あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却時の任意保険の手続き方法は?中断と解約どっちがいい?

車 売却 任意保険

  • 車を売却するとき任意保険はどのような手続きをすればいいのか?
  • 車を売却するときには任意保険を必ず解約しなければいけないのか?
  • 車を売却したら任意保険の等級はどうなるのか?
  • 車を売却するときに任意保険を解約したら還付金を返してもらえる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では車売却時の任意保険の手続き方法について詳しく解説します。

1.車売却時の任意保険の手続き方法は?

自動車税などであれば、車の買取業者が手続きを行ってくれることが多いので問題はありません。

しかし任意保険となると、あくまで任意のものになるので、自分で手続きを行う必要があります。

車を売却するとき、多くの人は次の車に乗り換えるタイミングで車を売ると思います。

その場合は、任意保険の名義は変わらずに車両情報だけを変える手続きになります。

 

その手続きの流れとしては

  1. 買い替える車の納車日を決める
  2. 新しい車検証を用意する
  3. 保険会社か代理店に、車を買い替えることを伝える

という流れになっています。

次に乗る車が決まってから、任意保険の手続きをすることになりますね。

車が実際に納車される前でも変更手続きの予約という形で進められるので、納車日が決まり車検証を用意できた時点で連絡するといいでしょう。

2.車の乗り換えたら保険料が変わる?下がったときは返金されるの?

車を乗り換える場合、同じような車を買うのであれば保険料は特に変更はありません。

しかし、違うタイプの車に乗り換える場合は保険料が変わることがあります。

 

保険料は「車両料率クラス」によって保険料が決まっています。

簡単に言うと、車種によって保険料が違うわけです。

 

新しい車のほうが保険料が高くなる場合には、毎月の保険料が上がります。

1年分まとめて支払っている場合には差額を支払う必要があります。

逆に新しい方が保険料が安くなる場合には、毎月の保険料は下がります。

1年分まとめて支払っている場合には差額は返金されるので安心してください。

 

乗り換えるタイミングは保険をみなしたほうがいい時期なので、一度他の保険会社の保険料と比較することをお勧めします。

>>とりあえず無料で自動車保険料がいくら安くなるか調べてみる

3.車を売却したら任意保険の等級はどうなるのか?

車を乗り換える場合であれば任意保険の等級は引き継ぐことができます。

新しい車に変えた場合でも、保険会社を変えた場合でも、等級は引き継ぐことができます。

今までに上がった等級無駄になることはないので安心してください。

 

ただ満期日の翌日から7日以内に手続きをしないと等級がやり直しになってしまいます。

保険の満期日と車の買い替えのタイミングが重なる場合には注意しましょう。

 

ちなみに等級が下がって割増しになった等級を元に戻すことができないので注意が必要です。

仮に保険を解約しても、13か月間は割増し等級の履歴が残ってしまいます。

他社に乗り換えるときに嘘の申告をすると正しい見積もりが取れないので注意しましょう。

4.車を乗り換えない場合は任意保険は解約でなく中断手続きしよう

車を乗り換える場合と売却して終わりの場合では、任意保険のベストな手続き方法は変わってきます。

間違った手続きをすることで損することもあるので注意しましょう。

 

車を乗り換えない場合には任意保険の手続き方法が変わってきます。

  • 車を売却して10年以上乗らない場合は「解約手続き」
  • 車を売却して10年以内に乗る可能性がある場合は「中断手続き」

を行うようにしましょう。

 

解約手続きを行うと等級を引き継ぐことができません。

上がった等級を引き継ぎたいのであれば、中断手続きを行う必要があります。

中断手続きを行うことで、最大10年間は等級を維持することができます。

 

例えば、5年間車に乗らない場合には、任意保険を解約すると思います。

その時、等級が10等級の場合、解約してしまうと、再度任意保険の契約を結ぶときには6等級からになります。

しかし中断手続きを行っていれば、5年間任意保険の契約を結んでいなくても再び10等級で契約することができます。

 

高い等級が維持できることで保険料を安くすることができるので、将来的に再び車に乗る可能性がある場合には、中断手続きをすることをお勧めします。

5.任意保険の中断手続きに必要な書類や手続き方法は?

中断手続きを行うためには、3つの条件があります。

  1. 保険の等級が7等級以上
  2. 中断日より前に乗れないようにしておく(車の売却や譲渡、廃車などを済ませておく)
  3. 保険解約か満期日から13か月以内に請求する

この3つの条件を満たす必要があります。

 

条件を満たすことができたら、以下の書類を用意しましょう。

  • 中断証明書発行依頼書
  • 中断前の保険証券の写し
  • 売買契約書や廃車の証明書

 

中断証明書発行依頼書は保険会社か代理店に連絡をすれば送ってもらえます。

3番の証明書は、車を手放したことや乗れない状態にあることを示すことができる書類であればなんでもOKです。

譲渡した場合には、譲渡前後の自動車車検証を用意するといいでしょう。

 

必要な書類を保険会社や代理店に送れば手続きは完了し、その後中断証明書が送られてきます。

保険を再開する際には、中断証明書が必要になるのでなくさないように保管しましょう。

6.車を売却するときに任意保険を解約・中断したら還付金は戻ってくる?

車を売却して任意保険を解約したり中断手続きをしたりした場合には、還付金は戻ってきます。

また車を買い換えたタイミングで新しい保険会社に切り替える場合も、昔の保険を解約すれば還付金が戻ってきます。

任意保険料は年払いでまとめて払っていることも多いですが、未経過分の月の保険料に関しては還付金で戻ってきます。

これは解約手続き・中断手続きをするときに、保険会社から還付金を返金するために銀行口座などを聞かれるので、一緒の手続きで還付金を返してもらうことができます。

 

乗り換えるタイミングは保険をみなしたほうがいい時期なので、一度他の保険会社の保険料と比較することをお勧めします。

>>とりあえず無料で自動車保険料がいくら安くなるか調べてみる

70%以上の人が車の高額買取に成功している方法を大公開!

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却
自動車保険 安い
中古車 値引き
新車 値引き

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す