています。

見経過分の自動車税は払い戻しされるというわけです。

またこれは自動車重量税も同様に払い戻しされます。

ただ還付金として口座に振り込まれるというわけではなく、査定額に含まれることが多いです。

還付される分だけ査定額がアップしているので、特に手続きをしなくても自動車税の還付金を受け取ることができます。

2.車売却時の戻ってくるお金その2:自賠責保険料

自賠責保険料もまとめて支払うので、売却した時点で余分に払っているお金が発生します。

その見経過分の自賠責保険料に関しても還付されるようになっています。

これもまた査定額がアップするという形でお金が戻ってきます。

特に何か手続きをする必要はありません。

3.車売却時の戻ってくるお金その3:任意保険

任意保険を1年分をまとめて支払っている場合、任意保険を解約することで見経過分の任意保険料を受け取ることができます。

月払いの場合は、当たり前ですがお金は戻ってきません。

 

ただ多くの場合は任意保険を解約するのではなく、次の車に引き継ぐことが多いと思います。

保険料が変わらない場合はそのまま保険料が引き継がれます。

車種が変わって保険料が下がった場合には、差額が返金されます。

しかし保険料が上がった場合には、差額を支払わなければいけません。

 

任意保険は自動で還付されるわけではなく、保険会社もしくは代理店に連絡をして手続きを行ってください。

車売却時の任意保険の手続き方法は?」この記事で詳しく解説しています。

4.車売却時の戻ってくるお金その4:リサイクル預託金

リサイクル預託金とは、車をリサイクルするときに必要なお金となっています。

車を廃車にするときにかかるお金なわけですが、車を売却したときには廃車にしません。

基本的にリサイクル預託金は車の購入時か車検時に支払っているので、廃車にしない場合にはリサイクル預託金が戻ってくることになっています。

このお金も別途支払われるのではなく、査定額に含まれることが多いです。

リサイクル預託金が含まれているかどうか気になる場合には、査定額が提示されたときに聞いてみてください。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す