あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却時に譲渡証明書の書類は必ず必要?必要なケースとは?

車を売却するときにはいろいろな書類が必要となります。

書類の一つに譲渡証明書がありますが

  • 必ず必要な書類なのか?
  • どうやって譲渡証明書を発行すればいいのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車売却時の譲渡証明書について詳しく説明していきます。

1.車売却時に譲渡証明書は必ず必要な書類なのか?

譲渡証明書とは車を譲渡するときに車の所有権が移行したことを示す証明書となっています。

車を売却するということは、車を譲渡することでもあるので、譲渡証明書が必要になります。

ただ必ず必要な書類というわけではありません。

  • 普通自動車を売却するとき譲渡証明書は必要
  • 軽自動車を売却するとき譲渡証明書は不要

となっています。

 

また譲渡証明書は基本的には車買取店の方で用意してくれる書類です。

契約を結ぶときに一緒に書いてしまうことが多いです。

そのためこちらでわざわざ書類を用意しなくても、売却の手続きを終えることができます。

少しでも車を高く売りたいなら多くの人が高額買取してもらっている一括査定サイトを使って車を売却しませんか?

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

2.車売却時に譲渡証明書を用意しなければいけないケースも

基本的には車買取店の方で譲渡証明書を用意してくれます。

ただ場合によっては事前に譲渡証明書を用意しておく必要があります。

その場合とは「車検証に登録されている所有者名義」と「車を売却する人の名前」が異なる場合です。

車検証に登録されている所有者名義の人が譲渡を認める必要があります。

他人が勝手に車を売却することができないので、名義人に書類を用意してもらう必要があります。

・車検証の名義が親や友人の場合

車を購入したのが親や友人の場合だと、親や友人が所有者名義になっていることが多いです。

その場合には親や友人など所有者に以下の書類を用意してもらってください。

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書

この3つをそろえることで車の売却手続きを行うことができます。

譲渡証明書と委任状については、国土交通省が公開している書式や記入例を参考にするといいですよ。

譲渡証明書のテンプレート
譲渡証明書の記入例
委任状のテンプレート
委任状の記入例

・車検証の名義がディーラーやローン会社の場合

自動車ローンを組んで車を購入した場合、車の所有者名義はディーラーやローン会社になっていることが多いです。

完済した場合も特に手続きを行わない場合は、そのままになっています。

この場合にはディーラーやローン会社に連絡をしてください。

そうすることで譲渡証明書を郵送してもらえます。

ただこの手続きには少し時間がかかることもあるので、早めに連絡しておいた方がいいです。

 

ちなみにローンを完済していない場合は、基本的には車を売却することができません。

ローンを完済することで車を売却できるようになります。

ただ車の売却価格がローン残高を上回ることができれば、売却することができます。

なので車の査定額がローンの残高を上回るかチェックしたうえで手続きを行いましょう。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す