あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却時に住民票が必要な時とは?住所変更していないときに必要?

車を売却するときには様々な書類が必要になります。

書類の一つである住民票は必ず必要な書類というわけではありません。

それではどんな時に住民票を用意しなければいけないのか?

そこでこの記事では車売却時に住民票が必要となるケースについて詳しく説明していきます。

1.車売却時に住民票が必要になる場合とは?

車売却をするとき基本的には住民票は必要ありません。

それではどんな時に住民票が必要になるのでしょうか?

それは「車検に書かれた住所と現在住所が異なる」場合に必要になります。

例えば、車を購入してから引越しをして住所を移したという場合に必要となります。

車検証の住所を変更したのであれば必要ないのですが、住所変更をしていない場合には必要になります。

 

車を売るときにはその車の所有者であることを証明しなければいけません。

第三者が勝手に売ることができても困るので。

その時に車検証に記載された名前や住所と一致する必要があります。

しかし引越しをして住所が変わっている場合、本人であることを証明するために前の住所が書かれた住民票が必要になるのです。

そうすることでその車の所有者であることを証明することができるのです。

2.住民票ではなく戸籍の附票や住民票の除票が必要になる場合も

車検証に書かれた住所から1回引っ越した場合であれば、住民票で大丈夫です。

しかし2回以上引っ越した場合には「戸籍の附票」もしくは「住民票の除票」が必要になります。

 

住民票には前の住所までしか載っていないので、2つ前の住所を確認するには住民票の除票や戸籍の附票が必要になります。

住民票の除票というのは、前の住所から転出したということが書かれている書類です。

現在の住民票+住民票の除票で2つ前の住所と一致させることができます。

ただ住民票の除票を取得するのは以前の住所の役場に行かなければいけないので、少し手間がかかります。

 

それよりも戸籍の附票のほうが近くの役場で手続きができるので取得は楽です。

戸籍の附票には今までの住所の移動すべてが記載されているので、これ1枚あれば住所変更の流れが分かるようになっています。

なので、2回以上引越しをしている場合には戸籍の附票を取得しましょう。

3.住民票に本籍地が記載されている必要はあるのか?

車を売却するときには住民票に本籍地が記載されている必要はありません。

車検証に記載された住所と一致させることが目的なので本籍地の情報はどちらでもいいのです。

もちろん本籍地が書かれている住民票も使うことができます。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す