あなたの車が相場より30万円以上高く売却できるかも?

営業電話1本・査定1回なのに最大2000社の査定額を比較できる車一括査定サービス

とりあえず車を買い替える前にあなたの車の相場だけでも調べてみませんか?

↑30秒で入力完了!すぐに相場が分かる無料の一括査定サイト↑

バッテリー切れで動かない車を売却できる?査定額への影響は?

バッテリー切れで動かない状態の車を売却したいことってありますよね。

長らく乗らずに放置していた車なんかはバッテリーが上がってしまい動かない状態になっていることも多いです。

そんなバッテリー切れの車は売却できるのでしょうか?

また仮に売却できた場合バッテリーは査定額にどれくらい影響するのでしょうか?

そこでこの記事では車売却時におけるバッテリーについて詳しく説明していきます。

1.バッテリー切れで動かない車を売却することはできる?

バッテリー切れで動かない車でも売却することはできます。

 

「車が動かないのに車買取業者まで持っていくにはどうすればいいの?」

と思うかもしれませんが、車買取業者の多くは無料で出張査定をやってくれます。

出張査定を依頼することでたとえ車が動かなくても査定してもらうことができます。

 

また車の売却契約を結んだあとは、レッカー車などで車を運んでもらうこともできます。

これも買取業者によってはレッカー代無料でやってくれるところもあります。

このようにバッテリー切れで動かない車でも問題なく車を売却することができます。

 

自宅に長い間放置していて動かない車がある場合は一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

2.車売却時におけるバッテリーの査定額への影響は?

バッテリー切れの車の場合、査定額への影響はどれくらいあるのか気になりますよね。

JAAI(日本自動車査定協会)における査定基準によると

「バッテリーの交換が必要な場合は20点減点」

となっています。

1点=1000円なので、2万円ほどの減額となります。

 

ただあくまで減点されるのは、バッテリーの「交換」が必要な場合だけです。

例えば、ライトの消し忘れなどでバッテリーが上がってしまった場合など、バッテリーそのものは交換しなくてもいい場合がありますよね。

ジャンピングやジャンピングスターターでエンジンを付けてしばらく充電すればまた使えるようになる場合には減点はされません。

バッテリーの劣化によって使えなくなった場合は交換しなければいけないので、減点となります。

 

ただ車を売却するときにバッテリー切れで困るのは長期間乗っていない車だと思います。

その場合は完全にバッテリーがダメになっているので減点は覚悟しておいた方がいいですよ。

3.バッテリー切れの車は売却する前にバッテリーは交換したほうがいい?

バッテリーの交換が必要な場合には、20点の減点がされてしまいます。

それなら新しいバッテリーに交換してから、車を売却したほうがいいのではないかと思うかもしれません。

 

仮に新品のバッテリーに交換した場合、交換費用はいったいどれくらいになるのでしょうか?

バッテリーの交換費用は工賃込みで2~3万円程度です。

もちろんこれは車種やどんなバッテリーにするかによって変わります。

 

安いバッテリーを使えば1万円以内で交換できるかもしれませんが、車に合わないバッテリーをつけると故障の原因にもなります。

結局査定の時に交換が必要だと判断されて減点される可能性もあります。

純正品のバッテリーとなると、やはり2~3万円はかかってしまいます。

車査定時の減点とほとんど変わらないか少し高いくらいです。

なので、バッテリーの交換の手間を考えるとわざわざバッテリーを交換する必要はありません。

4.バッテリー切れの車を売却するときの注意点

バッテリー切れの車を売却するときには、バッテリー切れで車が動かないことをあらかじめ申告しておいた方がいいです。

そうすると本当にバッテリー切れで動かないかをチェックしてくれます。

査定の時に本当にバッテリー切れで動かないかどうかをはっきりさせておいた方がいいんです。

 

バッテリー以外の部分が故障している場合は、減点が大きくなります。

でもそれに気付かずに査定額を提示されたときには本来の査定額よりも高い金額が提示されます。

「高い金額が提示される可能性があるなら隠しておいた方がいいのでは?」

と思うかもしれませんが、車買取業者は車を引き取った後に点検やメンテナンスをします。

その時に査定時には分からなかった故障が見つかった場合には、減点をされたり契約破棄されたりします。

そうなると予想以上の減額があり、他の業者に売ったほうがお得だったなんてケースもあるかもしれません。

 

このように余計なトラブルに発展する原因にもなるので、査定時に何が原因で動かないかをはっきりさせておいた方がいいんです。

なので長期間乗っていない車を売却するときには、バッテリー切れ動かないということをあらかじめ車買取業者に伝えておいた方がいいですよ。

 

余計なトラブルなく車を高く売りたいなら複数の業者の査定額を比較してから売ることをお勧めします。

30万円以上の差が出ることも珍しくありません。

車の売却を検討しているならぜひこちらの一括査定サイトを使うことをお勧めします。

>>とりあえず高額買取が期待できる無料の一括査定サイトを使うならこちら

多くの人が車を10万円以上高く売却している方法とは?

車の買い替え予定があって少しでも高く車を売りたいのであれば「ユーカーパック」を使うことをお勧めします。

「ユーカーパック」は新しいタイプの一括査定サイトでこんな特徴があります。

1.車の売却相場が分かる
2.電話はユーカーパックのみでしつこい営業電話が来ない
3.査定は1度だけなので、余計な手間がかからない
4.全国最大2,000社のオークション形式で高く売れる

「簡単に20万円も高く売れたので、使って正解でした!」という声が続出です。

査定額に満足できなければ売却しないのもありです。

入力作業は3分程度で終わるので、とりあえず車がいくらで売れるのか調べてみませんか?

>>とりあえず無料の一括査定サイトを使うならこちら

ユーカーパック

多くの人がこのコンテンツを読んでいます。

車 売却 相場

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す