あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

累計利用者数150万人以上!最も高額買取が期待できる一括査定サイト

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?


↑3分で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

車売却の必要書類まとめ!紛失した場合の再発行の仕方など

車を売却するときにはいくつかの必要書類があります。

車買取業者に売却することが決まってから用意するのもありですが、その前に事前に必要書類を用意しておいた方がスムーズに売買契約を結ぶことができます。

  • あの書類はどこにしまっているのか?
  • 紛失してしまった場合の再発行の仕方は?
  • 一般的な必要書類以外にも書類が必要になるときとは?

などいろいろ気になることがあるかと思います。

そこでこの記事では車売却時の必要書類について詳しく説明していきます。

1.普通自動車の売却時の必要書類とは?

車を売却するときには普通自動車と軽自動車で必要書類が変わってきます。

まずは普通自動車の売却の必要書類を紹介します。

どこにしまったのか分からない人のために多くの人が保管している場所も一緒に紹介していきます。

普通自動車の売却に必要な書類

  • 自動車検査証・・・ダッシュボード
  • 自賠責保険証明書・・・ダッシュボード
  • 自動車納税証明書・・・ダッシュボード
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2 通)・・・市町村役場で発行
  • 実印・・・自宅の保管所
  • リサイクル券・・・ダッシュボード
  • 振り込み口座(メモなど)

普通自動車の売却手続きにはこのほかにも「譲渡証明書」と「委任状」が必要となります。

ただこの2つの書類は車買取店の方で書類を用意してくれて、店舗にて作成することが多いです。

「譲渡証明書」と「委任状」の書類の作成に実印が必要となります。

2.軽自動車の売却時の必要書類とは?

次は軽自動車の売却の必要書類を紹介します。

どこにしまったのか分からない人のために多くの人が保管している場所も一緒に紹介していきます。

軽自動車の売却に必要な書類

  • 自動車検査証・・・ダッシュボード
  • 自賠責保険証明書・・・ダッシュボード
  • 軽自動車納税証明書・・・ダッシュボード
  • 印鑑(認印可)・・・自宅の保管所
  • リサイクル券・・・ダッシュボード
  • 振り込み口座(メモなど)

軽自動車の売却手続きにはこのほかにも「自動車検査証記入申請書」が必要になります。

ただこの書類は車買取店の方で書類を用意してくれて、店舗にて作成することが多いです。

「自動車検査証記入申請書」の書類の作成は印鑑が必要となります。

 

少しでも車を高く売りたいなら、一括査定サイトを使って複数の業者の査定額を比較することをお勧めします。

こちらの一括査定サイトを使うことで多くの人が車を高く売却することに成功しています。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

3.車売却時に必要書類が増える場合とは?

・車検証の名義と違う人が車を売却する場合

  • 委任状(車検証の名義の人の実印が押してある必要あり)
  • 譲渡証明書(車検証の名義の人の実印が押してある必要あり)
  • 印鑑登録証明書

例えば親や友人名義の車を売却したいという場合には必要書類が少し変わってきます。

あくまで車を売却することができるのは、その車の所有者のみとなっています。

そのため車の「所有者」の委任状・譲渡証明書・印鑑登録証明書が必要となります。

「委任状」「譲渡証明書」は本来車買取店の方で用意してくれる書類なのですが、名義人が売却契約の場に立ち会うことができない場合はこちらで用意する必要があります。

 

譲渡証明書と委任状については、国土交通省が公開している書式や記入例を参考にするといいですよ。

よくわからない場合には実印だけ押してあればなんとかなります。

譲渡証明書のテンプレート
譲渡証明書の記入例
委任状のテンプレート
委任状の記入例

・引越しなどをして車検証の住所が異なる場合

  • 住民票・・・引越しの回数が1回
  • 戸籍の附票・・・引越しの回数が2回以上

車検証の住所の欄を見て現住所と異なる場合には「住民票」または「戸籍の附票」が必要となります。

車検証の所有者の本人確認のために住所が一致しているかどうかをチェックします。

本人であることを証明するために住民票や戸籍の附票が必要となります。

住民票や戸籍の附票は市町村役場で発行してもらうことができます。

・結婚・離婚などをして名字が変わった場合

  • 戸籍謄本

車検証の所有者の名義が旧姓のまま場合、そのままでは車を売ることができません。

所有者であることを証明するために「戸籍謄本」が必要となります。

戸籍謄本は市町村役場で発行してもらうことができます。

4.車売却時の必要書類を紛失した!どこで再発行すればいいの?

・自動車検査証を紛失した場合の再発行方法とは?

車検証の再発行はナンバーの管轄する運輸支局で行うことができます。

例えば、世田谷ナンバーがついていれば東京運輸支局(世田谷ナンバー管轄)で手続きを行う必要があります。

手続きの費用は再交付申請手数料300円がかかります。

再発行をするときには以下の書類が必要になります。

  • 申請者の身分証明書
  • 印鑑

全国の運輸支局を探すならこちら

・自賠責保険証明書を紛失した場合の再発行方法とは?

自賠責保険証明書をなくした場合には「加入している保険会社」または「代理店」に連絡をする必要があります。

ただ注意点としては任意保険と自賠責保険の保険会社が異なる場合もあります。

自賠責保険の保険会社が分からない場合には車の購入店に連絡すれば教えてもらえます。

購入店が潰れていたり連絡がつかない場合には、保険会社に一つ一つ聞いていくしかありません。

車検証を片手に以下の保険会社に連絡することをお勧めします。

主な自賠責保険の加入先

  • 三井住友海上
  • 東京海上日動
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 共栄火災海上
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 日新火災海上
  • 大同火災保険
  • 朝日火災海上
  • 富士火災海上

・自動車納税証明書(軽自動車納税証明書)を紛失した場合の再発行方法とは?

自動車納税証明書は受領印を押された紙きれは小さいのでなくしてしまう人もいます。

またクレジットカード払いの時には受領印が押された自動車納税証明書を発行してもらうことができません。

その場合には再発行の手続きを行う必要があります。

 

再発行の手続きは「都道府県税事務所」「管轄の運輸支局」で行うことができます。

基本的に無料で再発行をしてもらえます。

手続きを行うときには以下の書類が必要となります。

  • 車検証
  • 身分証明書
  • 印鑑

車検証だけで再発行ができる場合もありますが、身分証明書や印鑑が必要な場合もあるので事前に用意しておくことをお勧めします。

郵送で手に入れる方法については「車売却時に納税証明書をなくした場合の再発行方法について」で解説しています。

・リサイクル券を紛失した場合の再発行方法とは?

リサイクル券は再発行をすることができません。

しかしその代わりに自動車リサイクルシステムから「リサイクル料金の預託状況」が表示されているページを印刷すればリサイクル券の代わりになります。

利用時間は「7:00~24:00」となっていて利用料金は無料です。

車検証を手元に用意しておくとスムーズに入力ができます。

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ズバット車買取比較」を使うことをお勧めします。

「ズバット車買取比較」を使うだけで、あなたの車も簡単に高く売ることができます。

1.今の車の売却相場だけでなく半年先の相場まで分かる
2.ガリバー・アップル・ビッグモーター・カーチス・カーセブンなどの大手企業も多数参加!
3.大手だけでなく地域密着型の車買取業者も豊富!
4.申し込みが3分もかからず終わるので、余計な手間がかからない
5.150万人以上が利用して車を高く売っている!

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

使っても、査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す